ニュース
» 2013年09月05日 10時00分 UPDATE

ホームシアター派に:ソニー、4Kブラビアにスリムな「X8500Aシリーズ」を追加

ソニーは、“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、4Kパネルを搭載する「X8500Aシリーズ」2機種を発表した。「X9200Aシリーズ」と基本性能は共通ながら、左右に大きく張り出した特徴的なスピーカーを省いている。

[ITmedia]

 ソニーは9月5日、液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の新製品として、4K解像度(3840×2160ピクセル)の液晶パネルを搭載する「X8500Aシリーズ」2機種を発表した。実売想定価格は、65V型「KD-65X8500A」が67万円前後、55V型「KD-55X8500A」は42万円前後。どちらも10月19日に発売する。

ts_kd8500a01.jpgts_kd8500a02.jpg 55V型の「KD-55X8500A」(左)と、65V型「KD-65X8500A」(右)

 春に登場した「X9200Aシリーズ」と基本性能は共通ながら、左右に大きく張り出した特徴的なスピーカーを省き、横幅を65V型で147.8センチ、55V型で125.9センチに抑えたモデル。「横幅が気になる」あるいは「ホームシアターシステムを持っているからスピーカーはいらない」といった声を反映したという。

ts_kd8500a03.jpgts_kd8500a04.jpgts_kd8500a05.jpg 壁掛け設置(左)。サウンドバーとの組み合わせ(中)。横からみたところ(右)

 代わりのスピーカーは、画面下部に設置。背面のアシストウーファーと合わせ、2.1chの2Wayバスレフ仕様とした。これに伴い、X9200Aシリーズの「オプティコントラストパネル」は「クリアブラックパネル」に変更し、アルミ製の狭額フレームに収めた。そのほか、3D表示がパッシブ方式(X9200Aシリーズ)からアクティブシャッター方式に変更されている。

 「サウンドバーやホームシアターシステムとの組み合わせに適したバリエーションモデル。ユーザーのスタイルに合わせて“選べる4K”をそろえた」(ソニー)。

 一方、色域を拡張したバックライト技術“Triluminous display”(トリルミナスディスプレイ)や映像エンジン「4K X-Reality PRO」、内蔵無線LANをはじめとする各種ネットワークサービス対応などの機能面はX9200Aシリーズと共通だ。チューナーは、地上デジタル放送×2、BS/CS110度デジタル放送×2で、USB外付けHDDを追加すれば裏番組録画が可能になる。HDMI入力は4系統(うち側面に1)を用意した。

iconicon

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.