ニュース
» 2013年10月15日 16時57分 UPDATE

赤くなりました:izo、月産10台限定のプレミアムヘッドフォンアンプ「iHA-32-z」を発売

izoは、同社のヘッドフォンアンプ「iHA-32」にチューニングを施したプレミアムバージョン「iHA-32-z」を発売する。

[ITmedia]

 izoは10月15日、同社のヘッドフォンアンプ「iHA-32」にチューニングを施したプレミアムバージョン「iHA-32-z」を発表した。直販価格は18万9800円で、10月18日に発売する。

ts_izo01.jpg 「iHA-32-z」。外増はつや消しレッド

 昨年12月に発売したフルバランス駆動アナログ専用ヘッドフォンアンプ「iHA-32-2013」をブラッシュアップした“z”バージョン。数々の高品質コンデンサーやハイエンド・オペアンプなどのマッチングを行い、増幅段の電解コンデンサーをELNA RBD無極性オーディオグレード品に交換するなどの変更を加えた。また付属の電源は全ての電解コンデンサーをパナソニック製のオーディオグレード品へアップグレードしたカスタマイズ版。外装もiHA-32-2013のブラックからつや消しレッドに変更している。

ts_izo02.jpg 背面端子

 入力はRCAが2系統とXLRが1系統。出力端子は、ヘッドフォン用のXLR/TRSコンボ端子2系統とXLR1系統、およびRCA1系統となっている。バランス出力時の出力は675ミリワット+675ミリワット(32オーム負荷時)。

 なお、「iHA-32-z」はすべて約50時間にわたるテストとエージングを経た後に出荷するため、月産10台限定になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう