ニュース
» 2013年11月20日 23時00分 UPDATE

アイ・オーの「RECBOX +REMOTE」、東芝とソニーのBDレコーダーから「自動ダビング」が可能に

アイ・オー・データ機器から発売中の「RECBOX +REMOTE」が、ファームウェアアップデート。新たに東芝とソニー製の最新レコーダーから「自動ダビング」が可能になった。

[ITmedia]
ts_iodata01.jpg 「RECBOX +REMOTE」

 アイ・オー・データ機器は、トランスコーダー搭載のDTCP+対応レコーディングHDD「RECBOX +REMOTE」(HVL-ATシリーズ)用の最新ファームウェアを公開した。新たに東芝とソニー製最新レコーダーの「自動ダビング」に対応する。

 最新ファームウェア Ver1.23では、自動ダビング/ダウンロードムーブに対応するレコーダーを追加した。これにより、東芝やソニーのBDレコーダー(一部機種)でも、自宅の録画番組を外出先からスマートフォンで視聴する際、外出前に手動でのダビング操作の必要がなくなった。

 新たに対応した機種は以下の通り。

東芝「レグザブルーレイ」

  • DBR-T450、DBR-T460、DBR-Z410、DBR-Z420

※ダウンロードムーブ対象は持ち出し番組HD(1280×720ピクセル)/持ち出し番組SD(640×360ピクセル)のみ対応



ソニー

  • BDZ-ET2100、BDZ-ET1100、BDZ-EW1100、BDZ-EW510


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.