ニュース
» 2013年12月06日 18時13分 UPDATE

プチ画期的:左右のスピーカーもワイヤレス! 「WワイヤレスBluetoothスピーカー」登場

SiBは、「Urban Utility」ブランドの新製品として、“WワイヤレスBluetoothスピーカー”「USBS-WW1」を発売した。

[ITmedia]

 SiBは12月6日、「Urban Utility」ブランドの新製品として、“WワイヤレスBluetoothスピーカー”をうたう「USBS-WW1」を発表した。価格は1万2800円。

ts_sib01.jpg 「USBS-WW1」。左右のスピーカーもワイヤレス

 1辺60ミリのキューブ型小型スピーカーを左右に配置するステレオ仕様のワイヤレススピーカー。スマートフォンなどとBluetoothで接続しながら、左右のスピーカー同士もBluetoothによるワイヤレス伝送が行えるのが特長。両方のスピーカーにリチウムイオンバッテリーが内蔵されているため、完全にワイヤレスな再生環境が実現する。

 「従来も左右独立のBluetoothスピーカーは存在したが、間にあるケーブルに設置の自由度が阻害されていた。USBS-WW1では距離を離して設置できるため、音楽が持つ本来のステレオ感を再現できる。また持ち運びにも便利だ」(同社)。

ts_sib02.jpgts_sib03.jpg 底面に操作部を装備。背面には充電用のMicroUSB端子

 スピーカーユニットは38.1ミリ径のフルレンジで、出力は3ワット。内蔵バッテリーで約20時間の連続駆動が可能だ。充電にはMicroUSB-USBケーブルを利用する。

 Bluetoothは、Ver.2.1+EDRで、対応プロファイルはA2DPのみ。対応コーデックはSBCとなっている。

 サイズは60(幅)×60(高さ)×60(奥行き)ミリ。重量はスピーカー1個あたり約175グラム。

ts_sib04.jpg 設置イメージもシンプル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう