ニュース
» 2013年12月17日 21時50分 UPDATE

手作業? 英RHAのプレミアムイヤフォン「MA750」など5製品、ナイコムが販売

ナイコムは、英国グラスゴーに本拠を置くオーディオ専業メーカー、RHAのヘッドフォン/イヤフォン製品の取扱を開始した。3機種5モデルを発売。

[ITmedia]

 ナイコムは、英国グラスゴーに本拠を置くオーディオ専業メーカー、RHAのヘッドフォン/イヤフォン製品の取扱を開始した。ステンレス削りだしハウジングを採用したフラグシップモデル「MA750」など3機種をラインアップ。Apple製品対応のリモコンが付いたバリエーションモデルも含め、計5製品を12月中旬から販売する。

ts_rha02.jpg ステンレス削りだしハウジングのフラグシップモデル「MA750i」

 フラグシップモデルの「MA750」および「MA750i」(リモコン付きモデル)は、1つ1つ丁寧に削り出されたステンレスボディーに耳かけ式のケーブルを組み合わせたカナル型イヤフォン。手作業で製造するというダイナミック型ドライバー(『560.1』と呼ばれる)を搭載し、「精密でバランスのとれた最高に明瞭(めいりょう)なサウンド。そして深遠な音場」が特長という。再生周波数帯域は16〜2万2000Hz。インピーダンスは16オーム、感度は100dB。

ts_rha01.jpg 「560シリーズ」ダイナミック型ドライバーの周波数特性チャート

 豊富な付属品も同社製品の特長だ。MA750には、デュアル・デンシティ・シリコンイヤーピースおよびダブルフランジ・シリコンイヤーピースをS/M/Lサイズそれぞれ2ペア付属(計12ペア)。さらに形状記憶イーヤーピースが2ペア、ステンレス製イヤーピースホルダー、キャリングケース、クリップなども同梱(どうこん)されている。価格は、MA750が1万4910円、リモコン付きのMA750iは1万7220円となる。

ts_rha03.jpgts_rha04.jpg 付属品の一部

 「MA600/MA600i」は、航空機にも使われるアルミニウム材の切削ボディーを採用した上位モデル。ドライバーは、「320.1」と呼ばれるダイナミック型で、再生周波数帯域は16〜2万2000Hz。インピーダンスは16オーム、感度は100dBだ。

ts_rha05.jpg 「MA600i」

 付属のイヤーピースは、デュアル・デンシティ・シリコンイヤーピースがS/M/Lサイズを各2ペア、ダブルフランジ・シリコンイヤーピースはS/Mサイズが各1ペア。ほかにステンレス製イヤーピースホルダー、キャリングケース、クリップなども付属する。価格はMA600が1万500円、MA600iは1万1100円だ。

 「MA450i」は、アルミ合金製ボディーを採用した軽量モデル。ドライバーは「130.5」と呼ばれるダイナミック型で、「軽量ながらも、非常に遮音性に優れ、細部際立つバランスの取れたサウンド」(同社)という。再生周波数帯域は16〜2万2000Hz。インピーダンスは16オーム、感度は103dBとなっている。

ts_rha06.jpg 「MA450i」

 デュアル・デンシティ・シリコンイヤーピースは上位機と同様にS/M/Lサイズを各2ペア同梱しているが、ダブルフランジ・シリコンイヤーピースはSサイズ1ペアのみ。ほかにイヤーピース収納箱や専用キャリーケース、クリップなどが付属する。価格は5775円。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう