ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リモコン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リモコン」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オウルテック、リモコンマイク付きのiPhone向けLightningイヤフォンを発売
オウルテックは、Lightningコネクターを搭載したステレオイヤフォン「OWL-EPLT02」を発売。ハンズフリー通話やビデオ会議にも使用できるリモコンマイクを備え、周囲の音が聞こえるセミオープンデザインを採用している。(2021/6/16)

Innovative Tech:
リモコン付きラケットで自在に魔球 東大と東工大が超音波卓球「Hopping-Pong」開発
オーグメンテッドスポーツの一つの形だという。(2021/6/16)

エレコム、Bluetoothリモコン付き三脚&自撮り棒を発売
エレコムは動画配信やビデオ通話に便利な三脚と、自撮りに便利な手持ちの二通りで使えるBluetoothリモコン付き三脚&自撮り棒「P-STSR02」シリーズを発売する。(2021/5/18)

Nature、スマートリモコン「Nature Remo」に電気代に応じて家電を自動操作できる新機能を実装
Natureは、電力小売サービス「Natureスマート電気」とスマートリモコン「Nature Remo」との連携に対応した自動操作機能「Nature Smart Eco Mode」の提供を開始した。(2021/5/18)

電気代が上がるとエアコンの設定温度を変えるリモコン 「Nature Remo」に新機能
Natureは、その時の電気代に応じて家電を自動操作する新機能「Nature Smart Eco Mode」の提供を始めた。エアコンから対応する。(2021/5/18)

Appleが新しい「Apple TV 4K」を5月後半に発売 プロセッサを強化して高速化 新しいリモコンも
Appleが、第2世代の「Apple TV 4K」を発売する。4K/60HzのHDR動画に対応した他、新しいリモコン「Siri Remote」を採用するなど操作性を向上している。(2021/4/21)

盗んだリモコンをくわえて走りだすコーギー 絶対に返してくれない愛犬との攻防に飼い主困惑
おいかけっこ楽しいワン。(2021/4/18)

「Fire TVシリーズ」に新しい音声認識リモコンが登場 どんな感じ?
Amazonの「Fire TVシリーズ」で使える音声認識リモコンに「第3世代」が登場する。果たして便利に使えるのだろうか。実物を使ってチェックしてみた。(2021/4/16)

給湯器リモコンがカプセルトイになったぞ! メロディや「お風呂がたまりました」などの音声も出る
メロディと音声も流れます。(2021/4/11)

Amazon、Fire TV用のAlexa音声認識対応リモコン新モデルの予約受付を開始
AmazonがFire TV専用の音声認識対応リモコン「Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)」の予約受け付けを開始した。(2021/3/25)

Amazon、「Fire TV」用3代目リモコン発売へ 4つのアプリボタン付き
Amazonが「Fire TV」シリーズ用の新しいAlexa対応リモコンを4月14日に発売する。単体で2980円だ。ライブ配信を一覧できる「番組表」ボタンと、予めプライムビデオなどが割り当てられた4つのボタン付きだ。(2021/3/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
反応速度は改善された? ラトックシステムのスマートリモコン「RS-WFIREX4」を試した
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はラトックシステムのスマートリモコンを細かくチェックした。(2021/3/19)

SMK 環境発電や無線給電のハイブリッド技術:
2系統電力を併用して製品を電池レス化する技術
SMKは、エナジーハーベスティングとワイヤレス給電の2系統電力を独自方式で組み合わせたハイブリッド技術を開発した。センサーやリモコンなどの電池レス化が可能となり、製品の薄型軽量化、メンテナンスフリー化に寄与する。(2021/3/11)

Nature、電気代“変動制”を採用した電力小売サービス「Natureスマート電気」 スマートリモコンとの連動もサポート予定
Natureは、電力小売サービス「Natureスマート電気」を提供開始を発表した。(2021/3/1)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
モデルチェンジしたスマートリモコン「Nature Remo mini 2」はどこが変わったのか
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、第2世代に進化した「Nature Remo mini 2」(Remo-2W2)をチェックした。(2021/2/26)

「ここは東京駅?」「リアルすぎて笑う」 給湯器リモコンを使ったガチ勢の「電車ごっこ」がハンパない
臨場感ありまくり〜!!(2021/2/16)

スマホカメラで一眼レフカメラのような操作感を実現 「Shutter Grip2」登場
ロア・インターナショナルは、スマートフォン向け小型シャッターグリップ「Shutter Grip2」をクラウドファンディングサービス「Makuake」で先行販売。遠隔操作用リモコンや三脚穴などを搭載している。(2021/2/15)

Nature、税込み6980円の小型スマートリモコン「Nature Remo mini 2」
Natureは、同社製の小型スマートリモコン「Nature Remo mini」の第2世代モデルを発表した。(2020/12/3)

「Chromecast with Google TV」日本での販売価格は7600円
Googleが9月に米国で発売した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」を日本でも発売する。価格は7600円(税込み)。リモコン付きで「Google TV」を利用できる。(2020/11/18)

「ちょうど電源ボタンのところで……」 リモコンを枕に眠る猫ちゃんとテレビが見られない飼い主さんが面白い
むしろ枕になりたい。(2020/11/18)

ソニーが専用リモコン操作もできるIoTシーリングライトを発売
ソニーネットワークコミュニケーションズは、同社製ネットワークLEDシーリングライトの新モデル「マルチファンクションライト2」シリーズの販売を開始する。(2020/11/6)

テレワーク時代のスマート家電:
これ以上スマート家電を導入できないだと?――スマートリモコンとWi-Fiルーターで切り抜けた
スマート家電を活用することで、少しでも在宅ワークを快適にしていこうという本連載。今回はスマートホーム化する中で避けては通れない、ボトルネックとなる製品にフォーカスした。(2020/11/5)

PlayStation 5、Apple TV+にも対応 Netflix、Disney+、YouTube、SpotifyはPS5メディアリモコンから一発立ち上げ
メディアリモコンのサービスは固定されている模様。(2020/10/23)

+Style、Amazonプライムデーにスマート家電18商品を最大44%オフで販売
プラススタイルは、10月13日〜14日に開催される「Amazonプライムデー」でスマート家電18商品を最大44%オフで販売。「スマートマルチリモコン」や「スマート全自動コーヒーメーカー」などをそろえる。(2020/10/9)

Googleの「Chromecast with Google TV」はリモコン付きで49ドル
Googleが、4年ぶりに映像ストリーミング端末を発表した。「Chromecast with Google TV」は付属のリモコンで「Apple TV」や「Fire TV」のような画面を操作できる。価格は49ドルで、日本でも発売の見込み。(2020/10/1)

ラトック、USBポートに直挿しで使えるスマート家電リモコン 法人限定でサンプル出荷
ラトックシステムは、ケーブルレスで利用可能なUSB電源直結型のスマート家電リモコン「RS-WFIREX5」を発表した。(2020/9/29)

8月31日23時59分まで:
格安タブレットやスマートリモコンをお得に買えるAmazonのタイムセールが開催中
Amazonのタイムセールで格安タブレットやスマートリモコン、スマートディスプレイの一部が最大50%オフとお得になっている。(2020/8/29)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Nature Remoに激似の低価格スマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、家電も操作できるスマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」を試した。(2020/8/27)

プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」にテレビと音声操作を追加するオプションが登場
プロジェクター付きシーリングライト「popIn Aladdin」のオプションとしてワイヤレステレビチューナーとスマートリモコンが登場。(2020/7/30)

自転車にもウインカー 無線リモコン付きの後付けキット「自転車用ターンランプ」発売
スポーツ車にもママチャリにも装着できます。(2020/7/30)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
定番スマートリモコンの最新モデル「Nature Remo 3」は買いか? 進化点をチェックした
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、定番スマートリモコンの最新モデルを試した。(2020/7/29)

テレビのリモコンでさりげなく家族を見守るサービス、JVCとノバルスが販売
JVCケンウッドが高齢者向けのテレビ用「簡単リモコン」にノバルスの「MaBeeeみまもり電池」を組み合わせ、離れて暮らす家族が安否を確認できるパッケージを発表した。(2020/7/20)

玄関ドアをそのまま自動扉に LIXILが後付け電動オープナー発売
LIXILは、住宅の玄関ドアに後付けし、リモコン一つで開閉できる電動オープナーシステム「DOAC」を発表した。車いすの人でも一人で自由に出入りできるという。(2020/7/7)

Nature、スマートリモコン「Nature Remo」最新モデルを発表 Bluetooth LE搭載
Natureは、同社製スマートリモコン「Nature Remo」シリーズの最新モデル「Nature Remo 3」を発表した。(2020/6/24)

「リモコンに水みせたってるねん」 リモコンに未知の世界を教えるシュールで優しいツイートが人気
リモコンのメーカー、シャープも反応。(2020/5/8)

Googleが2代目「Chromecast Ultra」をリモコン付きで発売のうわさ
Googleの4K対応キャスト端末「Chromecast Ultra」の次期モデルを準備中と米9TO5Googleが報じた。「Android TV」ベースでリモコン付きという。「Disney+」や「Stadia」をサポートする見込みだ。(2020/3/11)

エレコム、スマホで家電の操作を行える小型デザインのスマートリモコン
エレコムは、室内の家電製品をスマートフォンで制御可能にするるスマートリモコン「ESH-IR01GAWH」を発売する。(2020/3/10)

体当たりッ!スマート家電事始め:
LINEのトークで家電を操る「Clova Bot」、本当に便利?
LINEのトーク機能を使ってAIアシスタント「Clova」とチャットしながら家電を操作できる新サービス「Clova Bot」が1月末に始まった。リモコンアプリやスマートスピーカーより便利なのか。実際に試した。(2020/2/18)

手のひらサイズのプロジェクタ、リコーが開発中 “リモコン感覚”で投影
リコーが、手のひらサイズのプロジェクタを開発中。テレビのリモコンのように手で握り、先端を壁や床などに映像を投影できる。(2020/2/14)

ザクのリモコンでザクを操作!? 宇宙を漂うように動くガンプラがかっこよすぎる
超音波加湿器を応用した仕掛けが噴射しつつ、姿勢やモノアイが動きます。(2020/2/3)

約4万円で「CarPlay」を簡単に導入 ヘッドアップディスプレイ「HUD-2020」を使ってみた
「ネオトーキョーHUD-2020 ヘッドアップディスプレイ」は、スマホを有線で接続すると、「CarPlay」や「Android Auto」が使えるようになるデバイス。ナビ画面が透明なモニターに映し出され、リモコンを使った音声の操作も可能。据え置き型のカーナビと比べて、どこが便利なのか。実際に試してみた。(2020/1/4)

ラトック、同社製スマートリモコン「RS-BTIREX2」がGoogleアシスタントとSiriショートカットに対応
ラトックシステムは、同社製スマートリモコン「RS-BTIREX2」がGoogleアシスタントとSiriショートカットに対応したと発表した。(2019/12/16)

乾電池とスマホだけで高齢者を見守り可能に ソフトバンクが新サービス
ノバルスの乾電池型IoTデバイスとソフトバンクの「みまもりサービス」を組み合わせた新サービスが登場。リモコンの電池を入れ替えるだけで高齢者向けの見守り用機器として利用できる。(2019/12/12)

SOCINNO、AIアシスタント対応のスマートリモコン「sRemo-R」に3年保証付きのリニューアルモデル
SOCINNOは、スマートリモコン「sRemo-R」のリニューアルモデルを発表。ハードウェアを刷新し3年保証を付属した。(2019/12/5)

壊れたルンバをリモコン式に魔改造 目と2本の腕を得て器用に物を積む第2の生へ
「パーフェクトルンバだ」「発展させたらロビタになりそう」と評判です。(2019/11/2)

Tile、史上最小で裏面シール+防水の忘れ物防止タグ「Sticker」を2個4900円で提供
忘れ物防止タグのTileのラインアップに、クレジットカードのような薄型「Slim」と裏面シールでリモコンや自転車などに貼れる「Sticker」が加わった。Stickerの希望小売価格は2個で4900円(税抜き)。(2019/10/9)

「こういうところに感動してしまう」 沖縄「ゆいレール」駅ホームにあるの自動スロープがすごいと話題に リモコン操作でスッと展開
ホームにスロープが埋め込まれている……!?(2019/9/27)

YouTubeの「Leanback」、まもなくサポート終了
YouTubeをWebブラウザでテレビ感覚で視聴するサービス「Leanback」がまもなく終了する。「Google TV」発表と同じ2010年にスタートしたサービスで、動画をフルスクリーンで再生し、矢印キーをリモコン代わりに使うというものだ。(2019/9/16)

ホームIoT「au HOME」に便利な新デバイスと料金プランが追加 9月5日から
auのホームIoTサービス「au HOME」の対応デバイスのラインアップに、「ネットワークカメラ 03」「赤外線リモコン 02」「開閉センサー 03」が加わる。新料金プラン「声で家電コントロール&みまもりセット」も追加される。(2019/8/27)

Yahoo!カーナビ専用リモコンの新モデル SoftBank SELECTIONで発売
SB C&Sは、7月26日以降にSoftBank SELECTIONブランドから無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」専用リモコン「ナビうま ハンドルリモコン Plus for Yahoo!カーナビ」を発売。Bluetooth経由でスマホ・タブレットに接続すれば、画面へ触れずに操作できる。(2019/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。