ニュース
» 2014年01月15日 16時04分 UPDATE

オリンパス「Voice-Trek」から“臨場感”重視のビジネス向けICレコーダー3機種

オリンパスイメージングは、「Voice-Trek」の新製品「V-823」「V-822」「V-821」の3機種を1月下旬に発売する。会議や商談の録音時に話者の方向や距離感をリアルにとらえるという。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは1月15日、ICレコーダー「Voice-Trek」(ボイストレック)シリーズの新製品「V-823」「V-822」「V-821」の3機種を発表した。ビジネスシーンにおける使い勝手を追求したというUSBダイレクト接続モデルだ。1月24日に発売予定で、価格はすべてオープンプライス。

ts_olympus01.jpgts_olympus03.jpg 「Voice-Trek V-823」のブラック。PCとUSBダイレクト接続が可能だ

 3製品とも2つの高感度指向性マイクを90度のアングルを付けて配置したことにより、会議や商談の録音時に話者の方向や距離感をリアルにとらえるという。また、トップモデルとなるV-823には指向特性制御技術を採用し、マイクの指向性を10段階で調整できるズームマイク機能も備えた。

ts_olympus02.jpgts_olympus04.jpg 2つの指向性マイクを90度のアングルを付けて配置(左)。microSDカードスロットを装備(右)

 ビジネスシーンでの長時間使用を想定して省エネ設計を徹底するとともに、入手しやすい単四形乾電池を電源に採用した。アルカリ乾電池を使用した場合、1本で最長37時間の連続駆動が可能だ。なお、V-823とV-822は本体内充電機能を持ち、PCや別売のACアダプターを接続した場合、本体内で単四形ニッケル水素充電池の充電が可能になっている。

 内蔵メモリは、V-823が8Gバイト、V-822が4Gバイト、V-821は2Gバイト。またmicroSDカードスロットも備えている。録音フォーマットは、リニアPCM(44.1kHz/16bit)、MP3(256kbpsまで)、WMAモノラル(8kbps)。V-823の場合、最長で約1980時間の録音が可能だ。

 再生機能では、録音データから音声が記録されている部分だけを抽出して再生する「声だけ再生」をはじめ、文書化の効率を上げる「文字起こし」モードなどを搭載した。

 本体サイズや重量は3モデル共通で、40.6(幅)×101(長さ)×15.1(厚さ)ミリ、54グラムとなっている。付属品は、ステレオイヤフォン(V−823はカナル型)、USB接続ケーブル(V-823のみ)、単四形ニッケル水素充電池(V-823/822)、ソフトケースなど。

型番 V-823 V-822 V-821
内蔵メモリ 8Gバイト 4Gバイト 2Gバイト
microSDカードスロット
USBダイレクト接続
カラー ブラック、ゴールド ブルー、レッド、ホワイト シルバー、ピンク、ライトブルー
直販価格 1万4980円 1万1980円 9980円
発売日 1月24日

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.