ニュース
» 2014年01月30日 22時33分 UPDATE

ミックスウェーブ、米AUDEZEの新型平面磁界ヘッドフォン「LCD-XC」「LCD-X」を発売

ミックスウェーブは、米AUDEZEの平面磁界式ヘッドフォン「LCD-XC」「LCD-X」を2月に発売する。

[ITmedia]

 ミックスウェーブは、米国のハイエンドオーディオメーカー、AUDEZEの平面磁界式ヘッドフォン「LCD-XC」「LCD-X」を2月5日に発売する。「LCD-XC」は、同社初の密閉型となる木製ハウジングを採用したコンシューマーモデル。一方の「LCD-X」は、金属ハウジングのプロサウンド仕様だ。

ts_mixaz01.jpgts_mixaz02.jpg 「LCD-XC」(左)と「LCD-X」(右)

 AUDEZEが独自開発した平面磁気スピーカーを搭載。振動板全体に均一化された強力な磁場を生成するが、従来の平面磁界型ヘッドフォンのような強磁性材料が必要なく、高調波のひずみや重量を抑えられるのが特長だという。また特許出願中の「Fazor Technology」を搭載し、「より正確な音像、音場の再現に加え、位相応答やより広範囲にフラットな周波数特性の確保が可能になった」(同社)。

 再生周波数は両モデルとも5〜5万Hzで、インピーダンスは22オーム。コードは着脱式となっており、付属品としてシングルエンドケーブル、XLR4ピンのバランスケーブル、変換アダプターなどが付属する。本体重量はLCD-XCが650グラム、LCD-Xは600グラム(ケーブル含まず)。

 価格はオープンプライス。店頭では「LCD-X」が27万円前後、「LCD-XC」は28万8000円前後になる見込みだ(いずれも税込み)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう