ニュース
» 2014年02月14日 12時20分 UPDATE

ラックスマン、USB-DAC搭載SACDプレーヤーの新フラグシップ「D-08u」

ラックスマンは、SACDプレーヤーの新フラグシップモデル「D-08u」を3月下旬に発売する。2008年発売の「D-08」をリニューアル。

[ITmedia]

 ラックスマンは2月14日、SACDプレーヤーの新フラグシップモデル「D-08u」を発表した。3月下旬に発売する予定で、カラーはブラスターホワイトのみ。価格は110万円(税抜き)。

ts_lux02.jpg 「D-08u」

 2008年発売の「D-08」をリニューアルしたCD/SACDプレーヤー。デジタル回路およびアナログ回路の両面にわたって一新した「フルモデルチェンジ製品」(同社)という。

 USB-DAC機能を搭載し、PC/MacとUSB接続してハイレゾ音源再生が可能。USB入力は、最大384kHz/32bitのPCM系音源と、2.82M/5.64MHzのDSD再生に対応する。また、TIの32bit DSP「TAS3152」を搭載し、PCM信号を最大384kHzにアップサンプリングすることも可能だ。

ts_lux03.jpgts_lux01.jpg

 入力は、USBのほか、同軸デジタル、光デジタル×2系統。出力はアナログのバランスとアンバランスを各1系統に加え、同軸と光のデジタル出力を1系統ずつ備えた。

 出力アンプ部には、高域のひずみ特性を大幅に改善した独自の帰還方式ODNF回路の最新バージョン4.0を搭載。独立した出力フィルター・ブロックを持たせず、ODNF回路内部でゆるやかな(1次フィルター×3)帯域処理を施すことで、自然なアナログ波形の再現を実現するという。

 本体サイズは440(幅)×154(高さ)×413(奥行き)ミリ。重量は22.5キログラム。新たにApple LosslessとAIFF再生にも対応したオリジナルの音楽再生ソフト「LUXMAN Audio Player」最新版が付属する(Mac/Windows)。

 なお、「D-08u」は同日から名古屋国際会議場で開催される「オーディオフェスタ イン 名古屋」でデモンストレーションを行う予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.