ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「リニューアル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リニューアル」に関する情報が集まったページです。

Gartner Insights Pickup(218):
既存のデータセンターを刷新して長期的なメリットを得るには?
既存のデータセンターのインフラを再構築することにより、新しいビジネスサービスをサポートするとともに、運用コストの削減が可能になる。(2021/8/6)

Apple、公式ストアサイトデザインをリニューアル URLも変更
公式アプリのデザインに合わせた。(2021/8/4)

東急、田園都市線5駅のリニューアル工事着工 第1弾は駒沢大学駅、2024年夏完成予定
池尻大橋駅、三軒茶屋駅、駒沢大学駅、桜新町駅、用賀駅の5駅が変わります。(2021/8/3)

新業態:
シェアラウンジを備えたTSUTAYAが「川崎DICE」にオープン
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)蔦屋書店カンパニーは8月2日、新業態である「SHARE LOUNGE(シェアラウンジ)」を備えた「TSUTAYA BOOKSTORE 川崎駅前店」をオープンした。川崎駅東口にある「川崎DICE」5階をリニューアル。(2021/8/3)

国保旭中央病院、スマートホスピタルに向け情報基盤を刷新 IBMのヘルスケア共通プラットフォームを活用
国保旭中央病院は、日本IBMと共同で「スマートホスピタル構想」の実現に向け、「ヘルスケアサービス向けデジタルサービスプラットフォーム」を利用した情報基盤を開発する。既存のカルテシステムも連携させて柔軟な情報活用を可能にし、業務効率化や患者の利便性向上など、病院機関のDXを加速させる。(2021/8/3)

21年4〜6月期:
JR3社、コロナ苦境続く 新幹線で鮮魚配送、ずらし旅、駅ナカ刷新……三社三様の打開策
JR東日本、西日本、東海の2021年4〜6月期の連結決算が、7月30日に出そろった。コロナの影響が長期化する中、三者三様の策を講じる。(2021/7/30)

Green UNDER GROUND:
東急電鉄、駒沢大学駅のリニューアル工事着工 田園都市線の5駅を改修へ
東急電鉄が、田園都市線の地下区間5駅を対象としたリニューアルプロジェクト「Green UNDER GROUND」を開始する。(2021/7/30)

日立ビルシステム、本社オフィスをニューノーマルの働き方の実験場に刷新 ビルIoTなどを活用
日立ビルシステムは、社員約2250人が就業する本社地区の2拠点のオフィスをニューノーマルの働き方の実験場として刷新する。創造性を高めるオープンエリアの新設や、日立の就業者ソリューション「BuilPass」、ビルIoTソリューション「BuilMirai」の導入により、快適なオフィス生活を実現するとともに、ソリューションの強化を図る。(2021/7/29)

プリングルズの「顔」が20年振りに完全リニューアル 表情が増えてバリエーション豊かに
8月上旬より順次新パッケージが登場。(2021/7/27)

大幅刷新は20年ぶり:
プリングルズの“おじさん”が変化 SNS時代に合わせたデザインに
日本ケロッグは7月27日、ポテトチップスブランド「プリングルズ」のロゴ「Mr.P」をリニューアルすると発表した。(2021/7/27)

BCP:
群馬・吾妻郡がパナソニックと実現した低コストの“防災対策リニューアル”、現地見学会レポート
世界的な気候変動の影響により、このところ日本各地で、豪雨や台風による自然災害が頻発している。そのため、避難所の拡充などの防災対策には、各自治体でも重点施策の一つと目されている。一方でメーカーサイドでもソリューション開発には余念が無く、とくにパナソニックでは、パナソニック ライフソリューションズ社を中心に太陽光パネルと蓄電池、LPガスを組み合わせ、非常時でも効率的にエネルギーを提供できるシステムを地方自治体向けに提案している。その一例として、群馬県吾妻郡での公共施設リニューアルの実例を現地レポートとしてお届けする。(2021/7/26)

米国3社の事例に学ぶパンデミック後のCX【前編】
生花販売大手が「CX」向上のために“大手ベンダー依存”をやめた理由
新型コロナウイルス感染症の影響でEコマースの需要が高まる中、生花販売大手のFTDは商機を生かすべく、CXのためのシステムを刷新した。そこで同社が選んだ方針が、大手ベンダー製品からの脱却だった。その意図とは。(2021/7/26)

JALの工場見学施設「スカイミュージアム」が全面リニューアル 7月22日から「リモート」見学ツアー受付開始
飛行機好きのキッズ、家族はぜひ〜!(2021/7/22)

開館1周年でリニューアル:
バーチャル水槽で海中に揺らめく木を表現 DMMかりゆし水族館
沖縄県豊見城市のDMMかりゆし水族館は17日、オープンから1周年を迎えた記念にリニューアルした。(2021/7/21)

8割の社員が参加、アイデアは1000以上!:
オフィス刷新、ポンタ運営会社 あえて「今のオフィスの悪いところ」を議論しなかった理由
コロナ禍をきっかけにオフィスを見直す企業は多い。「従業員の声を取り入れる」ためにアンケートやヒアリングに注力したという事例も珍しくないが、なかでもオフィスリニューアルに全社員の8割以上が関与したという稀有なケースがある。(2021/7/20)

定額制宿泊サービス「HafH」 8月1日より3泊9800円プラン追加
定額制宿泊サービス「HafH」(ハフ)を提供するKabuK Style(長崎県長崎市)は、8月1日よりHafHを大型リニューアルすると発表した。料金プラン、支払い方法、Hafhコインが変更となり、よりお得に、気軽に利用できる「旅のサブスク」としてリニューアルする。(2021/7/19)

「Galaxy Harajuku」がリニューアル BTSコーナーもオープン
サムスン電子ジャパンが東京都渋谷区に設置しているGalaxyのショーケース「Galaxy Harajuku」がリニューアルオープンする。「Galaxy S21 5G」のポートレート機能を使用した常設の「自撮り撮影スタジオ」や、BTS(防弾少年団)とコラボレーションしたコーナーを新設する。(2021/7/16)

はてな20周年、企業ロゴ刷新 “振り返り年表”も
はてなが20周年を記念して企業ロゴを刷新。記念サイトには「振り返り年表」も。(2021/7/15)

マーケや情シスと議論:
カルビー流「“総務主体”ではない」オフィス作り 営業がリーダーを務めた理由
カルビーは丸の内オフィスのリニューアルのため、社内横断のプロジェクトチームを組織した。社内横断チームといっても、オフィスに関することなのでやはり中心は総務──と思いきや、リーダーを務めたのは営業の社員だった。マーケや情シスなど、さまざまな部署のメンバーと作り上げた意味とは?(2021/7/13)

ライバルも対応:
ファミマが定番おむすびを“非接触”にリニューアル 背景にあるニーズは?
ファミリーマートが定番の「手巻おむすび」をリニューアルする。塩加減や塩の振り方などを工夫した。また、開封方法を見直すことで“非接触”で食べられるようにした。(2021/7/12)

石野純也のMobile Eye:
「iOS 15」パブリックβ版を試す Zoom対抗の新「FaceTime」や新機能「集中モード」の使い勝手は?
7月1日に配信された「iOS 15」のパブリックβ版を試す。iOS 15は、シーンにごとに合わせた通知の制限を可能にする「集中モード」や、WindowsやAndroidを使うユーザーとのやりとりが可能になったFaceTime、ユーザーインタフェースを刷新したSafariが目玉。メモアプリの改善やメールのプライバシー保護の強化、デバイス上で完結するSiriなどもiOS 15の新機能だ。(2021/7/10)

10本のバッチ処理も1時間以内に完了:
PR:ビジネス部門も大満足、ジャックスが選んだ“安定して高性能”なデータ活用基盤
既存データベースの性能に限界を感じ、抜本的なデータ活用基盤への刷新を図ったジャックス。ビジネス部門が日常的に利用するものであるため、高い性能はもちろん、安定運用が重要な要件となった中、同社が選んだ製品の実力とは?(2021/6/29)

歩いて日本地図の完成目指す歩数計「令和の伊能忠敬」発売 実距離なら約1万9000km
山佐時計計器は6日、歩数計「平成の伊能忠敬」シリーズをリニューアルした「令和の伊能忠敬」を発表した。(2021/7/6)

PR:「指圧師10年目ですが、こんな依頼は初めてです」 リニューアルした“ほぐれやすい”クーリッシュをプロの指圧師の人に揉んでもらった話
クーリッシュがほぐれやすくリニューアルしたのでプロの指圧師に判定してもらいました。(2021/7/6)

Tech TIPS:
気になるWindows 11、Insider Programでいち早く新しいUIや機能を試す
2021年後半に新しいWindows OS「Windows 11」が提供開始になることが発表された。刷新されるユーザーインタフェースや新しい機能が気になるところだ。また、互換性など確認すべき点もある。そこで、いち早く「Windows 11」を体験する方法を紹介しよう。(2021/7/5)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
パナソニック「GH5 II」でライブ配信やってみた 静止画も安定の新フラグシップ機
パナソニックからマイクロフォーサーズのフラッグシップ機が久しぶりにリニューアルして登場した。「GH5 II」だ。なにはともあれ、ライブ配信を試してみた。(2021/7/3)

キヤノンMJ、法人向けエンドポイントセキュリティのラインアップを刷新
キヤノンマーケティングジャパンは、包括的なセキュリティ対策を実施可能な法人向けサービス「ESET PROTECTソリューション」を発表した。(2021/7/2)

ボンズ、IT基盤を刷新 アニメーション制作のデータ処理効率を30%アップ
ボンズは、アニメーション制作の現場を支えるワークステーションやサーバを刷新した。レンダリングなどのデータ処理業務の効率が20〜30%アップした他、サーバ、ストレージ環境の運用管理性も向上した。(2021/7/2)

通年商品15種が対象:
サントリー「ほろよい」リニューアル ももとグレープは中身も、なぜ?
サントリーのロングセラー商品「ほろよい」がリニューアルした。通年商品15種類のパッケージに変更に加え、ももとグレープのフレーバーは中身も変更しているという。なぜその2種類だけ変更したのだろうか?理由を見てみよう。(2021/6/30)

第一生命がNow Platformを導入 既存グループウェアを刷新し、システム群やデータベース群を一元化
第一生命は、ServiceNowのクラウド型プラットフォーム「Now Platform」を採用した。既存のシステム群やデータベース群を一元化して全社でデータを共有し、複数の部署やチームにまたがる業務プロセスをエンドツーエンドで処理できるようにする。(2021/6/30)

耐震:
大規模3次元FEMを用いた長周期地震動の新たな計算技術、最大5〜6時間で算出
大成建設は、大規模3次元FEMを用いて、巨大地震による長周期地震動の計算時間を短縮することが可能な技術を開発した。新技術は、建物の設計やリニューアルにおける耐震検討に適用することで、早期に長周期地震動の影響を提示することができ、建物の耐震安全性評価に関する円滑な合意形成を実現する。今後、同社は、建物の長周期地震動の評価に新技術を適用し、建物の耐震安全性評価と地震災害に強い建物づくりを進める。(2021/6/30)

7月1日からコラボ機内食を提供:
JAL×タニタが初コラボ 機内食を刷新したワケは?
JALとタニタ食堂を手掛けるタニタが初のコラボ。ヘルシーな機内食の提供を開始する。機内食だけでなく、免疫力アップに関するコラムやストレッチなどの情報が盛り込まれたリーフレットも配布予定という。(2021/6/29)

3COINSの知育時計シリーズがニュアンスカラーにリニューアル 「時計」の教え方に悩むパパママ必須のアイテムです
インテリアにもなじむおしゃれなカラー。(2021/6/28)

ポケモンGOのレイドに変化 「おしゃれ番長」「強烈アタッカー」など個人を讃える称号も
ポケモンGOのレイドバトルが25日、デザインと機能をリニューアルしました。「強烈アタッカー」など個人を讃える機能も追加。(2021/6/26)

昭文社が道路地図「県別マップル」リニューアル 実際の距離が分かる特製ルーペ付き
昭文社は道路地図シリーズ「県別マップル」をリニューアルする。距離尺(スケールバー)が付いた特製ルーペが付属する。(2021/6/25)

開発陣に聞く:
シャープに聞く「AQUOS R6」開発の舞台裏 ライカとの協業から1型センサー搭載まで
シャープの「AQUOS R6」は、ライカと共同開発した1型センサーのカメラが話題を集めている。刷新されたカメラ機能を中心にシャープ開発陣に話を聞いた。特にライカが求めるレベルの画質実現に苦労したという。(2021/6/25)

Microsoftのホワイトボードアプリ「Microsoft Whiteboard」がリニューアル 共同作業機能を強化
Microsoftは、同社製のホワイトボードアプリ「Microsoft Whiteboard」のアップデートを行った。(2021/6/22)

タイムアウト東京のオススメ:
世界自然遺産の流氷を見渡すサウナが知床にリニューアルオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/6/22)

かっちり強固、“本気な人”向け! レースゲームコックピット「DRAPOJI」がリニューアル、「ver.2」発売
おぉぉ〜。高級ハンコンとフルバケも一緒にほしくなるやつ……。(2021/6/21)

Perfect Suit FActory:
はるやま商事の「ポロシャツシリーズ」、販売数が前年比2.5倍
Perfect Suit FActoryを展開するはるやま商事は、2021年4月にリニューアルした「ポロシャツシリーズ」の販売数量が、5月時点で対前年比250%になったと発表した。(2021/6/18)

頭脳放談:
第253回 10年ぶりのアーキテクチャ刷新、「Armv9」で何が変わる?
Armが久しぶりに新しいアーキテクチャ「Armv9」を発表した。v9は、現在主流のv8と何が違うのか、技術的にどのような進化があるのかを筆者が読み解く。Armはどこに向かおうとしているのだろうか。(2021/6/18)

製品動向:
大成建設が高耐久木材保護塗料を開発、紫外線への耐久性は従来品と比べ約3倍
大成建設は、大成ロテックやフェクトと共同で、紫外線に対して高い耐久性を持つ無機系材料を使用することで、従来の有機系材料だけで構成されている塗料に比べ、紫外線への耐久性を2〜3倍に向上させられる高耐久木材保護塗料「T-WOOD COAT」を開発した。今後、3社は、今回の塗料を高品質な外装木材保護塗料として、木材を使用する学校や庁舎などの公共建築物をはじめ、オフィスビルや店舗の新築とリニューアルに幅広く展開し、低炭素社会の実現に向け木材利用の促進を支援する。(2021/6/18)

東大図書館など1300施設が使う蔵書検索システムが36年ぶりに刷新 電子資料に対応
国立情報学研究所(NII)は6月17日、東京大学総合図書館など全国1336施設が利用する蔵書検索システムを刷新すると発表した。1985年の運用開始以来、初めてシステムを更新し、電子化された資料にも対応するという。(2021/6/17)

「プチプチ」つぶす感触を再現した「∞プチプチAIR」、バンダイが発売 260万個売れたヒット商品をリニューアル
バンダイは15日、2007年に累計260万個以上を販売した「∞(ムゲン)プチプチ」をリニューアルした「∞プチプチAIR」を発表した。価格は1078円(税込)。(2021/6/15)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ランクル14年振りの刷新 「ランクルじゃなきゃダメなんだ」世界で評価される理由
ランクルというクルマは、それを使う地域と使わない地域でとんでもなく評価が違うクルマだ。「池田なぁ、村もオアシスもない巨大な沙漠をクルマで命懸けの横断をするとして、レンジローバーとランドクルーザーがあったらどっちを選ぶ?」。そう聞かれてハタと思ったのだ。(2021/6/14)

石野純也のMobile Eye:
「コロナ禍への対応」「機械学習の活用」「デバイス連携の深化」――3つのキーワードで見るAppleの新OS
AppleがWWDC21でiOS、iPadOS、watchOS、macOSの最新バージョンを披露した。最大公約数のキーワードになりそうなのが、「コロナ禍」「機械学習」「デバイス連携」。ホーム画面を刷新してウィジェットに対応したiOS 14ほどの大規模なアップデートではなかったが、どのOSも着実に進化している。(2021/6/12)

PayPayアプリのホーム画面がリニューアル Android版で先行提供
PayPayアプリのホーム画面がリニューアル。カード券面が提示しやすくなり、クーポンやボーナス運用などアイコンサイズを拡大。また、画面下に固定されていたボタンやアイコンが画面をスクロールすると消えるようになった。(2021/6/11)

21年夏以降の発売:
トヨタ、新型ランドクルーザー世界初公開 14年ぶりの全面刷新
トヨタは6月10日、新型ランドクルーザーを世界初公開した。(2021/6/10)

製造業がサービス業となる日:
LIXILがスマートホームサービス「Life Assist」を刷新、月額使用料が不要に
LIXILは、住宅設備機器・建材や家電などとの連携によりスマートホームを実現するIoTホームLink「Life Assist 2」を発表。中核ハードウェアとなるホームデバイスを購入すれば月額使用料なしで利用できるなど導入のハードルを下げるとともに、スマートフォンアプリの使い勝手を大幅に向上している。(2021/6/10)

損保ジャパン新基幹システム「MIRAI」稼働 なぜ完全ビッグバン方式を選んだか
損保ジャパンの新基幹システム「MIRAI」が本稼働を開始した。複数の企業合併や事業再編を前に、各社のレガシーシステム刷新に尽力した浦川伸一氏がMIRAIプロジェクトを振り返った。(2021/6/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。