ニュース
» 2014年03月05日 20時56分 UPDATE

パイオニアから“DJ用”をうたうカナル型イヤフォン2機種――上位モデルはハイブリッド型

パイオニアは、DJプレイの事前準備や楽曲制作に最適というカナル型イヤフォン「DJE-2000」「DJE-1500」を3月下旬に発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは、DJプレイの事前準備や楽曲制作に最適というカナル型イヤフォン「DJE-2000」「DJE-1500」を3月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭ではダイナミック型とバランスド・アーマチュア型ドライバーによるハイブリッド構成の「DJE-2000」が3万1000円前後、ダイナミック型1基の「DJE-1500」は1万7000円前後になる見込みだ(いずれも税抜き)。

ts_paidj01.jpgts_paidj02.jpg 「DJE-2000」のブラックとホワイト

 「DJE-2000」は、低音用に希土類マグネットを使用した9.4ミリ径ダイナミック型ドライバー、中高音用にバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載。ともに耳穴に向けて配置し、ハウジングの内部構造を最適化。「豊かでキレのある低音と澄んだ中高音再生により、スネアドラムやシンバルのビートを把握しやすくなる」(同社)という。

 ケーブルはMMCXタイプのコネクターを使用した着脱式。耳掛け部に形状記憶樹脂素材と軟質樹脂素材を、またイヤーチップにはComplyフォームを採用し、高いホールド性を実現したという。このほか、シリコン製イヤーチップ(XS/X/M/L)、およびトリプルフランジイヤーチップも付属する。

ハウジングが回転?

 「DJE-1500」は、希土類マグネットを使用した9.4ミリ径ダイナミック型ドライバーに、不要な内部振動を低減するセラミックパウダーコーティング複合素材振動板、軽量のCCAW(銅被膜アルミニウム線)ボイスコイルを採用した。

ts_paidj03.jpgts_paidj04.jpg 「DJE-1500」のブラックとホワイト

 ケーブルはMMCXタイプのコネクターによる着脱式。イヤーチップは、Complyフォーム(Mのみ)とシリコン製イヤーチップ(XS/S/M/L)の2種類が付属しており、耳穴の形状や装着感によって選択できる。

 またハウジングに回転機構を設け、耳掛けスタイルとノーマルスタイルを選択できるようにした点もユニークだ。耳掛け部には上位モデル同様、形状記憶樹脂素材と軟質樹脂素材を採用している。

ts_paidj05.jpg 耳掛けスタイル(左)とノーマルスタイル(右)

型番 DJE-2000 DJE-1500
インピーダンス 30オーム 22オーム
感度 103dB 105dB
再生周波数帯域 6〜2万2000Hz 6〜2万Hz
最大入力 500ミリワット(JEITA) 300ミリワット
重量 6.1グラム(コード含まず) 6.1グラム(コード含まず)
付属品 シリコンイヤーチップ(XS/S/M/L)、Complyフォームチップ(S/M/L)、トリプルフランジシリコンイヤーチップ、6.3ミリ標準プラグアダプター、キャリングケース、クリーニング用ブラシ シリコンイヤーチップ(XS/S/M/L)、Complyフォームチップ(M)、6.3ミリ標準プラグアダプター、キャリングケース

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう