レビュー
» 2014年03月06日 17時53分 UPDATE

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:iPhoneにちょっと変わった着信音を――「RingRingTone」

「RingRingTone」は、写真素材集などの販売で知られるデータクラフトが提供するiPhone用の着信音アプリだ。元から収録されている着信音に物足りなさを感じている人にオススメ。

[片岡義明,ITmedia]

 「RingRingTone」は、写真素材集などの販売で知られるデータクラフトが提供するiPhone用の着信音アプリだ。760点以上の着信音ライブラリを収録しており、「おもしろ」「ネイチャー」「ベル・アラーム」「ワンフレーズ」「ミュージック」などカテゴリごとに好きな着信音を探せる。

ts_ringring01.jpgts_ringring02.jpgts_ringring03.jpg 「RingRingTone」のメインメニュー(左)。「おもしろ」と「ネイチャー」(中、右)

 例えば「おもしろ」カテゴリでは、「高圧電流」「おかしな機械」「ひらひら落ちる」「マシンガン」「リール巻き上げ」「酔っぱらい」「軽いギャグでオチました」などユニークな効果音を収録している。「ネイチャー」では、「鳥のさえずり」や「川のせせらぎ」などの落ち着ける音から「雷鳴」「急流」など激しい音も収録。「ベル・アラーム」では時計や電話の音のほか、クラクションやサイレン、クイズの音といったものもある。

ts_ringring04.jpgts_ringring05.jpgts_ringring06.jpg 左から「ベル・アラーム」「ワンフレーズ」「ミュージック」

 「ワンフレーズ」には、多彩な楽器や映画の効果音を収録。「ミュージック」は、クラシックからロック、ポップス、ソウル、ワールドミュージックまで幅広い。着信音に設定したい音を見つけたら、★マークをタップすれば「マイリスト」に登録される。

 着信音に設定する場合は、PCに接続してiTunesのiPhoneを選択し、「App」の「ファイル共有」を使用して、マイリストに登録した着信音ファイルをiTunesライブラリに「着信音」として保存する。iTunesとiPhoneを同期させてから、iPhoneの設定画面において着信音を設定すれば完了だ。

 このほか前述した5つのカテゴリとは別に、メニュー下部の蚊のイラストをタップすると、高周波のノイズを収録した「モスキート音」を聴ける。加齢とともに聞こえにくくなっていくという高周波の音を、年齢別に分けて収録したもので、10秒の長さで3秒ー0.5秒−0.5秒−5.5秒と鳴る。「聴こえたら18才耳」「聴こえたら25才耳」「聴こえたら30才耳」「聴こえたら40才耳」「聴こえなかったら耳鼻科へGO」の5種類から選択可能なので、自分の“耳年齢”をチェックしてみてはいかがだろうか。

 このほか、RingRingToneでは、iPhoneのストレージに保存されている音楽からオリジナルの着信音を作成することもできる。下部メニューから「作成」を選んで曲を選択し、曲を再生しながら開始地点と音の長さを設定するだけで簡単に音を切り出せる。また、フェードイン・フェードアウトをそれぞれ3段階から調整して入れることも可能だ。作成した着信音はマイリストに保存すれば、ほかの着信音と同様にiTunes経由でiPhoneに着信音として登録できる。

ts_ringring07.jpgts_ringring08.jpgts_ringring09.jpg 「モスキート音」を聴くメニューもある(左)。マイリスト(中)。iTunes経由でiPhoneに転送して着信音に追加する(右)

ts_ringring10.jpgts_ringring11.jpg 着信音の作成画面(左)、動画でのヘルプも用意(右)

 簡単な操作でオリジナル着信音を作れるこの機能はとても便利だが、収録されている着信音素材の数がとにかく豊富なので、これらをひとつひとつ聴いていくだけで、かなり楽しめるはず。iPhoneに元から収録されている着信音に物足りなさを感じている人にオススメだ。

  • RingRingTone(App Store)100円
os_iphoneapp01.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.