ニュース
» 2014年03月17日 21時49分 UPDATE

2番組同時の長時間録画に対応――日立“Wooo”から「G2シリーズ」など5製品

日立リビングサプライが、液晶テレビ“Wooo”の新製品を発表。2番組同時の長時間録画に対応したハイエンドモデルのほか、シンプルなパーソナルサイズもラインアップした。

[ITmedia]

 日立リビングサプライは、液晶テレビ“Wooo”の新製品として、

ハイエンドモデルの「G2シリーズ」4機種、およびエントリーモデル「N2シリーズ」1機種を3月から4月にかけて順次発売する。

ts_hitachi01.jpgts_hitachi02.jpg 「G2シリーズ」の55V型「L55-G2」(左)。N2シリーズの19V型「L19-N2」(右)

型番 L55-G2 L47-G2 L42-G2 L32-G2 L19-N2
シリーズ G2シリーズ N2シリーズ
画面サイズ 55V型 47V型 42V型 32V型 19V型
価格(※) 39万円 32万円 25万円 12万円 4万8000円
発売時期 4月 3月 4月
※いずれも税抜き

2番組同時の長時間録画に対応

 「G2シリーズ」は、広視野角のIPSパネルとLEDバックライトを採用し、録画機能も充実させたハイエンドモデルだ。32V型から55V型までの4サイズをラインアップした。

ts_hitachi03.jpg 42V型の「L42-G2」

 いずれのモデルも搭載チューナーは地上デジタル3基、BS/110度CSデジタルが2基。外付けHDDなどに2番組の同時録画が可能だ。またトランスコーダーの「Xcode-HD」を搭載したことにより、2倍、4倍、8倍の長時間録画にも対応した。2系統のUSB端子を備えており、外付けHDDのほかに別売のiVDR-Sアダプター(カセットHDDを利用可能、最大2台)を接続することもできる。

 このほか、DLNA/DTCP-IPのサーバ/プレーヤー機能やスマートフォン/タブレットからのリモート操作、多彩なネットサービスにも対応する。HDMI入力は4系統(ARC対応)。ほかにD4端子を含む2系統のビデオ入力、アナログRGB(ミニD-Sub 15ピン)入力などを備えた。

 また日立リビングサプライでは、G2本体に“録画キット”「RHDM-HD1TH」(2万5000円)をセットにした「G2録画セット」も発売する予定。録画キットには、アイ・オー・データ製の1Tバイト外付けHDDと、iVDR-Sアダプター(カセットHDD自体は別売)、そして専用マウンターとUSB 2.0ケーブル2本などが含まれている。専用マウンターを使えば、テレビ背面にHDDなどを取り付けることができるのが特長。なお、録画セットは「日立チェーンストール」(地域家電小売専門店)の取り扱いとなる。

シンプルな19V型も

 一方のN2シリーズは、シンプル&スタイリッシュがコンセプトのベーシックな録画テレビ。USB外付けHDD(別売)を追加すれば、手軽に録画できる。

 チューナーは地上デジタル/BSデジタル/CS110度デジタルが1基のため、留守録のみで長時間録画もサポートしていない。ただし、USB端子は上位機と同様に2系統あり、2台の外付けHDDを同時に接続可能だ。例えば2TバイトのHDDを2台接続すると、地デジ番組なら合計で約500時間も録画できる。なお、iVDRアダプターには非対応となっている。

 液晶パネルはVA方式のWXGA(1366×768ピクセル)。HDMI入力は3系統(ARC対応)を用意した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.