ニュース
» 2014年03月18日 20時21分 UPDATE

銀座ソニービルで「Life Space UX Exhibition」――4K超短焦点プロジェクターも国内初公開

ソニーが東京・銀座のソニービルで「Life Space UX Exhibition」を開催。4K超短焦点プロジェクターも国内初公開する。

[ITmedia]

 ソニーは3月19日から4月13日まで、東京・銀座のソニービルで「Life Space UX Exhibition」を開催する。1月の「2014 International CES」で発表した「Life Space UX」製品群を国内で初めて公開するイベント。入場は無料だ。

ts_ux01.jpg 4K超短焦点プロジェクター(イメージ)

 「Life Space UX」は、空間そのものを活用して体験を創出するという、新たなコンセプト。例えば、普段はなにもないリビングルームの壁に大画面・高精細の映像を出現させる「4K超短焦点プロジェクター」や、食卓の表面に高品位な映像を映し出して大きなタッチスクリーンとして使用する「テーブルトップスクリーン」のほか、「天井プロジェクター」や「ミラーディスプレイ」といった商品群が開発されている。同イベントでは、各製品を実際に体験できるほか、約15分で各製品を紹介するツアーも行う。

ts_ux02.jpgts_ux03.jpg テーブルトップスクリーン(左)とウォールディスプレイ(右)

イベント名 Life Space UX Exhibition
開催期間 3月19日(水) 〜 2014年4月13日(日)
開催時刻 11:00 〜 19:00
場所 銀座 ソニービル 8F コミュニケーションゾーンOPUS(オーパス)
入場料 無料

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.