ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年04月01日 21時19分 公開

フルテック、DSD 5.6MHz再生も可能なポータブルヘッドフォンアンプ「ADL A1」

フルテックは、「ADL」(ALPHA DEGIGN LABS)ブランドの新製品として、DAC機能を搭載したポータブルヘッドフォンアンプ「ADL A1」を発売する。Androidスマートフォンとのデジタル接続も可能。

[ITmedia]

 フルテックは、「ADL」(ALPHA DEGIGN LABS)ブランドの新製品として、DAC機能を搭載したポータブルヘッドフォンアンプ「ADL A1」を発表した。価格は4万9800円。

「ADL A1」

 3種類の入力を備えた多機能ポータブルヘッドフォンアンプ。一部Androidスマートフォンやタブレットとのデジタル接続(USB経由)に加え、光デジタル入力(最大192kHz/24bit)、さらにPC(Mac/Android)と接続してUSB-DACとしても利用できる。

 DACチップとしてシーラスロジックの「CS4392」を搭載。最大192kHz/24bitのPCM系ファイルやDSDファイル(2.8Mhz、5.6MHz)の再生が可能だ。さらに光デジタル出力も備えており、Android端末やPCから入力したデジタル信号を変換するDDCとしても利用できるという。ただし、光出力は最大48kHz/16bitまでとなる。内蔵バッテリーによる連続駆動時間は約7.5時間。

 ボディーはアルミパネルとABS製で、裏面にはラバー素材を使用した。外形寸法は68(幅)×118(奥行き)×16.5(厚さ)ミリ。重量は約150グラム。ヘッドフォン出力を2つ用意しているため、友人などと音楽をシェアして聴くこともできるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.