ニュース
» 2014年04月17日 22時46分 UPDATE

DSD 5.6MHz再生にHDCP 2.2対応、オンキヨーが中級AVアンプ新製品「TX-NR838」

オンキヨーは、7.1ch対応AVアンプの新製品「TX-NR838」を発売する。DSD 5.6MHzのネットワーク再生に対応する。

[ITmedia]
ts_onkyomiddle02.jpg 「TX-NR838」

 オンキヨーは4月17日、7.1ch対応AVアンプの新製品「TX-NR838」を発表した。5月下旬に発売する予定だ。価格は13万円(税別)。

 3月に発表したエントリーモデル「TX-NR636」に続いてDSD 5.6MHzのネットワーク再生に対応した上位モデル。DACはTI製の192kHz/24bit対応チップ。USBメモリに記録したDSD 2.8MHz、FLAC/WAVなどの再生も可能だ。BluetoothやWi-Fiも内蔵し、楽曲のワイヤレス再生やインターネットラジオ(Radiko.jp、Tunein)、リモコンアプリ「Onkyo Remote」にも対応した。

 内蔵パワーアンプは各チャンネル145ワット(6オーム、定格出力)。3段インバーテッドダーリントン回路や特許技術の「VLSC」を投入したほか、スピーカーのドライブ力をアップさせるため強力な電源回路「H.C.P.S」を採用している。

 HDMI入力は7系統で、出力は2系統。4K/60p伝送(YCbCr 4:2:0)に対応するほか、最新の著作権保護技術HDCP 2.2もサポートしている。

ts_onkyomiddle01.jpg フロントパネルは制振性に優れたアルミ素材を採用している

 本体サイズは、435(幅)×198.5(高さ)×400(奥行き)ミリ、重量は15.5キログラム。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.