ニュース
» 2014年05月14日 16時02分 UPDATE

春のヘッドフォン祭での予想的中:英iFI-Audioの「nano iDSD」と「micro iDSD」がDSD 256に対応へ

トップウイングは5月14日、英iFI-Audio製のポータブルヘッドフォンアンプ「nano iDSD」、ポータブルDAC「micro iDSD」(今夏発売予定)の2製品をDSD256(11.2MHz、12.4MHz)に対応させることを発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 トップウイングは5月14日、英iFI-Audio製のポータブルヘッドフォンアンプ「nano iDSD」、ポータブルDAC「micro iDSD」(今夏発売予定)の2製品をDSD 256(11.2MHz、12.4MHz)に対応させると発表した。

hm_if01.jpghm_if02.jpg 対応フォーマットロゴ郡イメージ図(写真=左)、ポータブルヘッドフォンアンプ「nano iDSD」(写真=右)

 micro iDSDについては発売時より対応する。一方、昨年12月に発売済みのnano iDSDについては、新ファームウェアを導入し、新バージョンのドライバー2.20(Windows用のみ、Mac OSは必要ない)を使用することにより再生可能になる。新ファームウェアの提供は5月末までに開始する予定だ。

 またASIOに対応することにより、DSDネイティブ再生方式をASIO2.2、DoPのどちらかに選択可能になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう