ニュース
» 2014年05月19日 17時13分 UPDATE

ウォールナット材の外装がシブい:ベスタクス、木製ボディのBluetooth対応小型オーディオ「VMA-10A」

ターンテーブルなどのDJ機材で有名なベスタクスが家庭用オーディオ機器市場に参入した。第1弾となる製品は木製ボディが落ち着いた雰囲気を演出するオーディオユニットだ。

[ITmedia]

 ベスタクスはオーディオユニットの新製品「Vesta Audio VMA-10A」を発売した。価格は2万7500円(税別)。ウォールナット材をふんだんに使ったボディと、Bluetoothで携帯音楽プレーヤーなどと通信する機能を備えている点が特徴だ。

hs_vestax_1.jpg ベスタクスの「Vesta Audio VMA-10A」。アンプと2つのスピーカーは分離している。どちらも落ち着いた色のウォールナット材を外装に使用している

 アンプ、スピーカーともに外装にはウォールナット材を採用している。ウォールナット材はギターなどの弦楽器の材料として使うことも多い、音響特性に優れた木材だ。ベスタクスはかつて入手したウォールナット材を国内で長期保管、乾燥させ、今回の製品に使用した。

 アンプの出力は7ワット×2。スピーカー出力端子は左右ともに2つずつ(+と−)。外部入力端子はステレオミニ端子のみ。無線通信はBluetooth 2.1 + EDRに、プロファイルはA2DPに対応している。SBC、MPEG-1、AAC、ATRACの4種類のコーデックが使用できる。アンプの外形寸法は54(幅)×107(高さ)×64(奥行き)ミリ。重量は300グラム。

 スピーカーは直径40ミリのフルレンジユニットを搭載しており、裏側にあるアンプとの接続端子にはバナナプラグも使用できるものを採用している。スピーカーケーブルは業界内で評価が高いオヤイデ電気の製品が付属する。外形寸法は67(幅)×107(高さ)×64(奥行き)ミリ。重量は340グラム。

hs_vestax_2.jpg 「Vesta Audio VMA-10A」の裏面。アンプの入力端子がステレオミニ端子しかないことが分かる

関連キーワード

スピーカー | オーディオ | Bluetooth | 木製


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.