ニュース
» 2014年05月21日 18時17分 UPDATE

「フレッツ・テレビ」および「スカパー!プレミアムサービス光」の商用ネットワークを用いた4K/60p映像伝送の成功

スカパーJSAT、NTT東日本、NTT西日本、NTTの4社は5月21日、「フレッツ・テレビ」及び「スカパー!プレミアムサービス光」の商用ネットワークを用いた4K/60p映像伝送と複数台のテレビ視聴に成功した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 スカパーJSAT、NTT東日本、NTT西日本、NTTの4社は、「フレッツ光」を利用し「フレッツ・テレビ」および「スカパー!プレミアムサービス光」の商用ネットワークを用いた4K/60p映像伝送と複数台のテレビの同時視聴に成功した。将来的に「フレッツ光」1回線を通じて複数台のテレビで4K映像などを視聴することが可能になるという。

hm_sk01.jpg 「フレッツ光」を利用し「フレッツ・テレビ」および「スカパー!プレミアムサービス光」の商用ネットワークを用いた4K/60p映像伝送と複数台のテレビの同時視聴に成功した構成イメージ図

 また「フレッツ光」は、映像とインターネット通信を独立して伝送する特徴を持つため、4K映像の視聴と同時にインターネットを利用しても、インターネットの通信に遅延などの影響を与えることなく、高品質な4K映像を視聴することが可能だ。4K/60p映像の仕様は、エンコードはH.265/HEVC、AACで映像データレートは35Mbps、音声データレートは128kbps(→詳細記事)。

 なお、今回実現した内容を、NTT東日本エリアにおいては「光HOUSE新宿」にて5月31日から6月11日まで、NTT西日本エリアにおいては「グランフロント大阪」にて6月27日から6月29日までの期間限定で展示される。

hm_sk02.jpg 既存のHDサービスと同時に伝送した4K映像の仕様

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.