ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東日本」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東日本」に関する情報が集まったページです。

モバイルSuicaで総額1000万ポイントが当たるキャンペーン JRE POINTへの新規登録+エントリーで
JR東日本は、3月1日から「モバイルSuicaでポイントどーん!キャンペーン」を開催。キャンペーン期間中にモバイルSuicaでJRE POINTへ新規登録すると、抽選で総額1000万ポイントが当たる。期間は4月30日まで。(2024/2/27)

ネットで「障害者割引乗車券」「車椅子対応指定席」を予約可能に JRのきっぷ予約サイト「えきねっと」「e5489」で
JR東日本とJR西日本が、それぞれ自社のきっぷ予約サイトにおいて「障害者割引乗車券」「車椅子対応指定席」の予約に対応する。障害者割引乗車券の予約は、マイナンバーカードを取得した上で「マイナポータル」と連携させる必要がある。(2024/2/20)

普通列車が“連続する7日”乗り放題となる「北海道&東日本パス」、JR東日本とJR北海道が発売
価格は大人1万1330円、小児5660円。発売期間は2月20日〜4月16日。利用期間は3月1日〜4月22日。(2024/2/19)

プラレール65周年記念! JR東とタイアップした「プラレールスタンプラリー」開催
「JR東日本 プラレールスタンプラリー2024〜プラレール65周年記念〜」を4月5日から開催。(2024/2/18)

バーチャルな電車内での買い物需要を確かめる JR東日本、KDDIらが実証実験
バーチャルな電車内での買い物需要を確かめる──そんな実証実験が2024年2月14日に始まった。本実証は、JR東日本主催のWaaS共創コンソーシアムの実証活動の取り組みの1つ。JR東日本、JR東日本商事、KDDIが行う。(2024/2/15)

バーチャルな電車の中で「これ欲しい」 鉄道古物販売の新スタイル、JR東日本が実証実験中
JR東日本は14日、3Dモデルとして内部を再現したバーチャルな電車の中で、利用者が欲しい物を指定するという、鉄道古物販売の新しい仕組みの実証実験を始めた。(2024/2/15)

新幹線や特急も利用可 首都圏から北陸へ乗り放題「応援フリーきっぷ」発売、JR東日本
販売は2月15日から。4日間有効で2万円と破格。(2024/2/14)

d払い、モバイルSuicaへのチャージに対応 dポイントももらえる Android版で
NTTドコモと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、ドコモのキャッシュレス決済サービス「d払い」のAndroidアプリと、JR東日本「Suica」の連携を開始した。これにより、Android版d払いアプリからSuicaの新規発行やチャージが可能となる。(2024/2/13)

65周年の「プラレール」、累計1962種類 SNSで挑戦状企画も実施
タカラトミーは13日、青いレールをつなぎ電車を走らせる鉄道玩具「プラレール」の65周年を記念したプロジェクトを開催すると発表した。公式アンバサダーやファンがプラレールからのお題を説いて、SNSで発信する「プラレールからの挑戦状」や、JR東日本とコラボしたスタンプラリーなどを実施して盛り上げる。(2024/2/13)

メカ設計ニュース:
会社ではノートPC、現場ではタブレット――CAD利用者の要求に応える2in1PC
デル・テクノロジーズは、JR東日本メカトロニクスが“働き方改革”の一環として、2in1型ノートPC「Dell Latitude 7430 2-in-1」を導入したことを発表した。(2024/2/8)

JR東が新たなベンチャーキャピタル設立 アドテク・物流などに最大50億円投資 シンガポールで
JR東日本が、シンガポールを拠点とする新たなコーポレートベンチャーキャピタルを、同月下旬に設立すると発表した。アドテクや物流など、JR東の事業とシナジーを見込める海外スタートアップに最大50億円を投資するという。(2024/2/7)

JR京葉線ダイヤ改正 JR東日本の社長「私どもの思いが(沿線自治体に)至らなかった」
JR京葉線(東京―蘇我)の通勤快速などを廃止する3月16日のダイヤ改正問題を巡り、JR東日本の深沢祐二社長は6日の定例会見で、「ダイヤを変更するのは極めて異例だが、私どもの思いが(沿線自治体に)至らなかった」と述べた。(2024/2/6)

単1形〜単4形の電池どれでも使えるパナソニックの懐中電灯に注目集まる 東日本大震災で突きつけられた「課題」克服
課題を克服するための仕組みとは。(2024/2/4)

ラジオ離れとコスト増で民放ラジオはどうなる? 東日本3局の舞台裏
AMラジオ放送局でリスナーが減少し、経営が厳しくなる中、放送をコスト負担が重いAMから、比較的負担が軽いFMへ転換する動きが進んでいる。(2024/1/27)

電力供給サービス:
卒FIT風力を活用したオフサイトPPA契約、JR東日本が東北初の事例に
JR東日本が東北電力と卒FIT風力を活用したオフサイトPPA契約を締結。仙台市にあるJR東日本の東北本部ビルに供給する。(2024/1/25)

東北大 高田教授が語る:
東日本大震災からの復興の象徴に――次世代放射光施設「ナノテラス」にかける思い
世界最高レベルの高輝度放射光施設として注目を集める「NanoTerasu(ナノテラス)」。2024年4月の本格稼働を前に、ナノテラス実現の立役者である東北大学 国際放射光イノベーション・スマート研究センター 高田昌樹教授に、ナノテラスの概要や誕生の背景を聞いた。(2024/1/30)

災害時の情報取得、ネットにつながらない場合はどうすべき? スマホで「FMラジオ/ワンセグ」の現状
「災害のときはラジオ大事」「東日本大震災のときはワンセグで津波のニュース映像を見た」──。1月1日16時過ぎに起きた能登半島地震の数日後、X(旧Twitter)でこのような投稿が目立った。震災時にネットが使えない場合、どうすべきかを考えた。(2024/1/24)

JR東日本、通学定期の証明書確認を1回だけに 新規購入時のみ確認し卒業まで省略
継続購入時の証明書提示が不要になります。(2024/1/22)

『幼稚園』の付録にNTT東日本とコラボした「公衆電話」が登場! その狙いとは?
令和に似合わないアイテムを付録にした理由を聞いてみました!(2024/1/17)

JR支社長、京葉線ダイヤ改正発表後見直し「厳しい意見いただいた」「前例のない対応」
3月16日のJR京葉線(蘇我−東京)のダイヤ改正問題で、JR東日本千葉支社の土沢壇支社長は15日、千葉市役所で神谷俊一市長と面会し、早朝に限り、上り快速電車の運行を継続することを伝えた。(2024/1/15)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
2024年春ダイヤ改正、どうなる首都圏の通勤事情
3月16日、2024年のJRダイヤ改正が行われる。最大のトピックは北陸新幹線の金沢〜敦賀間延伸開業だ。運賃制度にも変更がある。今回はJR東日本のダイヤ改正を中心に、首都圏の通勤通学環境の変化を見ていこう。(2024/1/13)

JR京葉線のダイヤ改正で強まる反発 識者「総武線快速への負担が高まり、混雑も予想」
JR東日本が発表した来春のダイヤ改正を巡り、京葉線(東京−蘇我)の快速の本数が縮小されることに千葉県の沿線自治体が強く反発し、波紋を呼んでいる。(2023/12/29)

雑誌「幼稚園」の付録にほぼ実物大の「こうしゅうでんわ」 NTT東日本が協力 テレカ付き
小学館は25日、雑誌「幼稚園」の4・5月号の付録が、NTT東日本の協力による「こうしゅうでんわ」になると明らかにした。(2023/12/25)

Mobile Weekly Top10:
JRの首都圏「普通列車用グリーン券」の料金が2024年3月に改定 長距離乗ると高くなることも気になるが……
JR東日本が、首都圏で運行している「普通列車グリーン車」のグリーン料金の体系を見直すことになりました。休日に乗車する人や、101km以上乗車する人にとっては値上げとなることがポイントなのですが、私(ランキングをまとめる人)的にはもっと気になることが……。(2023/12/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
JR東海、JR東日本、JR西日本、JR貨物がチャレンジする次世代エネルギー 実現までは遠くても、やらねばならぬ
JR東海が12月18日、鉄道車両向け燃料電池の模擬走行試験を報道公開した。燃料は水素で大気中の酸素と反応して発電する。燃料電池は水だけが出て二酸化炭素などは発生しないため、脱炭素動力の切り札ともされる。水素エネルギーへのJR4社の取り組みを紹介し、鉄道にとっての「水素」を考えてみたい。(2023/12/24)

JR千葉支社長「混雑の平準化」「利便性が高まる」 京葉線の快速縮小を説明
JR東日本千葉支社の土沢壇支社長は22日の定例記者会見で、JR京葉線(東京−蘇我)の朝と夕方以降の通勤快速と快速が各駅停車に切り替わる来春のダイヤ改正について「『より便利に使いやすく』を目的に改正した」と説明した。(2023/12/22)

JR東日本が首都圏の「普通列車グリーン券」の料金体系を見直し 2024年3月16日から
JR東日本の首都圏エリアにおける「普通列車グリーン券」の料金体系が見直される。乗車する日や事前購入の有無による料金差がなくなる代わりに、グリーン券の購入方法によって料金差が生じるようになる。(2023/12/15)

ディズニー40周年を記念 東北新幹線で“キャラクター車両”が登場
JR東日本とオリエンタルランドは、東京ディズニーリゾート40周年イベントのグランドフィナーレを記念し、特別車両「Magical Dream Shinkansen」を運行する。(2023/12/15)

IOWNの低遅延はどれだけ“リアルタイム”なのか 「IOWN WEEK」イベントで見えた実力
NTTグループ(日本電信電話、東日本電信電話、NTTドコモ)、東急不動産は次世代通信構想「IOWN」の技術を使ったイベント「IOWN WEEK」を東京・渋谷で開催した。対象は事前に招待された関係者や報道陣。3社が6月7日に合意した「IOWN 構想に関連した技術・サービスなどを活用した新たなまちづくりに向けた協業」に関する最初の取り組みとなる。(2023/12/14)

「グランスタ東京」限定、手土産スイーツ売上ランキング 1位は?
JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニーは、東京駅改札内エキナカ商業施設の「グランスタ東京」にて、「東京駅限定手土産(スイーツ)売上TOP10」を発表した。(2023/12/12)

駅のアナウンスを聞き取りやすくするシステムを本格稼働──JR東日本とパナソニック
JR東日本とパナソニック コネクトは11日、駅の構内アナウンスを聞き取りやすくする放送装置を発表した。さいたま新都心駅のコンコースで11日から本格稼働する。(2023/12/11)

JR東日本、1日1万円の平日限定乗り放題パスを期間限定で販売 新幹線も含めて乗り降り自由
「旅せよ平日!」企画の一環。(2023/12/6)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
迫るEDIの2024年問題 トレンドの移行先「クラウドEDI」の基本や学び方、導入のコツ
NTT東日本とNTT西日本が提供しているINSネット(ディジタル通信モード)サービスが2024年初頭に終了する。人気の移行先「クラウドEDI」を導入するにあたって、企業が知るべき情報を紹介する。(2023/12/4)

Suicaで3万円の買い物をすると、3万円相当のJRE POINTを還元 抽選で1000人に
JR東日本(東日本旅客鉄道)は11月28日、SuicaとモバイルSuicaに関するキャンペーンを発表した。本キャンペーンは条件を満たすと、3万円相当のJRE POINTを進呈する。期間は12月1日〜2024年1月8日。(2023/11/28)

ソフトバンク、固定電話サービスでまた障害 東日本エリアの一部に影響【復旧】
18〜19日にも障害が発生していました。(2023/11/20)

ソフトバンクの固定電話サービスで再び障害 東日本エリアで発着信がしづらい状況に 緊急通報は携帯電話か公衆電話で【回復済み】
11月18〜19日に続いて、ソフトバンクの固定電話サービスが東日本エリアにおいて発着信できない/しづらい状況となっている。同社では復旧を進めると共に、原因を調査している。【更新】(2023/11/20)

ソフトバンクの固定電話で通信障害 東日本エリアで発着信しづらい状況に 緊急通報は携帯電話や公衆電話で【回復済み】
ソフトバンクの固定電話サービス(おとくライン、おとく光)において通信障害が発生。18時現在も、東日本エリアの一部において緊急通報を含む電話の発着信がしづらい状況となっている。【更新】(2023/11/18)

JR東日本が「モバイルSuica」を使った電子チケットを試行 フリー乗車区間の利用分は“キャッシュバック”で対応
JR東日本が、モバイルSuicaを使った電子チケットサービスを試行する。カード側には情報を載せずに、いったん引き去ったプリペイド残高を後からキャッシュバックする形で形式上「フリー乗車」を可能とする。(2023/11/17)

JR山手線、週末に一部区間で終日運休 18日外回り、19日内回りの「大崎ー渋谷ー新宿ー池袋」 経路アプリは迂回対応
JR東日本は、渋谷駅のホーム拡幅工事のため、11月18日に外回り、19日は内回りの「大崎ー渋谷ー新宿ー池袋」間を終日運休とする。 (2023/11/17)

製造業IoT:
Matter対応ゲートウェイとソフトウェアサービスを共同開発
東日本電信電話はJIG-SAWと業務提携し、スマートホームの世界標準規格「Matter」対応のゲートウェイとソフトウェアサービスを共同開発する。(2023/11/15)

JR新宿駅、混雑を抑制する「ラウンドアバウト歩行」2度目の実験 定着目指して長期化、案内は派手に
JR東日本は9日、新宿駅南口で歩行者が一方向に動くことで安全でスムーズな乗り換えにつなげる「ラウンドアバウト歩行」の2度目の実証実験を行うと発表した。(2023/11/10)

ハンバーガー店「ベッカーズ」37年の歴史に幕 最盛期には約40店舗、SNSで惜しむ声
JR東日本クロスステーションが展開していたハンバーガー店「ベッカーズ」で、現在も営業を続けている唯一の店舗だった柏店が11月22日を最後に閉店することになり、37年間続いたブランドに幕を下ろすことになった。(2023/11/9)

地下の通信用光ファイバーで道路の振動を計測、除雪判断をDX化 NTTなど実証
地下に敷設された通信用光ファイバーとセンシング技術を使い、豪雪地帯で道路の除雪タイミングを判断する作業のDX化実験に世界で初めて成功したと、NTTとNTT東日本、NECが発表した。(2023/11/9)

聖橋口駅舎内に:
JR御茶ノ水駅に商業施設「エキュートエディション御茶ノ水」誕生 特徴は?
JR東日本クロスステーション デベロップメントカンパニー12月3日、同日に使用を予定しているJR中央線「御茶ノ水駅」の新しい聖橋口駅舎内に、エキナカ商業施設「エキュートエディション御茶ノ水」を開業する。(2023/11/9)

JR東日本のハンバーガー店「ベッカーズ」が完全消滅へ かつては約40店舗出店も……「本当に悲しい」惜しむ声
37年の歴史に幕。(2023/11/7)

NTT東、ローカル5Gの共創プロジェクト立ち上げ 国内外の通信機器ベンダーら18社が参画
NTT東日本は、ローカル5Gの機器の相互接続やユースケース実証を行う新たな共創プロジェクトの立ち上げを発表。国内外の通信機器ベンダーら18社が参画し、ローカル5Gの普及や拡大を促進していく。(2023/11/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ中央線は「グリーン車」を導入するのか 2つの“布石”が見えてきた
JR東日本が中央線快速電車に導入するグリーン車を、2024年度末の導入に向けて報道公開した。グリーン車は日本の鉄道の上級座席だが、なぜ上級座席があるのか。中央線快速電車のグリーン車導入を、大手私鉄の通勤用着席サービス列車と並べた報道もあったけれど、経営施策としては意味合いが違う。(2023/10/28)

クラシコムも入居:
木造商業ビル「nonowa国立SOUTH」24年春開業、特徴は?
JR東日本グループのJR中央線コミュニティデザインは2024年春、国立駅南口にJR東日本グループ初の木造商業ビル「nonowa国立SOUTH」を開業する。(2023/10/18)

呪術廻戦×ビックリマンコラボ第2弾! 「呪術廻戦マンチョコ2」が東日本で先行発売 「夏油フェニックス」など全24種
前回のコラボでは「スーパー夏油デビル」でした。(2023/10/13)

JR東日本のエキナカ自販機で「白湯」を発売 「From AQUA」シリーズに“温かいミネラルウォーター”登場
「冷たい」「常温」「温かい」から選べるように。(2023/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。