ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「引退」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「引退」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

『愛してるぜベイべ★★』槙ようこが漫画家引退を発表 りぼんっ子「青春でした」
今年でデビュー20周年を迎えていました。(2019/7/3)

「ミレーヌおかえりなさい!」 声優・櫻井智、突然の引退から約3年ぶりに活動再開 「全ては、私の責任です」と謝罪も
待ってました!(2019/6/1)

「体調が良くなった今、仕事をしていきたい」 小林麻耶が活動再開、過去の引退宣言の真相語る
引退という言葉にはずっと引っかかりがあったもよう。(2019/5/31)

日米通算4367安打:
経営にも通じる、イチローの会見の内容とは
シアトル・マリナーズのイチロー選手が3月21日、現役引退を発表した。日本で9年、アメリカで19年。日米通算4367安打という記録や、日本人野手の大リーグ挑戦のパイオニアとしての貢献は計り知れない。(アタックス研究員・坂本洋介)(2019/4/17)

森昌子、年内で芸能界引退へ「どうか私の我儘を許して下さい」 還暦ツアーがラストステージに
森さん「芸能活動以外の事に時間を使って人生を充実させたい」。(2019/3/25)

ニッチロー、イチロー引退も“生涯イチ宣言” 「一生をかけてモノマネをしていきたい」
最低50歳まではやってほしいな。(2019/3/23)

選手生活→性生活、ファン→パン イチロー引退中継、AbemaTVのAI字幕が誤認識を連発 運営「試験的なため精度まだ実現できていない」
イチロー選手の現役引退会見をAmebaTVがライブ配信したところ、リアルタイム字幕AI「AIポン」の誤訳が話題に【追記あり】(2019/3/22)

イチロー引退会見、「AI字幕」が「ひどい」と話題 「プロ→風呂」「ニューヨーク→入浴」「人望→ちんぼ」……
イチロー選手の現役引退会見。ネットテレビAbemaTVでライブ配信され、音声はリアルタイム字幕「AIポン」でリアルタイムに文字化されたが、間違いが多かった。「プロ」が「風呂」になったり、「ファン」が「パン」になるといった間違いだけでなく、「人望」は「ちんぼ」に……(2019/3/22)

平成が生んだ小さな巨人、獣神サンダー・ライガーが引退決意 2020.1.4の東京ドームがラストマッチ
体の痛みを考えるようになったとのこと。(2019/3/7)

「嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません」 元Dream5の重本ことり、芸能界引退を発表 「AAA」炎上にも触れる
ふむ……。(2019/3/4)

再就職先はまさかの自販機!? 東京メトロ銀座線、引退した車両をリメイクした世界で1台だけの自販機を設置
サントリーとのコラボ企画。(2019/2/23)

“車掌ボイス”も収録:
引退した東京メトロ「銀座線01系」が自販機に変身 車両銘板など往年のデザイン採用
東京メトロが、2017年に引退した「銀座線01系」の部品を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」を発表した。サントリーコーヒーと共同で企画した取り組みで、缶コーヒー「BOSS」を販売する。消費者が自販機に近づくと、東京メトロの現役車掌4人が吹き込んだフレーズが流れる仕組みも取り入れた。(2019/2/22)

猶予期間は必要?:
山口百恵から嵐まで 変わるアイドルの“引き際”
来年末で活動を休止する人気アイドルグループ「嵐」の引き際について、ファンの間で波紋が広がっている。アイドルの引退をめぐっては、絶大な人気を誇りながらも昨年有終の美を飾った安室(あむろ)奈美恵さんや、最後のコンサートでステージにマイクを置いて去った山口百恵(ももえ)さんら印象的なケースも少なくない。ただ、最近は引退や活動休止まで猶予期間を置くなど、引き際のありようも変わってきているようだ。(江森梓、有年由貴子)(2019/2/20)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
地球を12周した、あるスマホの引退
Microsoftが、ついにWindows 10 Mobileのサポート終了日をアナウンスした。2016年から常に海外に持ち歩いていた、筆者のWindows 10 Mobile端末と別れの時が来たようだ。その思い出話を紹介しよう。(2019/1/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
横審の“白鵬口撃”はいかがなものか 国際問題を招く可能性
横綱審議委員会による定例会合で、びっくりするような発言が飛び出した。白鵬と鶴竜の途中休場に対し、「本当にケガ?」などと“疑惑”を投げかけたのだ。引退した稀勢の里には甘く、白鵬と鶴竜にはなぜ手厳しいのか。このままでは……。(2019/1/29)

「ゆっくり身体を休めて」「第二の人生に向かって」 花田虎上、引退決断の稀勢の里にエールを贈る
おつかれさまでした。(2019/1/16)

「今の私があるのは本当に沙保里さんのおかげ」 登坂絵莉、リオ五輪での吉田沙保里との2ショットとともに熱い思いを吐露
多くの選手に影響力を与えた吉田さんが引退。(2019/1/11)

吉田沙保里が現役引退 「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」
本当におつかれさまでした!(2019/1/8)

伝説は第2章へ 谷桃子が年内で芸能界を引退、「前向きな卒業」にねぎらいの声
ゴッドタンの人は同姓同名の別人かと思っていた時期が私にもありました。(2018/12/31)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【後編】:
私が「ドラクエ」から“Vチューバー”アイドルのプロデューサーになった理由
スクエニ取締役の齊藤陽介さんは「ドラクエX」のプロデューサーを引退し、現在は「Vチューバー」アイドルを手掛けている。なぜ、「ドラクエ」から「Vチューバー」のプロデューサーに転じたのか。(2018/12/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか
元貴乃花親方が騒動に巻き込まれている。弟子だった元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、引退することに。この“事件”についてコメントを求められても、元親方は知らんぷり。こうした対応について、関係者からは非難の声が出ていて……。(2018/12/21)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(後編)
幾つもの事件を経験したCSIRTに、出会いと別れの季節がやってきた。引退や成長を経験するメンバーの姿を見守りながら、メイの率いる新生チームは、今日もインシデントに挑む――。CSIRT小説「側線」、最終話。(2018/12/21)

有吉弘行、グループ卒業の指原莉乃に愛あるイジり 「引退かぁ。もう会えなくなると思うと少し寂しいなぁ」
ファン「有吉さんの愛情やね」。(2018/12/16)

「おやすみ、ケプラー」最後のコマンド送信 ケプラー宇宙望遠鏡、引退
「Goodnight」(おやすみ)――NASAは11月17日、宇宙望遠鏡「ケプラー」をシャットダウンする最後のコマンドを15日に送信し、ケプラーが受信したことを確認したと発表した。9年にわたる同望遠鏡の運用が、完全に終了した。(2018/11/20)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
引退危機の横綱、稀勢の里をひそかに苦しめている「真の師匠不在」
またまたである。横綱、稀勢の里が休場した。「もう無理でしょ」「辞めたほうがいいよ」といった指摘がたくさんある中で、なぜ横綱は引退しないのか。その背景に……。(2018/11/17)

引退するカープ新井に、男・黒田が中国新聞に自費掲載した広告が粋 「結局、新井は凄かった」
制作の詳細は、黒田さんの意向によって伏せられています。(2018/11/6)

宇宙望遠鏡「ケプラー」が引退 太陽系外で2600以上の惑星を発見
NASAが宇宙望遠鏡「ケプラー」を燃料切れのために引退させる。(2018/10/31)

「隣にいってあげるから、心配しないで」 江宏傑、現役引退の妻・福原愛に贈ったメッセージが愛情たっぷり
ステキな旦那様だ。(2018/10/24)

「涙が止まりません」「いつかは日本代表の監督」 卓球の福原愛が現役引退を発表、ネットでは第二の人生を後押しするエールも
長い間、お疲れ様でした!(2018/10/22)

「でんぱ組.inc」夢眠ねむが卒業、芸能界引退を発表 手書きのコメントも「アイドル最後の日まで全力で頑張ります」
まじか……。(2018/10/13)

「自分の人生に責任を持ってしっかり生きて」 つんく、吉澤ひとみ引退後初のブログ更新で思いつづる
言葉が届いてほしい。(2018/10/3)

「続きます。続いて欲しい」 “吉澤引退”を受け辻希美、安倍なつみ、中澤裕子がモーニング娘。の未来のため尽力すると決意
OGの中心メンバーが明かす胸中。(2018/10/2)

芸人引退をかけた挑戦 キンコン梶原、YouTuberデビューに相方・西野「応援しない理由は一つもありません」
2019年末までにチャンネルの登録者数が100万人を超えないと芸人を引退することに。(2018/10/2)

スピン経済の歩き方:
それでも貴乃花親方を叩く人たちをつくりだす「事大主義」という病
貴乃花親方が「電撃引退」を発表した。この報道を受けて、あるジャーナリストはこのように解説した。 「まあ、自尊心の強い人ですからね。一兵卒にはなったけれど結果が出なかった。それが我慢できなかったのでしょう」。なぜこのジャーナリストは「印象操作」とも言えるようなコメントをしたのか。その背景には、日本人の根深い問題がからんでいて……。(2018/10/2)

グラドル小林恵美、芸能界引退を発表 「やりきったという気持ち」「とても幸せ」と16年間を振り返る
バカ殿の腰元役キレイだったなぁ……。(2018/10/1)

「自分の弱さと未熟さを知りました」 元モーニング娘。吉澤ひとみ被告が芸能界引退、本人から申し出
本人からの申し出を受けてとのこと。(2018/9/29)

ITはみ出しコラム:
「iPhone SE」の引退にみる “古き良きもの”と決別してきたApple
iPhone XS/XRに注目が集まる中、iPhone SEの引退を惜しむ声もあります。これまでもAppleは“古き良きもの”と決別し、ときに思い切った進化を促してきました。(2018/9/16)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

「嬉しくて涙がこぼれそうでした」 ジャニー喜多川、滝沢秀明の決断に胸中明かす
滝沢さんは年内を持って芸能界を引退。(2018/9/13)

Alibabaのジャック・マー会長引退は2019年9月10日
Alibabaの創業者、ジャック・マー会長が2019年9月10日に退任すると発表した。後任は現CEOのダニエル/ジャン氏。マー氏は2020年まで取締役にはとどまりながら、教育関連のプロジェクトを開始する。(2018/9/10)

Alibabaのジャック・マー会長、10日に引退 NYT報道
Alibaba Group会長のジャック・マー氏が9月10日に引退するとNYTが伝えた。教育分野の慈善活動に集中するという。(2018/9/8)

俳優の五十嵐麻朝、芸能界引退を報告 「いろんな世界を経験したい、後悔したくない」
8月11日から始まる舞台「炎の蜃気楼昭和編 散華行ブルース」が最後の舞台公演となりそうです。(2018/8/9)

「いい加減、海老蔵さんとの記事はやめませんか?」 芸能界引退の小林麻耶、やまない直撃取材に憤慨
新たな第一歩のはずが……。(2018/8/7)

小林麻耶がインスタ開設 ファンへ恩返し「癒されていただきたくて」
3日に芸能界引退を発表していました。(2018/8/6)

「今日からは普通の主婦として」 小林麻耶が芸能界引退を発表 “ワクワク”が止まらない胸中を明かす
ブログ継続はうれしい。(2018/8/4)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
本当はいい人の村田修一が、引退に追い込まれた背景
横浜ベイや巨人で活躍し、現在はBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの村田修一内野手が事実上の引退を明らかにした。輝かしい成績を残した村田に対して、なぜ球界は“スルー”したのか。その背景には誤解があるようで……。(2018/8/3)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
横綱の稀勢の里が引退できない、2つの背景
横綱・稀勢の里の休場が続いている。8場所連続の休場なので「引退」していてもおかしくはないが、なぜか周囲は“寛容”である。その理由は……。(2018/7/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
西野監督の去就はどうなるのか 見え隠れするJFAの思惑
日本代表ロスになっている人も多いだろう。大会終了後、本田圭佑や長谷部誠が代表引退を表明。メンバーの世代交代が進むなか、次期日本代表監督にも注目が集まっている。なぜこうした動きが広がっているかというと、日本サッカー協会の思惑があるようで……。(2018/7/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。