ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「引退」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「引退」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

元なでしこジャパン・大野忍、誰よりも明るく“現役引退”を発表 丸山桂里奈、川澄奈穂美らW杯優勝メンバーがメッセージ
とにかく明るい大野さん。(2020/2/6)

「えっ、もう引退!?」 まだ4年、JR東のリゾート列車「伊豆クレイル」ラストランに驚きの声
2020年6月28日ラストラン。ならば乗りたいレアなやつ「伊豆クレイルBOX号」はご存じですか?(2020/1/31)

東京五輪直前に登場:
“車内快適性”だけじゃない――JR東海の開発者が明かす最新型新幹線「N700S」2つの「真の狙い」
JR東海は700系新幹線車両の引退イベントを2020年3月に実施する。同車両は1999年に営業運転を開始して以来、20年にわたって走り続けてきた。JR東海の開発者が明かす最新型新幹線「N700S」2つの「真の狙い」とは?(2020/1/23)

「タピオカを買いました」「ハマりそうです(ハートマーク)」 獣神サンダー・ライガー、引退して乙女みたいになる
\かわいい!/(2020/1/10)

獣神サンダー・ライガー、超満員の引退セレモニーで有終の美を飾る 棚橋、永田、長州らが“はなむけの言葉”も
おつかれさまでした!(2020/1/7)

近鉄、現役最後の「字幕回転式発車標」引退へ 「うそ、なくなっちゃうの!?」「まだあったのか!」……そもそも字幕回転式発車標って何?
1976年設置、43年モノだそうです。(2020/1/7)

レノボ創業者が引退表明
中国レノボグループは、同社創業者の柳伝志氏が今月末で引退すると発表した。(2019/12/23)

ありがとう「カモノハシ」 新幹線700系の引退イベントが胸熱、激レア「行先表示器字幕」がもらえるツアーも
ラストランは2020年3月8日。最後にぜひ乗っておきたいぞ! という人に「ちょっとしたコツ」あります!(2019/12/12)

Googleさん:
Google創業者コンビの引退は「逃げ」? 彼らはこれから何をやるのか
社内では労使問題、対外的にはプライバシーや独禁法問題が山積みのGoogleとその親会社Alphabetの手綱をスンダー・ピチャイさんに預けたペイジ&ブリンの2人はどこへ行くのでしょう。(2019/12/8)

就職支援サービスも登場:
芸能人にも「セカンドキャリア」を “事務所圧力”に公取委が見解 「転職支援サービス」も
SMAPや「のん」さんの件で話題となった事務所の圧力。公取委も問題視し、新たな策をまとめ始めた。また、活動を続ける場合だけでなく、引退後の「セカンドキャリア構築」も課題になっている。そんな中、新たに登場した“エージェント”サービスも。(2019/11/29)

「AlphaGo」と対戦したプロ棋士・李世ドル氏が引退 「囲碁AIには勝てない」
米Google傘下のDeepMindが開発した囲碁AI「AlphaGo」と対戦した、韓国のプロ棋士・李世ドル氏が引退。韓国メディアのインタビューに対し、囲碁AI「必死に努力してナンバー1になっても、トップではないことが分かった」と語ったという。(2019/11/28)

「心がポカポカする」「小さい頃を思い出した」 涙の引退「上野動物園モノレール」の暖かい映像に感動の嵐
涙なしでは見られません……。(2019/11/13)

Pythonの生みの親、グイド・ヴァンロッサム氏が職業プログラマーからの引退を表明
(2019/11/2)

ビジネスを通して実現したいこと:
ラグビー選手から起業家へ 前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が示す「セカンドキャリア」の作り方
空前のラグビーブームに沸く一方、まだまだ課題があるのが、選手たちが引退した後の「セカンドキャリア」だ。ラグビー日本代表のキャプテンをかつて務めていた廣瀬俊朗さんは選手たちの「セカンドキャリアの道筋を示したい」と語る。廣瀬さんに、日本代表を率いてきたリーダーシップの秘訣や、引退後のキャリア、起業した経緯について聞いた。(2019/10/20)

さよなら「最強機関車&大物車」 もうすぐ完全引退「EF200」「シキ800」が京都鉄博で特別展示 11月16日から
「パワー」と「ヘビー」で名を馳せた2形式が最後の公開です。(2019/10/18)

「ZOZOの社長を引退し、月に行きたい」 前澤氏が孫社長に相談、裏話明かす
ヤフーとZOZOの記者会見に、ソフトバンクグループの孫社長がサプライズで登場。前澤氏から「新しい人生を過ごしたい」「ZOZOの社長は引退します」など相談を受けていたことを明かした。(2019/9/12)

まだWindows 7で戦っている?:
PR:待ったなしのWindows 10搭載PCへの移行、今選ぶならこのPC
いよいよ、2020年1月にWindows 7の延長サポートが終了する。2009年に登場したWindows 7も10年の時を経て、引退が目前に迫っているわけだ。とはいえ、まだまだ搭載PCを使っている人や企業も多いかもしれない。特に企業内でWindows PCの入れ替えを担当されている方に、最新ビジネスPC選びのポイントを詳しくお伝えしよう。(2019/8/27)

「異界に帰る」 双子VTuber流石乃ルキ・ロキが引退を発表、本業との両立に悩み
向こうでも、どうかお元気で。(2019/8/10)

2019年版中小企業白書を読み解く(3):
中小製造業における経営者の引退で生まれる問題
中小企業の現状を示す「2019年版中小企業白書」が公開された。本連載では、中小製造業に求められる労働生産性向上をテーマとし、中小製造業の人手不足や世代交代などの現状、デジタル化やグローバル化などの外的状況などを踏まえて、4回に分けて紹介している。第3回は、中小企業における世代交代の実態について紹介する。(2019/8/8)

『愛してるぜベイべ★★』槙ようこが漫画家引退を発表 りぼんっ子「青春でした」
今年でデビュー20周年を迎えていました。(2019/7/3)

「ミレーヌおかえりなさい!」 声優・櫻井智、突然の引退から約3年ぶりに活動再開 「全ては、私の責任です」と謝罪も
待ってました!(2019/6/1)

「体調が良くなった今、仕事をしていきたい」 小林麻耶が活動再開、過去の引退宣言の真相語る
引退という言葉にはずっと引っかかりがあったもよう。(2019/5/31)

森昌子、年内で芸能界引退へ「どうか私の我儘を許して下さい」 還暦ツアーがラストステージに
森さん「芸能活動以外の事に時間を使って人生を充実させたい」。(2019/3/25)

ニッチロー、イチロー引退も“生涯イチ宣言” 「一生をかけてモノマネをしていきたい」
最低50歳まではやってほしいな。(2019/3/23)

選手生活→性生活、ファン→パン イチロー引退中継、AbemaTVのAI字幕が誤認識を連発 運営「試験的なため精度まだ実現できていない」
イチロー選手の現役引退会見をAmebaTVがライブ配信したところ、リアルタイム字幕AI「AIポン」の誤訳が話題に【追記あり】(2019/3/22)

イチロー引退会見、「AI字幕」が「ひどい」と話題 「プロ→風呂」「ニューヨーク→入浴」「人望→ちんぼ」……
イチロー選手の現役引退会見。ネットテレビAbemaTVでライブ配信され、音声はリアルタイム字幕「AIポン」でリアルタイムに文字化されたが、間違いが多かった。「プロ」が「風呂」になったり、「ファン」が「パン」になるといった間違いだけでなく、「人望」は「ちんぼ」に……(2019/3/22)

平成が生んだ小さな巨人、獣神サンダー・ライガーが引退決意 2020.1.4の東京ドームがラストマッチ
体の痛みを考えるようになったとのこと。(2019/3/7)

「嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません」 元Dream5の重本ことり、芸能界引退を発表 「AAA」炎上にも触れる
ふむ……。(2019/3/4)

再就職先はまさかの自販機!? 東京メトロ銀座線、引退した車両をリメイクした世界で1台だけの自販機を設置
サントリーとのコラボ企画。(2019/2/23)

“車掌ボイス”も収録:
引退した東京メトロ「銀座線01系」が自販機に変身 車両銘板など往年のデザイン採用
東京メトロが、2017年に引退した「銀座線01系」の部品を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」を発表した。サントリーコーヒーと共同で企画した取り組みで、缶コーヒー「BOSS」を販売する。消費者が自販機に近づくと、東京メトロの現役車掌4人が吹き込んだフレーズが流れる仕組みも取り入れた。(2019/2/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
地球を12周した、あるスマホの引退
Microsoftが、ついにWindows 10 Mobileのサポート終了日をアナウンスした。2016年から常に海外に持ち歩いていた、筆者のWindows 10 Mobile端末と別れの時が来たようだ。その思い出話を紹介しよう。(2019/1/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
横審の“白鵬口撃”はいかがなものか 国際問題を招く可能性
横綱審議委員会による定例会合で、びっくりするような発言が飛び出した。白鵬と鶴竜の途中休場に対し、「本当にケガ?」などと“疑惑”を投げかけたのだ。引退した稀勢の里には甘く、白鵬と鶴竜にはなぜ手厳しいのか。このままでは……。(2019/1/29)

「ゆっくり身体を休めて」「第二の人生に向かって」 花田虎上、引退決断の稀勢の里にエールを贈る
おつかれさまでした。(2019/1/16)

「今の私があるのは本当に沙保里さんのおかげ」 登坂絵莉、リオ五輪での吉田沙保里との2ショットとともに熱い思いを吐露
多くの選手に影響力を与えた吉田さんが引退。(2019/1/11)

吉田沙保里が現役引退 「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」
本当におつかれさまでした!(2019/1/8)

伝説は第2章へ 谷桃子が年内で芸能界を引退、「前向きな卒業」にねぎらいの声
ゴッドタンの人は同姓同名の別人かと思っていた時期が私にもありました。(2018/12/31)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【後編】:
私が「ドラクエ」から“Vチューバー”アイドルのプロデューサーになった理由
スクエニ取締役の齊藤陽介さんは「ドラクエX」のプロデューサーを引退し、現在は「Vチューバー」アイドルを手掛けている。なぜ、「ドラクエ」から「Vチューバー」のプロデューサーに転じたのか。(2018/12/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか
元貴乃花親方が騒動に巻き込まれている。弟子だった元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、引退することに。この“事件”についてコメントを求められても、元親方は知らんぷり。こうした対応について、関係者からは非難の声が出ていて……。(2018/12/21)

スクエニ取締役・齊藤陽介の仕事哲学【前編】:
「ドラクエ」前プロデューサーが考える組織論――切り開いた道は後進に譲り自らは荒野を歩く
「ドラクエX」と「ドラクエXI」のプロデューサーを務めたスクウェア・エニックス取締役の齊藤陽介さんは48歳の誕生日をもってオンラインゲーム「ドラクエX」のプロデューサーを引退した。なぜ「ドラクエ」のプロデューサーに若手を据え、自ら後進に道を譲ったのか。齊藤さんの組織論に迫る。(2018/12/21)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 【最終話】第14話:新生(後編)
幾つもの事件を経験したCSIRTに、出会いと別れの季節がやってきた。引退や成長を経験するメンバーの姿を見守りながら、メイの率いる新生チームは、今日もインシデントに挑む――。CSIRT小説「側線」、最終話。(2018/12/21)

有吉弘行、グループ卒業の指原莉乃に愛あるイジり 「引退かぁ。もう会えなくなると思うと少し寂しいなぁ」
ファン「有吉さんの愛情やね」。(2018/12/16)

「おやすみ、ケプラー」最後のコマンド送信 ケプラー宇宙望遠鏡、引退
「Goodnight」(おやすみ)――NASAは11月17日、宇宙望遠鏡「ケプラー」をシャットダウンする最後のコマンドを15日に送信し、ケプラーが受信したことを確認したと発表した。9年にわたる同望遠鏡の運用が、完全に終了した。(2018/11/20)

戦力外になった後輩に経験伝えたい:
高卒でプロ野球を戦力外 16年後に「公認会計士」になった男の逆転人生
阪神タイガースから戦力外通告を受けたものの、その後公認会計士になった元投手、奥村武博さん(39)。引退した選手が第二の人生で成功できずにトラブルを起こすケースが多い中、いかにして成功できたのか。かつての挫折と、そこから這い上がった経験を聞いた。(2018/11/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
引退危機の横綱、稀勢の里をひそかに苦しめている「真の師匠不在」
またまたである。横綱、稀勢の里が休場した。「もう無理でしょ」「辞めたほうがいいよ」といった指摘がたくさんある中で、なぜ横綱は引退しないのか。その背景に……。(2018/11/17)

引退するカープ新井に、男・黒田が中国新聞に自費掲載した広告が粋 「結局、新井は凄かった」
制作の詳細は、黒田さんの意向によって伏せられています。(2018/11/6)

宇宙望遠鏡「ケプラー」が引退 太陽系外で2600以上の惑星を発見
NASAが宇宙望遠鏡「ケプラー」を燃料切れのために引退させる。(2018/10/31)

「隣にいってあげるから、心配しないで」 江宏傑、現役引退の妻・福原愛に贈ったメッセージが愛情たっぷり
ステキな旦那様だ。(2018/10/24)

「涙が止まりません」「いつかは日本代表の監督」 卓球の福原愛が現役引退を発表、ネットでは第二の人生を後押しするエールも
長い間、お疲れ様でした!(2018/10/22)

「でんぱ組.inc」夢眠ねむが卒業、芸能界引退を発表 手書きのコメントも「アイドル最後の日まで全力で頑張ります」
まじか……。(2018/10/13)

「自分の人生に責任を持ってしっかり生きて」 つんく、吉澤ひとみ引退後初のブログ更新で思いつづる
言葉が届いてほしい。(2018/10/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。