ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「西日本」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「西日本」に関する情報が集まったページです。

JR西日本、岡山・備後エリアにピンクの新型車両「227系」を導入 Twitterで愛称募集
岡山の桃、福山のバラ、尾道の桜をイメージ。(2022/5/18)

もうからない:
「鉄道がなくなることは、この地がなくなること」 JR西日本ワースト2路線の秘策
100円の収益を得るために、約6600円がかかる区間がある。4月にJR西日本がこう公表したのが、松江市の宍道駅と広島県庄原市の備後落合駅を結ぶJR木次線だ。(2022/5/12)

大阪の新たなランドマークへ:
大阪・心斎橋に高さ132メートルの複合ビル ラグジュアリーブランドやホテルなどを誘致
ヒューリック、竹中工務店、JR西日本不動産開発、パルコは5月10日、4社合同で推進している「(仮称)心斎橋プロジェクト」の計画概要を発表した。(2022/5/11)

豊穏の彩(ほうおんのいろどり):
JR西、岡山・備後エリアに新型車両 シンボルカラーにピンク
JR西日本は、2023年以降に岡山・備後エリアに導入を予定する新型車両(227系近郊形直流電車)のデザインを発表した。(2022/5/11)

「レイバーだ!」「かっこいい」 JR西日本、人型ロボットと融合した工事車両「多機能鉄道重機」開発
安全な地上から高所作業ができるそうです。(2022/4/25)

福岡大名ガーデンシティ:
福岡・天神の小学校跡地に25階建ての複合施設 高層階には「ザ・リッツ・カールトン福岡」が開業
積水ハウスと西日本鉄道などの5社が福岡市で進める「旧大名小学校跡地活用事業」について、施設名称を「福岡大名ガーデンシティ」に決定したと発表した。(2022/4/25)

脱線事故17年:
「電車止めることが職責」 “闇”伝えるJR西の語り部
乗客106人が死亡した平成17年のJR福知山線脱線事故は、25日で発生から17年を迎える。JR西日本では事故後に入社した社員が約6割となり、教訓の継承が喫緊の課題だ。(2022/4/24)

大阪堺市 スマートタウンへ官民連携組織 南海電鉄やNTT西なども参加
堺市は、まちびらきから50年以上がたつ市南部の泉北ニュータウンを“スマートシティ”へ進化させようと、官民連携で検討する組織「SENBOKUスマートシティコンソーシアム」を立ち上げる。府内に本社を置く南海電鉄や大阪ガス、NTT西日本が参加予定で。(2022/4/21)

ヴィアイン赤坂〈茜音(あかね)の湯〉:
JR西、東京・赤坂に大浴場付き「宿泊特化型ホテル」 11月開業
 ジェイアール西日本デイリーサービスネット(兵庫県尼崎市)は、宿泊特化型ホテル「ヴィアイン赤坂〈茜音(あかね)の湯〉」(東京都港区)を開業すると発表した。(2022/4/20)

新工法:
プレキャストセグメント橋で3次元計測技術による出来形管理を実施、鹿島建設
鹿島建設は、西日本高速道路発注の「吉野川大橋工事(徳島南部自動車道 吉野川サンライズ大橋)」で3次元デジタルカメラによる出来形管理を実施した。今後は、3次元デジタルカメラによる出来形管理を、吉野川大橋のようなプレキャストセグメント橋だけでなく、プレキャスト部材を活用した多様な工種に展開することも検討し、より一層の生産性と品質の向上につなげていく。(2022/4/20)

線路への転落を自動検知、JR西が新システム開発
JR西日本は、駅ホームから転落した人を赤外線センサーで自動検知し、電車を止めるシステムを開発したと発表した。検知から5秒程度で運転士に異常が伝わるといい、2022年度中に複数の駅で整備する。自動検知で異常を知らせるシステムは国内初という。(2022/4/14)

100円稼ぐのに経費2万5千円以上 JR西日本赤字路線
厳しい経営環境が続くJR西日本は11日、ローカル線の一部赤字区間の収支状況の公表に踏み切った。従来は都市部などの利益で不採算路線をまかなってきたが、新型コロナウイルス禍で状況は一変。2期連続の最終赤字になる見通しで、すでに大幅な減便や、都市部での運賃値上げを決めている。JR西は「何も前提を置いていない」とするが、廃線を含めた各地域との議論が、今後一気に加速する見通しだ。(岡本祐大)(2022/4/12)

Web会議や打ち合わせに:
JR西、新幹線のぞみで「ビジネスブース」を試験導入
JR西日本は5月9日から山陽新幹線「のぞみ」の車内に、短時間の打ち合わせやWeb会議が可能な「ビジネスブース」を運用すると発表した。(2022/4/9)

1日1杯限定:
1杯150円! ホテルグランヴィア大阪がコーヒーのサブスクを開始
ホテルグランヴィア大阪は4月7日、JR西日本の「ICOCA定期券『プラス』Springキャンペーン」に合わせて、定額制の商品を販売すると発表した。(2022/4/8)

山岳トンネル工事:
山岳トンネルの防水シート張り付けで「長尺スラックシートシステム」を適用、大林組
大林組は、同社が開発した「長尺スラックシートシステム」を、国土交通省発注の「河津下田道路河津トンネル逆川地区工事」と西日本高速道路発注の「松山自動車道 明神山トンネル工事」に続き、茨城県発注の「(仮称)上曽トンネル本体工事(石岡工区)」に適用した。(2022/4/5)

29年度の開業予定:
JR三ノ宮駅に高さ約160メートルの“新駅ビル” 商業施設やホテルなど
JR西日本、UR西日本支社、神戸市がJR三ノ宮新駅ビルや三宮周辺地区の再整備に関する開発方針を発表した。新駅ビルの着工は2023年度、29年度の開業を予定する。(2022/4/1)

全国に散らばる無線APを一元管理!:
PR:NTT西日本グループが提案する製造業DX 無線LAN環境を生かした「リモートファクトリー」のつくり方
西日本豪雨や東日本大震災、そして新型コロナウイルスなど、日本は今まで数々の有事に直面してきた。事前に予測できない非常事態に備える意味でも、デジタル技術を積極的に活用し、製造業DXを推進していくことは“ものづくり大国ニッポン”において急務である。多くの製造業が集中する西日本エリアの通信インフラを支える役割を持つNTT西日本グループ、NTTビジネスソリューションズに製造業DXにおける課題と解決策を聞いた。(2022/3/31)

梅田3丁目計画(仮称):
JR西日本ホテルズとマリオットが新ホテル 大阪駅新改札口に直結、24年夏の開業予定
JR西日本ホテル開発はマリオット・インターナショナル(米国)と提携し、大阪駅西地区で開発が進む「梅田3丁目計画(仮称)」へ新たなホテルを出店すると発表した。(2022/3/29)

4月から:
特急料金がさらに細かく! JR東などが「最繁忙期」を新設した本当の狙いは
JR東日本、JR西日本、JR北海道は4月1日乗車分から、シーズン別の指定席特急料金を改定する。既存の「繁忙期」「通常期」「閑散期」に加え、「最繁忙期」を新設。どんな狙いがあるのだろうか。(2022/3/26)

交通事業者かたるフィッシングメール相次ぐ えきねっと、モバイルSuica、JR西の成り済ましに注意
交通事業者をかたるフィッシング詐欺が相次いでいる。JR東日本の指定券予約サービス「えきねっと」やモバイルSuica、JR西日本をかたる事例が確認されているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けた。(2022/3/25)

Amazon、西日本最大の物流拠点を尼崎に開設 規模は東京ドーム2個分以上
アマゾンジャパンは同社の物流拠点として西日本最大の「アマゾン尼崎フルフィルメントセンター」を兵庫県尼崎市に開設した。商品保管容量は約100万立方フィート、延べ床面積は10万平方メートル以上で、規模は東京ドーム2個分以上という。(2022/3/23)

銚子電鉄にJR西日本が協力! 銚子電鉄の無人駅に設置された新案内端末「Scomm.」とは
無人駅でも最新情報が分かるようになって安心です。(2022/3/22)

STATION BOOTH:
JR東西が提携 大阪駅や金沢駅構内に“JR東のシェアオフィス”設置
JR東日本は、JR西日本と連携し、西日本エリアで個室型シェアオフィス「STATION BOOTH」を展開すると発表した。(2022/3/22)

新駅ビルは25年春に全面開業:
大阪「うめきた地下駅」23年春開業、デジタル技術を集めた”実験場”
JR西日本は、JR大阪駅北側の「うめきた2期」再開発区域に開業する新駅の完成イメージを発表した。(2022/3/17)

通信各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供中 宮城県と福島県での地震で
東北沖で発生した地震の影響で、携帯キャリア各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供している。NTT東日本・NTT西日本は「災害用伝言ダイヤル」を提供中。手持ちの携帯電話やPCなどで安否情報の登録や確認が行える。(2022/3/17)

西鉄が海外事業拡大に布石
西日本鉄道は、東南アジアなどでの住宅開発事業を拡大するため、投資持ち株会社を通じて、インドネシアの住宅開発会社「プレミア クオリタス インドネシア」の株式49%を取得した。(2022/3/15)

実物大プラモデルのような公衆電話、静岡駅北口に登場 通話もできる
NTT西日本は13日、組み立て前のプラモデルのような公衆電話をJR静岡駅北口に設置したと発表した。(2022/3/14)

2022国際ロボット展:
「零式人機ver.2.0」が起動、高所重作業という“苦役”の解消へ
人機一体は、「2022国際ロボット展(iREX2022)」において、高所作業車のクレーンの先端に取り付けたロボットを遠隔操縦して高所重作業を行う「零式人機ver.2.0」を公開した。JR西日本、日本信号との共同で進めている開発プロジェクトで、2021年3月公開の試作機である「零式人機ver.1.0」から約1年で、実証機となるver.2.0の開発にこぎつけた。(2022/3/11)

NTT西がEmotet感染 受託業務で使用したPCから従業員・取引先メールアドレス流出
NTT西日本が愛知県公立大学法人から受託した業務に使っていたPCが、Emotetに感染し従業員や取引先のメールアドレスが流出した。(2022/3/8)

良質な製品を長く使いたいという声が増加:
大創産業、新型300円ショップを関西初出店 出店を加速
大創産業は梅田エストに中心価格帯が300円の新業態を開業する。今回が4店舗目で、西日本エリア初。4月にも西日本に2店舗追加オープン予定とする。(2022/3/8)

ブランズタワー豊洲:
東急不動産のタワマン「ブランズタワー豊洲」が竣工 湾岸エリアの眺望を生かした設備とは?
東急不動産が、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズと共に東京・豊洲で開発した新築分譲マンション「ブランズタワー豊洲」がこのほど竣工した。地上48階建て、総戸数1152戸を誇る同マンションの内部はどうなっているのだろうか。(2022/3/4)

JR西日本、「Z世代」にフォーカスした新たな鉄道旅情報発信サイト「アオタビ」開設 その背景は?
どんな「新しい・これまでと違う鉄道旅の仕方」が生まれるか、期待です〜。(2022/3/3)

NTT西日本社長 小林充佳さん(64) 最先端「6G」、万博会場全体で提供へ挑戦
NTTグループは、光技術を使った新通信基盤「IOWN(アイオン)」の開発を進めているが、無線通信規格である6Gは、アイオン上で提供することが可能だと考えている。(2022/3/1)

とがったゆるキャラも売れないLINEスタンプ JR西日本岡山支社、無謀にも第2弾を
JR西日本岡山支社の公式キャラクター「くまなく・たびにゃん」が、Twitter上で「LINEスタンプ買ってほしいんじゃー」と悲痛な叫びを上げている。同社が満を持して発売したLINEスタンプの売れ行きが低迷している。(2022/2/28)

全然売れていない:
とがったゆるキャラも売れない LINEスタンプの叫び
「LINEスタンプ買ってほしいんじゃー」。JR西日本岡山支社の公式キャラクター「くまなく・たびにゃん」が、ツイッター上で悲痛な叫びを上げている。コ(2022/2/26)

製品動向:
NEXCOの剥落防止性能の基準を満たした有機系剥落防止材を開発、宇部興産
宇部興産は、東日本高速道路や中日本高速道路、西日本高速道路が推奨する構造物施工管理要領における剥落防止性能の基準を満たしたコンクリート構造物用の有機系剥落防止材「U-レジストクリアガード Y仕様」を開発した。U-レジストクリアガード Y仕様は、同社グループにおける建材事業の中核会社で、土木・建築用材料を販売する宇部興産建材が2022年1月に発売した。(2022/2/24)

4月1日オープン:
大阪・堺に西日本最大級の「全天候型」BBQ場 施設の特徴は?
大阪・堺に西日本最大級の全天候型バーベキュー場がオープンする(2022/2/23)

製品動向:
LIXILが高性能ハイブリッド窓を発売、フレームをスリム化しガラス面積を約30%拡大
LIXILは、2021年5月に上市したアルミ窓「サーモスA」や2021年8月に発売した樹脂窓「EW」、2021年11月に販売開始したハイブリッド窓「サーモスII-H/L」に続く高性能窓として、トリプルガラスの高性能ハイブリッド窓「YW」を2022年2月に西日本で発売した。東日本では2022年4月の発売を予定している。(2022/2/16)

沖縄セルラー電話ら3社が光海底ケーブルを共同整備 完成後は沖縄島、石垣島、宮古島、久米島でループ構成に
沖縄セルラー電話が、NTT西日本やソフトバンクと共同で「沖縄島〜石垣島」「久米島〜宮古島」に光海底ケーブルを敷設することになった。既存の光海底ケーブルと組み合わせて使うことで、4島間でループネットワークが完成する。(2022/2/8)

製造業のリモート化:
PR:「止まらない工場」実現の鍵はリモート化、現地・現物から脱却する3つの提案
市場環境の変化やサプライチェーンの混乱によって、製造業のモノづくりに大きな影響が出ている。この中でDXの一環として、従来の「現地・現物主義」から脱却して、リモート化など、外部環境変化により柔軟に対応できる仕組み、体制づくりが求められている。NTT西日本グループのNTTビジネスソリューションズは同社が培ってきたネットワーク技術などの知見を生かし、こうした変革を強力に推進するソリューションを提案する。(2022/2/18)

宮島「穴子と椎茸の巻き寿司」(2160円):
あなごめしで有名な宮島口の老舗駅弁店が、地元のために新たな駅弁を作った理由
西日本エリア随一の人気駅弁とといえば宮島口駅の「あなごめし」。この駅弁を作る「あなごめしうえの」による通販限定の新作弁当とは……?(2022/1/29)

2023年度末までに全ての新快速に設置:
JR西、在来線車両に防犯カメラ きょうから、犯罪抑止へ
JR西日本が在来線車両内への防犯カメラの設置を順次始める。犯罪抑止が主な狙い。利用者が多い京阪神地区(大阪府、京都府、兵庫県)を走行する新快速や快速から優先的に設置を進め、2023年度末までに全ての新快速と「関空・紀州路快速」に設置する。(2022/1/15)

モビリティサービス:
日立製作所が開発中のMaaSアプリは、「自発的な行動変容」を促す
日立製作所と西日本鉄道は2022年1月11日、福岡市とその近郊において、公共交通機関利用者の行動変容を促す実証実験を実施すると発表した。期間は同年2月1日〜3月7日。両社による同テーマの実証実験は2度目となる。(2022/1/12)

導入事例:
三井住友建設らが高耐久床版を採用した床版取替工事を完了、非鉄製床版を実用化
NEXCO西日本と三井住友建設は、E2A中国自動車道「蓼野(たでの)第二橋下り線」の床版取替工事に高耐久床版「Dura-Slab」を適用した。なお、並行して開発した箱桁構造の高耐久橋梁「Dura-Bridge」、プレキャスト製の高耐久壁高欄「Dura-Barrier」は2020年に完成したE32徳島自動車道「別埜谷橋」で運用している。(2022/1/12)

フィットネスクラブも:
寺田町駅に商業施設「VIERRA寺田町」がオープン、ドンキ「108円総菜」を展開
JR西日本不動産開発は1月7日、寺田町駅高架下に商業施設「VIERRA寺田町」をオープンすると発表した。1階にドン・キホーテ、2階にフィットネスクラブ「HEAT24」がオープンする。(2022/1/9)

クリスマスの夜から年末寒波襲来、過去最強クラス 大雪をもたらすJPCZとは
25日の夜から、冬将軍が西日本周りで襲来するとの予想。(2021/12/21)

ふたご座流星群は13日、14日ピーク 太平洋側は「バッチリ見える」 全国各地から生配信も
13日の深夜から15日未明にかけ、三大流星群の一つ「ふたご座流星群」が観測できる。ウェザーニュースによると、13日と14日は東日本/西日本ともに太平洋側は晴れるところが多く「バッチリ見える」。各地から生配信も行う。(2021/12/12)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県神戸市で延べ4.9万m2の物流施設が竣工、ラサール不動産投資顧問
ラサール不動産投資顧問は、兵庫県神戸市で開発を進めていたマルチテナント型物流施設「ロジポート神戸西」が2021年11月19日に竣工したことを発表した。今回の施設は、竣工に先立ち、ニプロや日立物流西日本の入居が決定しており、賃貸面積の88%で賃貸借契約を締結済みだ。(2021/12/10)

リテール&ロジスティクス:
兵庫・猪名川町で延べ15.8万m2の物流施設が竣工、プロロジス
プロロジスは、兵庫県川辺郡猪名川町で、計画を進めていたマルチテナント型物流施設「プロロジスパーク猪名川2」が2021年8月に竣工したことを発表した。今回の施設は竣工に先立ち、賃貸面積の86%が賃貸借契約を締結済みだ。今後は、2021年11月に竣工した物流施設「プロロジスパーク猪名川1」と併せて、猪名川町に先進的物流施設の集積拠点を開発することで、西日本全域をカバーできる新たな物流ハブを構築する。(2021/12/6)

商業施設の上層階に:
富山駅前にホテル「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA」がオープン 観光需要を取り込む
ジェイアール西日本ホテル開発は、「ホテルヴィスキオ富山 by GRANVIA(グランヴィア)」の開業を発表した。新ホテル開業に伴い、21年12月1日の正午から予約受付を開始するという。富山駅前の複合施設の上層部にオープンするホテル、観光需要を取り込む狙いがある。(2021/11/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。