ニュース
» 2014年06月04日 15時16分 UPDATE

7万円台:パナソニック、”4K/24pアップコンバート”を搭載した新ディーガ「DMR-BZT665」を発売

パナソニックは6月4日、DIGA(ディーガ)の新製品として、”4K/24pアップコンバート”対応の1TバイトHDD搭載BDレコーダー「DMR-BZT665」を6月20に発売すると発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パナソニックは6月4日、Blu-ray Discレコーダー“DIGA”(ディーガ)の新製品として「DMR-BZT665」を発表した。6月20に発売予定で、価格はオープン。店頭想定価格は7万3000円前後(税別)。

hm_pa01.jpg 「DMR-BZT665」

 1TバイトのHDDを搭載したトリプルチューナーモデル。「スカパープレミアムサービスLink」もサポートし、対応するスカパー!チューナーと組み合わせれば最大で4番組同時録画が可能になる。また、番組のカテゴリー(サブカテゴリーまで対応)や人名、フリーワードなど複数の条件を組み合わせて関連番組を抽出・自動録画する新「おまかせ録画」も搭載した。

hm_pa02.jpg 新「おまかせ録画」で好きな番組を自動録画するイメージ

 4K/24pアップコンバートおよびMGVC(マスターグレードビデオコーディング)BDの再生に対応。市販BDタイトルの24p素材に加え、ハイビジョン放送などの映画素材も4K/24pへのアップコンバート出力が可能だ。

 さらにNexTV-Fの「デジタル放送受信機におけるリモート視聴要件 Ver1.0」を満たしたリモート視聴もサポート。iOS/Android端末を使い、ディーガの録画番組やリアルタイムの放送を外出先でも楽しめる。なお、iOSアプリは6月、Androidアプリは秋ごろの公開予定だ。

 本体サイズは430(幅)×41.5(高さ)×189(奥行き)ミリ、重量は約2.1キロ。

関連キーワード

パナソニック | DIGA | レコーダー | HDD | 4Kテレビ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.