ニュース
» 2014年06月11日 16時21分 UPDATE

業務提携:オンキヨーとシーメンス、日本市場における新規音響製品の共同開発を開始

オンキヨーとシーメンスヒヤリングインスツルメンツは6月11日、日本市場における新規音響製品の共同開発を開始し、デジタルヘルス関連市場も見据えた新規ビジネス分野での業務提携を両社で合意したと発表した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 6月11日、オンキヨーとシーメンスヒヤリングインスツルメンツは日本市場における新規音響製品の共同開発を開始し、今後市場拡大が予想されるデジタルヘルス関連市場も見据えた新規ビジネス分野での事業拡大を目指し業務提携することを発表した。 

hm_on01.jpg オンキヨーの大朏宗徳代表取締役社長(写真=左)、シーメンスヒヤリングインスツルメンツのベルント・ウェーバー代表取締役社長(写真=右)

hm_on02.jpg シーメンスヒヤリングインスツルメンツのホームページイメージ

 シーメンスヒヤリングインスツルメンツは、独シーメンスオーディオロジー事業部(補聴器部門)の日本法人で、1985年から日本国内でビジネスを展開している。近年、ヘッドフォンや小型スピーカーなどのアウトドアユーザー向け製品が多数発売され、さらにはスポーツユース向けの装着感の高い製品など、新しい市場が拡大を続けている。

 オンキヨーの高いオーディオ技術と品質管理技術、シーメンスヒヤリングインスツルメンツの人間工学に基づく製品開発力など両社の専門技術の融合を目指す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.