ニュース
» 2014年06月12日 12時42分 UPDATE

Resonessence Labs製DAC「INVICTA」シリーズの新ファームを公開

エミライが「Resonessence Labs」製DAC「INVICTA」シリーズ用のファームウェア・アップデートを公開した。

[田中宏昌,ITmedia]

 エミライは6月12日、カナダBCIC Designsのオーディオブランド「Resonessence Labs」製DAC「INVICTA」シリーズ用の新ファームウェアを公開した。新ファームウェア「6.2.2」の変更点は下記の通り。

01.SDメモリーカード再生時の動作の安定性を改善

02.ヘッドフォン出力の差動出力(バランス出力)の動作を改善

03.OLEDフェードおよび赤外線リモコン無効化についてオプションメニューを追加

04.AES/EBU、TOSLINK、BNCの各デジタル入力でDoP形式でのDSDデータ再生に対応

05.動作の安定性が向上

06.製品のベンダーIDおよびプロダクトIDを更新

07.日本語を含む2バイト文字のフォルダ名、ファイル名の表示に対応

08.FATシステムでフォーマットされたSDメモリーカードの読み取り品質を改善

09.HDMI出力が有効となっている場合にDSDサンプルレートの表示を誤ることがある不具合を修正

10.再生/一時停止ボタンを押した際に左右のチャンネルが入れ替わる不具合を修正

11.いくつかのAIFFファイルが正常に再生されない不具合を修正

12.USB 1.0モードで動作させた際に音飛びすることがある不具合を修正


 なお、新ファームウェアの適用方法や注意点はダウンロードページを参照してほしい。

ht_emi.jpg 「INVICTA」シリーズ(RSL-INV2)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう