ニュース
» 2014年07月10日 16時49分 UPDATE

アルミ削り出しハウジング:サエクコマース、カナル型イヤフォン「DM008」の上位機となる「DM008P」発売

サエクコマースは7月10日、韓国Dynamic Motion製カナル型イヤフォン「DM008」の外装を削り出しのアルミ合金で作り、再びチューニングしたプレミアムモデル「DM008P」を発売した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 サエクコマースは2014年7月10日、Dynamic Motion製のカナル型イヤフォン「DM008P」を発売した。価格は1万9800円(税別)。

hm_sa01.jpg Dynamic Motion製のカナル型イヤフォン「DM008P」。ケーブルの色もダークグレーに変更になった

 Dynamic Motion社は、振動板のODMメーカーとして30年以上の実績を持つ韓国のメーカー。DM008Pは、初の自社ブランド製品「DM008」の外装を削り出しのアルミ合金とし、再び最適化チューニングを施したプレミアム版だ。2014年5月に開催された春のヘッドフォン祭でDM008Pの試作品が展示されていた。

 「Power Dynamic Driver」と呼ばれる独自の振動板は、外周部にリング状のネオジウムマグネットを配置するユニークな構造で、8ミリ径ながら一般的な10ミリ径ドライバーよりも大きなマグネットを使用できるというのが特徴だ。DM008PはDM008と比べて仕様に変化はないが、「聴き疲れしない音はそのままに、質感や響き感が向上した」という。

hm_sa02.jpg 「春のヘッドフォン祭 2014」に参考展示されていたDM008P

 再生周波数帯域は20〜2万Hz、インピーダンス32オーム、感度111dB。ケーブルは1.2メートル。ケーブルを含む重量は、15.7グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう