ITmedia NEWS >
ニュース
» 2014年09月02日 14時08分 公開

やっぱり80年代:松田聖子の初期6作品がSACD化――第1弾は「SQUALL」「風立ちぬ」

松田聖子の初期代表作がSACDハイブリッド化され9月下旬より順次発売される。第1弾は「SQUALL」「風立ちぬ」でアナログオリジナルマスターテープからの直接DSD化で実現。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ステレオサウンドは、80年代前半の松田聖子の作品から代表的な6タイトルをSACD化(ハイブリッド盤)して9月下旬より順次発売する。価格はいずれも3780円(税込)。

SACD化の対象となる6タイトルのイメージ
タイトル 型番 リリース予定日 初回リリース年
SQUALL SSMS001 9月下旬発売 1980年
風立ちぬ SSMS002 9月下旬発売 1981年
PINEAPPLE SSMS003 10月下旬発売 1982年
CANDY SSMS004 10月下旬発売 1982年
ユートピア SSMS005 11月下旬発売 1983年
SUPREME SSMS006 11月下旬発売 1986年

 SACD化のマスタリングエンジニアは、最近の松田聖子の作品にも参加する鈴木浩二氏が担当する。そして、スーパーバイザーとして高音質な音楽ソフトへの造詣が深い嶋護氏が参加した。「SUPREME」以外の5作品は、アナログのオリジナルマスターテープから直接DSD化したという。(「SUPREME」はオリジナルがデジタルマスターのため、PCMデータからのDSD化)

 9月下旬発売の「SQUALL」と「風立ちぬ」は、9月23日から有楽町・東京国際フォーラムで開催予定の「2014東京インターナショナルオーディオショウ」のステレオサウンドの販売ブースにおいて、数量限定で先行販売する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.