ニュース
» 2014年09月12日 11時05分 UPDATE

マランツ、Hi-Fiシステムとの共存を目指したDolby Atmos対応AVアンプ「SR7009」

プリメインアンプと一緒に活用できるAVアンプが登場。統一した外観に加え、「Dolby Atmos」のフロントL/Rをプリメインアンプに割り当てられる。

[ITmedia]

 D&Mホールディングスは9月12日、9.1ch対応のAVアンプ新製品「SR7009」を発表した。価格は23万円(税別)で、10月中旬に発売する予定だ。

ts_marantzatmos01.jpg 「SR7009」。カラーはシルバーゴールドのみ

 「SR6008」の後継機という位置づけながら、価格は1ランク上になった。同社の一体型AVアンプでは最上位モデルとなり、新しい「Dolby Atmos」もサポートしている。

ts_marantzatmos02.jpgts_marantzatmos03.jpg 「SR6008」の後継機という位置づけ

 最大出力235ワットの9ch同一回路設計フルディスクリート・パワーアンプを搭載。プリ部には同社がHi-FiコンポーネントやハイエンドAVアンプに採用している電流帰還型増幅回路を投入している。その心臓部には、マランツお得意の高速アンプモジュール「HDAM」を採用。新型HDAMは、従来の約7倍という高速化(スルーレート)を果たしている。「シビアなチューニングに機敏に反応する、ハイスピードでソリッドな増幅を実現した」(同社)。

 本体カラーのシルバーゴールドは、Hi-Fiオーディオ機器のイメージを踏襲したもの。これまでも同社のHi-Fi製品ユーザーからは「Hi-Fi機器と一緒に置けるAVアンプがほしい」という要望があり、それに応える形で製品化したという。

 Dolby Atmosでは、天井にスピーカーを4つ設ける“7.1.4”構成まで対応する。内蔵アンプは9chぶんだが、フロントのL/Rを増設パワーアンプに割り当てることが可能になっており、例えばHi-Fi用のプリメインアンプを用いてHi-Fi/AV兼用のホームシアターを構築できるという。「こだわる人たち、シアターエキスパートに使ってほしい」(同社)。もちろん内蔵アンプだけを用いて5.1.2や5.1.4構成も可能だ。

ts_marantzatmos04.jpgts_marantzatmos05.jpg Dolby Atmosでは7.1.4構成までサポート。手持ちのプリメインアンプをフロントL/Rに割り当てることができる(左)。Dolby Atmos再生中の表示。フロントパネル内にHDMI入力やUSB入力を装備(右)

 また、新たにWi-FiとBluetoothを内蔵し、スマートフォンや外部サーバとの連携機能を強化。DLNA 1.5準拠のネットワークオーディオ機能では、最大192kHz.24bitまでのPCM音源(WAV、FLAC)に加えて2.8MHzのDSD再生も可能だ。ギャップレス再生もDSD、FLAC、WAV、AIFFの4フォーマットで対応する。もちろん、インターネットラジオやFlickrにも直接アクセスできる。

ts_marantzatmos08.jpg 背面端子。HDMI入力は8系統

 HDMI入力は8系統(うち1系統はフロント)で、出力は3系統。プロジェクターとテレビへの同時出力に加え、HDMIビデオ出力を伴うマルチルーム構成も可能だ。HDMI出力では4K/60p対応のビデオアップスケーラーが働くほか、パススルーであれば4K/60p(4:4:4)伝送も可能。このほか、13.2chプリアウトも備え、システム拡張にも対応する。

ts_marantzatmos06.jpgts_marantzatmos07.jpg 本体サイズは440(幅)×411(奥行き)×185(高さ)ミリ。重量は13.8キログラム(左)。付属のリモコン(右)

 またAVアンプとしては珍しい「スマートエコモード」は、消費電力をオンスクリーンで表示し、確認できるというもの。映画や音楽を楽しみつつ、不要な電力を節約できるとしている。

 本体サイズは440(幅)×411(奥行き)×185(高さ)ミリ。重量は13.8キログラム。リモコンが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.