ITmedia NEWS >
ニュース
» 2015年01月08日 15時56分 公開

Google TVは事実上の終了、Android TVへ一本化

米Googleは1月7日、Google+のGoogle TV開発者向けコミュニティにおいて、テレビ向けプラットフォーム「Google TV」の事実上の終焉を明らかにした。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 米Googleは1月7日(現地時間)、Google+の開発者向けコミュニティ「Google TV Developers」などで、Google TVの事実上の終焉を明らかにした。

Google TV Developers

 Google TVは、2010年に同社が発表したテレビ向けプラットフォーム。ソニーなどが対応テレビを発表していたが、普及には至っていなかった。

 同社は2014年にAndoid TVを発表し、ソニーのほか、シャープ、フィリップスなど多数のメーカーが対応ハードウェアの発売を表明している。Googleでは、「今後、リビングルームにおける取り組みをAndroid TVとGoogle Castのエコシステムに注力する」として、テレビ向けプラットフォームをAndroid TVに一本化する方針を明らかにした。

Android TVのイメージ

ソニーが「2015 International CES」で発表したAndroid TV搭載のブラビア

 なお、ほとんどのGoogle TV端末はAndroid TVにアップデートできないが、一部端末は可能という。本日現在、Google TV Developersのフォロワーは2万人弱登録されている。

関連キーワード

Google | Google TV | ソニー | Android TV | Chromecast | Google+


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.