ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Android TV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Android TV」に関する情報が集まったページです。

Amazon特選タイムセール祭り:
バッファローのストレージ類が最大16%もお得! テレビの録画や思い出の写真の保存にピッタリ
「Amazon特選タイムセール祭り」において、PC周辺機器を展開するバッファローはHDDやSSD、NASなどストレージ製品を最大16%オフで出品している(2024/2/3)

ドンキとニトリが飛びついたチューナーレステレビ 「NHK避け」だけじゃないニーズを考える
チューナーレステレビが話題になって久しい。これまで家電と縁遠かったドンキやニトリが販売するようになり、目にする機会が増えた。話題になる際はNHKの受信料と一緒に語られることが多いものの、真のニーズは違うところにありそうだ。(2024/1/31)

CES 2024:
パナソニックのスマートテレビが「Fire TV」に――OSを「Fire OS」に切り替え 2024年から順次
パナソニックのスマートTVのOSが、Firefox OSからFire OSに切り替わることになった。2024年に発売するフラグシップ有機EL搭載TVを皮切りに、パナソニックのスマートTVに「Fire TV」の機能が統合されることになる。(2024/1/10)

スマートTV専用のリモコン、サンワから発売 よく使う機能を4つまで割り当て可能
サンワサプライは、スマートTV用リモコン「400-TVSMART」を発売。よく使うテレビ機能の割り当てやカーソルを操作、横持ちのゲームコントローラーとして利用できる。サンワダイレクトでの価格は8480円(税込み)。(2023/12/19)

「Google Play ムービー& TV」アプリ、来年1月17日に完全終了へ
Googleは、「Android TV」搭載テレビに残していた「Playムービー&TV」アプリを2024年1月17日に終了すると発表した。Google Playストアからも「映画&テレビ」タブが削除される。(2023/12/12)

TVはないけどTVを見たい! いろんなデバイスをTVにできるアイ・オーの「REC-ON」を試してみよう
最近はTV放送を受信できる機器が1台もない世帯が増加傾向にあるというが、世の中の情報源としてTVを欠かすことは難しい。TVが全くないなら、スマホ/タブレット/PCやキャストデバイスなどでTVを視聴できる「ネットワーク配信対応チューナー」も良い選択肢だ。この記事では、そんなチューナーの1つとして、アイ・オー・データ機器の新型「REC-ON」を試す。(2023/11/24)

エイサー、4K/HDR10に対応したDLPプロジェクター Android TV対応のスマートモデルも用意
日本エイサーは、4K対応DLPプロジェクター2製品「H6815P」「H6815ATV」を発表した。(2023/11/24)

アンカー、220製品以上が最大50%オフの「Amazon ブラックフライデー」 先行セールも実施
アンカー・ジャパンは、11月24日から実施する「Amazon ブラックフライデー」へ参加。220製品以上を最大50%オフで提供し、11月22日から先駆けて行う先行セールでも対象製品をセール価格で販売する。(2023/11/22)

ドコモ、スマートグラス「Rokid Max」を5万9800円で12月下旬以降に発売 Android TV搭載デバイスも
NTTドコモは11月22日にスマートグラス「Rokid Max(ロキッド マックス)」と、携帯可能なAndroid TV搭載デバイス「Rokid Station(ロキッド ステーション)」の取り扱いを発表した。ドコモオンラインショップなどが同日10時から予約を受け付け、12月下旬以降に発売する。価格はRokid Maxが5万9800円(税込み、以下同)、Rokid Stationが2万9800円、両デバイスのセット「Rokid AR Joy Pack」が8万4800円となる。(2023/11/22)

ドコモ、メガネ型ARデバイス「Rokid Max」発売 「215インチ(相当)のプライベートスクリーン」訴求
NTTドコモは22日、メガネ型ARデバイス「Rokid Max」と、これに接続できるAndroid TVデバイス「Rokid Station」を12月下旬に発売すると発表した。(2023/11/22)

Amazonブラックフライデー:
使える! Ankerのポータブル電源やロボット掃除機などが最大50%オフ!
年に一度のAmazonブラックフライデーの先行セールが11月22日にスタートした。Ankerは、秋のレジャーに活躍するポータブル電源やモバイルプロジェクター、家庭で役立つロボット掃除機などを出品している。最大値引き率は55%だ。(2023/11/22)

アイ・オーが録画機能付きTVチューナーに約8年ぶりの新モデル はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用可能
アイ・オー・データ機器が、録画機能付きTVチューナーを約8年ぶりにモデルチェンジする。外観は大きく変わっていないが、ハードウェア/ソフトウェア両面で改良を行ったことが特徴だ。合わせて、スマートTV向けの視聴アプリをリリースし、最近はやりの「チューナーレスTV」でも快適に利用できることを訴求する。(2023/10/18)

エプソン販売、超短焦点レンズを採用したホームプロジェクター
エプソン販売は、同社製ホームプロジェクター「dreamio(ドリーミオ)」の新製品として超短焦点投写対応モデル「EH-LS650B」「EH-LS650W」を発売する。(2023/10/5)

東京ゲームショウ2023:
東京ゲームショウで実際に試して納得! これからのゲームは「プロジェクター」で楽しむというベンキューの新提案
東京ゲームショウのベンキュージャパンブースでは「ZOWIE」「MOBIUZ」といったゲーミングブランドが目立つのだが、実はその約半分の面積を使って、BenQブランドの新型ゲーミングプロジェクターが展示されている。しかも、世界初公開だという。どんなものなのか、早速見てみよう。(2023/9/23)

アンカーが200製品以上を最大41%オフに:Amazonプライムデー
アンカー・ジャパンは、7月9日から開催される「Amazonプライムデー」「プライムデー先行セール」に参加。最新製品を含む過去最多の200製品以上を最大41%オフで提供する。(2023/7/9)

ベンキュー、4K投写に対応したフラグシップ仕様のホームプロジェクター
ベンキュージャパンは、4K対応の高機能ホームプロジェクター「HT4550i」を発売する。(2023/6/19)

ChatGPTでテレビ字幕を自動翻訳 ピクセラがスマートテレビ向けアプリ開発
ピクセラは25日、OpenAIのChatGPTを活用してテレビの字幕を様々な国の言葉に自動翻訳するスマートテレビ向けアプリ「Xit」を発表した。秋頃から国内のホテルなどに提供する。(2023/5/25)

890万台のAndroidデバイスにマルウェアGuerrillaが仕込まれて出荷
Trend Microは、890万台のAndroidデバイスに「Guerrilla」と呼ばれるマルウェアがプリインストールされていると伝えた。Lemon Groupというサイバー犯罪組織が仕掛けたものだと分析されている。(2023/5/22)

税込み28万3360円:
JMGOの「N1 Ultra」は次世代の4Kスマートプロジェクター? 何がすごいのかを聞いてきた
日本ビジネス開発が、JMGOブランドのスマートプロジェクター「N1 Ultra」を発表した。3色レーザーを光源とすることによるメリットや、独自機構などが説明された発表会の模様をお届けする。(2023/4/7)

ゲオ、55V型の有機EL“チューナーレステレビ”発売 約11万円
ゲオは「チューナーレステレビ」をうたう55V型の有機ELディスプレイの予約受付を始めた。価格は10万9780円。(2023/3/7)

TikTok、リビングルームに進出 テレビ向けアプリの提供を始める
「TikTok」を運営する中国ByteDanceは21日、Amazon Fire TVシリーズやAndroid TV搭載のテレビに向けて「TikTok TV」アプリの配信を始めたと発表した。(2023/2/21)

組み込み採用事例:
スマートテレビ対応ターンキーソリューション、国内大手家電メーカーが採用
ピクセラなどが共同開発した日本向け4K/2K Android TV搭載スマートテレビ対応ターンキーソリューションを、国内大手家電メーカーが採用。搭載製品は2023年1月に販売開始する。(2023/1/23)

ニトリが「4Kチューナーレス スマートTV」発売 43V型で3万4900円
ニトリホールディングスは18日、デジタルチューナーを搭載しないAndroid TV搭載4Kディスプレイ「43V型 4Kチューナーレス スマートTV」を発表した。価格は3万4900円。(2023/1/18)

+StyleでXGIMI製プロジェクター発売 軽量なモバイルタイプから据え置きハイエンドまで
BBソフトサービスは1月11日、+StyleにてXGIMI製プロジェクター3製品の取り扱いを開始した。重量0.9kgのモバイルプロジェクターや、2200ANSIルーメンで投影する据え置き型のハイエンドモデルなどをラインアップしている。(2023/1/11)

CES 2023:
Google、Spotifyとの提携でシームレスなオーディオ再生実現へ
GoogleとSpotifyがAndroidでのオーディオ再生で提携する。Android 13の「メディアプレーヤー」に「Spotify Connect」を統合し、アプリを起動せずにオーディオ再生先を切り替えられるようにする。(2023/1/6)

CES 2023:
ASUSがDisplayPort 2.1対応ゲーミングディスプレイを投入 23.8型の大画面モバイルディスプレイも発表
CES 2023において、ASUSがゲーミング用途やクリエイター向けのディスプレイ/モバイルディスプレイおよびルーターなど多数の周辺デバイスを発表した。(2023/1/5)

少なくとも1割引きで購入可:
「チューナーレスTV」と名乗らないのはなぜ? webOS搭載の「LGスマートモニター」の秘密に迫る
LGエレクトロニクスがwebOS搭載「スマートモニター」をMakuakeで発売した。製品的特徴を見ると、一時期話題となった「チューナーレスTV」と同じように見えるのだが、あくまでも「モニター(ディスプレイ)」であることにこだわっていることに特徴がある。(2022/12/22)

ベンキュー、天井への投影も可能なエントリークラスのモバイルLEDプロジェクター「GV11」
ベンキュージャパンは、480p解像度に対応したエントリーモバイルLEDプロジェクター「GV11」を発表した。(2022/11/17)

ベンキュー、4K対応ホームプロジェクター「TK700」に“サッカー日本代表”モデル
ベンキュージャパン、4K対応ホームプロジェクター「TK700」にサッカー日本代表デザインのマグネットなどの特典を付属した“日本代表ver.”を発売する。(2022/11/9)

YouTubeショート、テレビでの再生に最適化
YouTubeは、TikTokのようなショート動画「YouTubeショート」をテレビで見やすくしたと発表した。Android TVやGoogle TVのYouTubeアプリにショートのコーナーが新設される。縦長表示の左右の空間にはボタンや概要が表示される。(2022/11/8)

「テレビはチューナーレスでいい」が増えてきたワケ
チューナーレステレビが人気を集めている。売れている理由は「安い」+「テレビ離れ」で説明が付くと思われがちだが、テレビというディスプレイ装置の使われ方が変わってきたのだと感じる。そのあたりを解説しよう。(2022/10/17)

Google Playストアに3つの新機能 スマートウォッチへのアプリリモートインストールなど
Google公式アプリストアGoogle Playストアアプリに3つの新機能が追加された。スマートフォン以外のデバイス(時計、テレビ、車)のアプリを探しやすくなり、それらにスマートフォンからリモートでアプリをインストールできるようになった。(2022/9/28)

「Chromecast with Google TV」に廉価モデル登場 フルHD/HDR対応で4980円
Googleが2020年11月に発売した「Chromecast with Google TV」に廉価モデルが登場する。最大の出力解像度をフルHDに抑えて価格を下げた一方で、HDR映像の出力など主要な機能は維持している。(2022/9/22)

エプソンがホームプロジェクターの新製品を発表 4K相当の投影とAndroid TVに対応
エプソンが4K相当の画質を維持する「4Kエンハンスメント」に対応するホームプロジェクターの新製品を投入する。いわゆる「巣ごもり」を受けて家庭でもプロジェクターの需要が高まっていることを受けたもので「初心者向け」「家族/ハイスペック志向向け」の2モデルを用意している。(2022/9/22)

Xiaomi、手のひらサイズのホームプロジェクター「Mi Smart Projector 2」8月26日に発売
Xiaomiは、8月26日にホームプロジェクター「Mi Smart Projector 2」を発売。手のひらに収まるコンパクトサイズながら最大120型フルHD対応で、500ルーメンの明るさを実現している。価格は8万9800円(税込み)。(2022/8/19)

知らないと損?業界最前線:
「NHK受信料不要」で爆売れ チューナーレスが変えた「テレビ」の意味
昨年末以来、チューナーレステレビが注目を集めている。以前からPC用など、テレビチューナー非搭載の製品は販売されていた。注目の製品は比較的低価格ではあるが、これまでと何が違うのか。いくつかのキーワードが見えてくる。(2022/7/14)

アンカー、Amazonプライムデーで最大40%オフセール ポータブル電源やUSB急速充電器など110製品以上
アンカー・ジャパンは、7月12日0時〜7月13日23時59分に開催するAmazonプライムデーで最大40%オフセールを行う。対象はポータブル電源やUSB急速充電器など110製品以上。(2022/7/12)

日本でFire TVシリーズはどんな感じ? 米Amazon担当者に聞いた
Amazonの「Fire TVシリーズ」は、映像投影(キャスト)デバイスとして日本国内でも一定の地位を築いた。ヤマダホールディングスと提携してFire OSを搭載する「Fire TVスマートテレビ」も投入したが、今後日本においてFire TVシリーズはどのように展開されるのだろうか。米Amazonの担当者が語った。(2022/6/7)

43V型4Kスマートテレビ:
ネット動画に特化した「スマートテレビ」登場、NHKの受信料は?
SmartTV,Incは7月15日、ネット配信動画の視聴に特化した、チューナーレスのAndroid TV・Chromecast内蔵の「43V型4Kスマートテレビ」を発売する。(2022/6/3)

iOS版「Google Play ムービー& TV」アプリも「Google TV」アプリに改称 スマホのリモコン化も可能に
GoogleはiOSアプリ「Google Play ムービー& TV」を「Google TV」に改称し、新機能を追加した。Androidアプリも更新し、スマートフォンをスマートテレビやChromecast接続テレビのリモコンとして使えるようになった。(2022/6/2)

6月1日から販売:
「推し活」楽しめる宿泊プラン 京王プラザホテルが販売
京王プラザホテルは、好きなアイドルなどを応援する「推し活」に着目した宿泊プランを6月1日から販売する。「推し活」は1990年代半ば以降に生まれた世代を指す「Z世代」にとっては、生活の一部ともされており、関連プランで新たな宿泊需要の創出を目指す。(2022/5/30)

5月16日まで:
PixelスマホやGoogle Nestなどがおトクに買える! Google Storeが「ゴールデンウィークセール」を開催
Google製デバイスのWeb直販サイト「Google Store」において「ゴールデンウィークセール」が開催されている。5月16日まで、、Pixelスマートフォンなどが通常価格よりも手頃に購入できる。(2022/4/22)

ミュージカル「刀剣乱舞」過去6作品を無料配信、DMM動画で
DMM.comは19日、ミュージカル「刀剣乱舞」の過去作品をゴールデンウィーク期間中に無料配信すると発表した。5月2日から6日間。(2022/4/19)

アンカー、シーリングプロジェクター「Nebula Nova」を発売 9万9990円
アンカー・ジャパンは4月13日、スマートプロジェクターブランド「Nebula」より、Android TV 9.0搭載のシーリングプロジェクター「Nebula Nova(ネビュラ ノヴァ)」を発売した。販路はAnker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店など。価格は9万9990円(税込み)。(2022/4/14)

NHK+、テレビで利用可能に Android TVや「Fire TV Stick」向けアプリ提供
NHKは1日、Android TVを搭載したテレビや「Amazon Fire TV」「Google Chromecast」向けに「NHK+」アプリの提供を始めた。(2022/4/1)

TVer、リアルタイム番組の「追っかけ再生」可能に 民放の「公式テレビ配信サービス」へ
TVerは1日、サービスをリニューアルして「TVer ID」の提供を始めた。民放のテレビ同時配信では、途中から見始めた視聴者が番組冒頭から視聴できる「追っかけ再生」などの機能を追加。(2022/4/1)

6月まではログイン不要:
「NHKプラス」がスマートテレビ対応を試行 Android TVやFire TVで“見逃し視聴”が可能に
NHKのオンライン動画配信サービス「NHKプラス(NHK+)」が、スマートテレビやセットトップボックス(STB)における見逃し視聴の試行を開始した。Android TVまたはFire OS(Fire TV)を搭載するスマートテレビやSTBにアプリをインストールすれば誰でも試行に参加できる。IDの取得は6月30日まで不要である。(2022/4/1)

YouTube、米国で数千のテレビ番組と映画を広告付きで無料視聴可能に
YouTubeは、米国で約4000点のテレビ番組を広告付きで無料配信する。約1500本の映画も広告付きで配信する。(2022/3/24)

Apple、「Google TV」や「Android TV」版「Apple TV」アプリでのサブスクや購入の機能を削除
AppleはGoogleのスマートTV向け「Apple TV」アプリでのサブスクリプション、購入、レンタル機能を削除した。Apple端末で購入済みのコンテンツは視聴できる。(2022/3/22)

ベンキュー、キューブ型筐体を採用した4K対応のゲーミングプロジェクター「X3000i」 
ベンキュージャパンは、4K投写に対応したゲーミングプロジェクター「X3000i」を発表した。(2022/3/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。