ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Android TV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Android TV」に関する情報が集まったページです。

5月16日まで:
PixelスマホやGoogle Nestなどがおトクに買える! Google Storeが「ゴールデンウィークセール」を開催
Google製デバイスのWeb直販サイト「Google Store」において「ゴールデンウィークセール」が開催されている。5月16日まで、、Pixelスマートフォンなどが通常価格よりも手頃に購入できる。(2022/4/22)

ミュージカル「刀剣乱舞」過去6作品を無料配信、DMM動画で
DMM.comは19日、ミュージカル「刀剣乱舞」の過去作品をゴールデンウィーク期間中に無料配信すると発表した。5月2日から6日間。(2022/4/19)

アンカー、シーリングプロジェクター「Nebula Nova」を発売 9万9990円
アンカー・ジャパンは4月13日、スマートプロジェクターブランド「Nebula」より、Android TV 9.0搭載のシーリングプロジェクター「Nebula Nova(ネビュラ ノヴァ)」を発売した。販路はAnker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店など。価格は9万9990円(税込み)。(2022/4/14)

NHK+、テレビで利用可能に Android TVや「Fire TV Stick」向けアプリ提供
NHKは1日、Android TVを搭載したテレビや「Amazon Fire TV」「Google Chromecast」向けに「NHK+」アプリの提供を始めた。(2022/4/1)

TVer、リアルタイム番組の「追っかけ再生」可能に 民放の「公式テレビ配信サービス」へ
TVerは1日、サービスをリニューアルして「TVer ID」の提供を始めた。民放のテレビ同時配信では、途中から見始めた視聴者が番組冒頭から視聴できる「追っかけ再生」などの機能を追加。(2022/4/1)

6月まではログイン不要:
「NHKプラス」がスマートテレビ対応を試行 Android TVやFire TVで“見逃し視聴”が可能に
NHKのオンライン動画配信サービス「NHKプラス(NHK+)」が、スマートテレビやセットトップボックス(STB)における見逃し視聴の試行を開始した。Android TVまたはFire OS(Fire TV)を搭載するスマートテレビやSTBにアプリをインストールすれば誰でも試行に参加できる。IDの取得は6月30日まで不要である。(2022/4/1)

YouTube、米国で数千のテレビ番組と映画を広告付きで無料視聴可能に
YouTubeは、米国で約4000点のテレビ番組を広告付きで無料配信する。約1500本の映画も広告付きで配信する。(2022/3/24)

Apple、「Google TV」や「Android TV」版「Apple TV」アプリでのサブスクや購入の機能を削除
AppleはGoogleのスマートTV向け「Apple TV」アプリでのサブスクリプション、購入、レンタル機能を削除した。Apple端末で購入済みのコンテンツは視聴できる。(2022/3/22)

ベンキュー、キューブ型筐体を採用した4K対応のゲーミングプロジェクター「X3000i」 
ベンキュージャパンは、4K投写に対応したゲーミングプロジェクター「X3000i」を発表した。(2022/3/14)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
テレビをスマート化すると賞味期限が短くなる? 古い機種を今でも使い続ける人たちが考えたこと
シャープのテレビがAndroid 10へアップデートで再起動し続ける問題で、テレビの高機能化について考える議論が編集部Slackで起こりました。(2022/2/2)

シャープのテレビ、アプデ後に再起動を繰り返す不具合 出張修理に
シャープは1日、薄型テレビ「AQUOS」のAndroid TV搭載したモデルでソフトウェアアップデートを実施した際、一部で再起動を繰り返す不具合が発生していると発表した。(2022/2/1)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
一生かけても消費できないコンテンツに怯える 映像サブスクの深淵を覗き込んだ話
アマプラ、ネトフリ、ディズニー、アップル、群雄割拠の映像サブスクについて語りました。(2022/1/17)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
買ったけど使わなくなったガジェットってどんなもの? IT系編集者2人の場合
巷では「買ってよかったモノ」といった記事はたくさんみかけるものの、「買ったけど使わなくなったモノ」という記事はあまり見かけない。そこで、編集者2人が2021年に買ったけど使わなくなったものを紹介する。(2022/1/14)

CES 2022:
Google、AndroidとWindows、スマートホームなどの連携機能を多数発表
GoogleはCES 2022に合わせ、「everything works better together on Android」な新機能を多数発表した。いずれも向こう数カ月中から年内実現の予定。一部のWindows PCで「Fast Pair」が利用可能になる。(2022/1/6)

ドンキがネット動画向けチューナーレステレビを発売 Android TV搭載で24V型が2万円強、42V型でも3万円強
HDMI端子も3基搭載。レコーダーやゲーム機をつなぐのもよし。(2021/12/8)

Android TV搭載ディスプレイ、ドンキが発売 「あえてテレビチューナー外した」
ドン・キホーテは「AndroidTV機能搭載チューナーレス スマートテレビ」を12月10日に発売する。価格は24型が2万1780円、42型は3万2780円(税込)。(2021/12/7)

Amazonがブラックフライデーの人気商品第2弾を発表 Ankerの小型プロジェクターやECOVACSのロボット掃除機が売れ筋
残りあと2日!(2021/12/1)

独自プロセッサ×音声認識が“文字起こし”に革命を? 「Pixel 6 Pro」全力レビュー(後編)
Googleのオリジナルスマートフォン「Pixel 6 Pro」は、独自プロセッサ「Google Tensor」を搭載している。これが、機械学習ベースのAI処理に大きな改善をもたらしており、カメラの画像処理だけでなく音声認識処理で大活躍する。普段使いのスマホとしての利便性と合わせてチェックしていこう。(2021/11/1)

Google、サブスクと書籍・音楽のアプリストア手数料を実質値下げ
GoogleはAndroidアプリストア「Google Playストア」の有料アプリ登録手数料をまた変更する。サブスクリプションベースのアプリの手数料は初年度から15%になる。電子書籍とオンデマンド音楽ストリーミングサービスは最低10%になる。(2021/10/22)

Anker、4K出力にも対応したAndroid TV搭載ストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」
アンカー・ジャパンは、4Kでの高解像度出力をサポートしたストリーミング端末「Nebula 4K Streaming Dongle」を発表した。(2021/10/6)

Androidにこの秋追加予定の13の新機能 TVリモコンや「Camera Switches」など
Googleが今秋追加予定のAndroidの新機能を13個紹介した。既にPixelシリーズでは使えるものが多い。「Google TV」アプリが日本でも公開され、Android TV対応テレビをスマートフォンでつけられるようになる。(2021/9/24)

YouTubeはテレビ地上波に追い付いた これからどう変わるのか
このコロナ禍で、テレビとネット動画の関係は変わりつつあるようだ。どの規模感で変化しているのか、西田宗千佳さんが分析する。(2021/9/3)

Google、Androidアプリ手数料を15%にする「Play Media Experience Program」
Googleが、資格と要件を満たす開発者のアプリストア手数料を15%に下げる新たなプログラムを発表した。動画、オーディオ、書籍関連アプリ開発者は「Play Media Experience Program」に参加を申し込める。(2021/6/28)

【Amazonプライムデー】みんなが買った人気商品40選! ルンバ、Apple Pencil、4K有機ELテレビ、野菜生活など
Amazon提供のデータに基づいた人気商品を紹介します。(2021/6/22)

【Amazonプライムデー】Anker製品が最大50%オフ ワイヤレスイヤフォンやロボット掃除機など170品以上
(2021/6/21)

Ankerのプライムデーセール バッテリーからプロジェクターまで170品以上 2割引〜
20、21日の「Amazonプライムデー」で、Ankerが170製品以上をセール。モバイルバッテリーからロボット掃除機、モバイルプロジェクターなどをラインアップしている。(2021/6/16)

アンカー、Amazonプライムデーで170製品以上を最大50%オフ
アンカー・ジャパンは、6月21日〜6月22日の48時間限定「Amazonプライムデー」で170製品以上を最大50%オフで販売。リモートワーク向け製品やチャージング関連製品、オーディオ製品などをそろえている。(2021/6/16)

「Google I/O 2021」でお披露目
「Android 12」はどこが新しくなった? デザインやプライバシー機能に注目
Googleが年次カンファレンス「Google I/O 2021」で発表した「Android 12」は、どこが新しくなったのか。デザインのカスタマイズ機能や新しいプライバシー機能など、Android 12の中心的な機能を整理する。(2021/6/12)

リモートTV視聴アプリ「DiXiM Play」のAndroid版がChromebookに対応 ライセンスの半額セールも開催中
デジオンが販売しているDTCP-IP対応DLNAクライアントアプリのAndroid版が、Chrome OSに正式対応した。同社のイメージとしては、Chromebookを持つ学生を想定しているようだ。5月6日まで、他のプラットフォーム向けを含めて買い切りライセンスを半額で提供するキャンペーンも実施している。(2021/4/28)

AMDが最新の「Radeon Software」を公開 インストールオプションを拡充 ゲームのアクセシビリティーを向上する機能も追加
AMDが、Radeon GPU向けの最新ソフトウェアを公開した。ユーザーからのフィードバックを受けて、インストールするソフトウェアを削減するオプションを追加した他、色覚障害を持つ人向けのアクセシビリティー機能など機能の追加/改善も行われている。(2021/4/20)

LGが「webOS」を他社にも提供へ Android TVの対抗馬となるか
かつてPDAでトップシェアを誇ったPalmが開発したOS「webOS」。テレビ用OSとして再び覇権に挑む。(2021/2/25)

ベンキュー、Android TVを搭載したフルHD対応DLPプロジェクター
ベンキュージャパンは、フルHD出力に対応したゲーミングプロジェクター「TH685i」を発表した。(2021/2/22)

「Apple TV」アプリが「Chromecast with Google TV」に降臨
Googleが予告通り、Appleの動画サービス・アプリ「Apple TV」を映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で利用できるようにした。Appleオリジナルの「Apple TV+」の作品を視聴できる。(2021/2/19)

Anker、Android TV 9.0を搭載したフルHD対応モバイルプロジェクター
アンカー・ジャパンは、フルHD投写をサポートしたモバイルプロジェクター「Nebula Vega Portable」など2製品を発表した。(2021/2/17)

+Style、手のひらサイズのフルHDポータブルプロジェクター「XGIMI MoGo Pro+」発売
+Styleは、ビーラボが販売するポータブルプロジェクター「XGIMI MoGo Pro+」を取り扱い開始。手のひらサイズの軽量ボディながら、最高300ANSIルーメンの高輝度とフルHD(1080p)の解像度を投影できる。(2021/1/25)

今日のリサーチ:
2020〜2021年の年末年始におけるテレビCM放送回数 「PC」「お茶」は前年比3倍、「神社仏閣」はほぼ半減
ゼータ・ブリッジは2020年12月27日から2021年1月3日における全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査しました。(2021/1/12)

「Chromecast with Google TV」に「Apple TV」アプリ追加 「TV+」コンテンツを視聴可能に
Googleが、10月に発表した映像ストリーミング端末「Chromecast with Google TV」で、来年初頭にAppleの「Apple TV」アプリおよび「Apple TV+」をサポートすると発表した。他の「Android TV OS」スマートテレビにもロールアウトしていく計画。(2020/12/17)

【Amazonブラックフライデー】Ankerのイヤフォン・モバイルバッテリーなどがお買い得 5日間で160製品以上が最大50%オフ
ブラックフライデーとサイバーマンデーで商品が入れ替わります。(2020/11/27)

おうち時間の充実:
アンカー、「アマゾン ブラックフライデー&サイバーマンデー」で160製品以上を最大半額で販売
デジタル製品などの販売を手掛けるアンカー・ジャパンは、アマゾンが11月27日から12月1日にかけて開催する「ブラックフライデー&サイバーマンデー」で、160製品以上を最大半額で販売する。(2020/11/20)

Netflixバンドル版もあり:
自ら動画や音楽を再生できる「Chromecast with Google TV」が11月25日発売 4K/HDR対応で税込み7600円(単体版)
Chromecastの新モデルが日本に上陸する。4K/HDRの映像出力に対応した他、アプリを追加することで映像や音楽を“自ら”再生できる機能も備えた。直販ストアでは、Neflixの6カ月視聴権とのセットも販売される。(2020/11/18)

MVNOに聞く:
プラン刷新でiPhone SEも実質0円から 新生「J:COM MOBILE」の戦略を石川社長に聞く
ジュピターテレコムのMVNOサービス「J:COM MOBILE」が料金プランを刷新した。J:COM MOBILEでは高年齢層のユーザーが集中していたが、若年層にも広げるのが狙いだ。iPhoneの取り扱いからオンライン強化、政府の値下げ要請の影響まで、石川雄三社長に幅広く聞いた。(2020/11/2)

アンカー、48時間限定「Amazonプライムデー」で70製品以上を最大50%オフに
アンカー・ジャパンは、10月13日〜14日の48時間限定で実施する「Amazonプライムデー」に70製品以上を用意。スマートフォン関連製品や家電製品、オーディオ製品などを最大50%オフで販売する。(2020/10/7)

Googleさん:
Googleのくつろぎ製品パーティー「Launch Night In」はどんな様子だったのか
Googleが例年の「Made by Google」の代わりにバーチャルで配信したハードウェア発表イベント「Launch Night In」の30分をまとめてみました。ハードウェアだけでなく、「カメラ」アプリの新機能や11月の音楽イベントなども発表。(2020/10/3)

Googleの「Chromecast with Google TV」はリモコン付きで49ドル
Googleが、4年ぶりに映像ストリーミング端末を発表した。「Chromecast with Google TV」は付属のリモコンで「Apple TV」や「Fire TV」のような画面を操作できる。価格は49ドルで、日本でも発売の見込み。(2020/10/1)

Googleさん:
Googleから「夜の招待状」 うわさまとめ(Pixel 5以外)
Googleが9月30日(日本では10月1日超早朝)に開くオンラインイベント「Launch Night In」で発表されるハードウェアのこれまでのうわさをまとめました。(2020/9/21)

モバイルバッテリーの「Anker」が株式上場 研究開発への投資を加速
モバイルバッテリーで知られる中国Ankerが、深セン証券取引所の「創業板(ChiNext:チャイネクスト)」市場に株式を上場した。それに合わせて、日本法人のアンカー・ジャパンも体制変更を行った。(2020/8/24)

組み込み採用事例:
TCLと共同開発した8KテレビがIMAX Enhancedグローバル認証取得
オンキヨーは、TCL Electronics Holdingsと共同開発したAndroid TV「TCL QLED TV 8K X915」シリーズが、「IMAX Enhanced」のグローバル認証を取得したと発表した。サウンドバーにオンキヨーのオーディオ技術を搭載している。(2020/7/27)

Xiaomi、「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォンなどIoT新製品を発表
Xiaomiは7月15日、「Xiaomi Ecosystem Product Launch」を開催。ウェアラブル端末「Mi Smart Band 5」や完全ワイヤレスイヤフォン「Mi True Wireless Earphones 2 Basic」などを発表。日本での展開は未定。(2020/7/16)

高輝度800ANSIルーメン、最大4時間バッテリー搭載のAndroid TVプロジェクター「XGIMI Halo」
プラススタイルは、7月2日にポータブルプロジェクター「XGIMI Halo」を発売。最高800ANSIルーメンの高輝度とフルHDの解像度で投影でき、省エネモード時には映像を最大4時間投影できる。OSは「Android TV」で、Google アシスタントによる操作も可能だ。(2020/7/2)

WarnerMediaの定額動画サービス「HBO Max」スタート Apple TVやPS4にも対応
NetflixやDisney+と競合するWarnerMediaの定額動画サービス「HBO Max」が米国でスタートした。月額14.99ドルと競合より高いが、AT&Tの顧客であればかなりお得なプランを利用できる。(2020/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。