ニュース
» 2015年01月15日 12時51分 UPDATE

ビットレートは320kbps固定:OTOTOY、一部タイトルをAAC形式でも配信開始

音楽配信サービスOTOTOYは、配信中のタイトルのうち一部でAAC形式による配信を開始した。ビットレートは320kbpsに固定する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 オトトイは2015年1月14日、音楽配信サービスOTOTOYで一部楽曲のAAC形式による配信を開始した。ビットレートは、320kbpsに固定となる。

hm_oto01.jpg 音楽配信サービスOTOTOY

 OTOTOYでは、WAV、ALAC、FLAC、MP3、DSDファイル形式で配信していたが、AACで6種類目となる。同社では、AACはiTunesなど多くの配信サービスで使用されていることもあり「ユーザーの再生環境にあわせた選択の幅が大きく広がった」としている。

 AACは、量子化ビット数/サンプリング周波数が24bit/96kHzまで対応しているが、MP3と同様に圧縮音源なのでハイレゾとは呼ばない。WAVと比べて、データ容量をおよそ30%から10%まで小さくできることや、ジャケット画像の埋め込み、楽曲情報の記録ができるといった特徴がある。

hm_oto02.jpg OTOTOYでのファイル形式選択メニューのイメージ

関連キーワード

AAC | 音楽配信 | WAV | DSD | FLAC | 周波数 | iTunes | MP3


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう