ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「音楽配信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!音楽配信→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で音楽配信関連の質問をチェック

関連キーワード

「Apple Music Classical」提供開始 Appleが考えるクラシック音楽配信の在り方
1月24日、日本でApple Music Classicalのサービスが開始された。既存のApple Musicサブスクリプションに登録しているユーザーであれば、追加料金なしで、500万曲以上のカタログから楽曲を楽しめる。Appleはなぜ、クラシックジャンル専門のアプリの提供を開始したのだろうか。(2024/1/25)

3000人に聞いた:
Z世代に人気の動画配信サービス「Netflix」「Amazon Prime Video」を抑えた1位は?
若年層の動画・音楽配信サービスの利用者数が増加傾向にある中、Z世代に人気の音楽サブスクとは。ペンマーク(東京都目黒区)が調査を実施した。(2024/1/16)

2023年、話題になった「あれ」どうなった?:
Spotifyで人気爆発、日本発「ガチャポップ」とは?
デジタル音楽配信サービス「Spotify」が5月にローンチしたプレイリスト「Gacha Pop(ガチャポップ)」が海外で人気だ。日本の音楽をごちゃ混ぜにしたプレイリストがなぜ人気なのか。(2023/12/29)

レコチョク責任者に聞く「生成AIと音楽ビジネス」 クリエイティブ分野での課題は?
「音楽業界のIT部門」を自称し、国内ではいち早い音楽配信事業や、デジタルによるアーティスト支援を展開してきたレコチョク。かつて「着うた」で有名だった同社が今、生成AIの積極的な活用を進めている。生成AIをクリエイティブ分野で活用する際の課題とは?(2023/11/29)

KDDI、3D音楽ライブ配信サービス「αU live」提供 アーティスト向けに音楽配信の代行も
KDDIは、360度自由視点の3D音楽ライブ配信サービス「αU live」を提供開始。クラウドレンダリングで幅広い端末に対応し、今後はバーチャルシンガー「花譜」などさまざまなアーティストと連携していく。(2023/10/24)

「二度見した」 宇宙規模の音楽配信サービス「Spotify」のアクセス解析が斬新すぎると話題
他が0パーセントで安心。(2023/8/4)

4月のアルバムDLランキング 3位「ももいろクローバーZ」、2位「JO1」、1位は?
レコチョク(東京都渋谷区)は、同社が展開する音楽配信サービスのダウンロードランキングである「レコチョクアワード月間最優秀楽曲賞2023年4月度」を発表した。アルバムランキングでは、BE:FIRSTの「Smile Again」が1位を獲得した。(2023/5/13)

NTTドコモの「ひかりTVミュージック」8月末で終了 「経営資源を集中するため」
NTTドコモは26日、音楽配信サービス「ひかりTVミュージック」を8月末で終了すると発表した。2013年に当時のNTTぷららが始めたサービスだった。(2023/4/27)

ドコモの「ひかりTVミュージック」、8月31日にサービス終了
NTTドコモは、8月31日に音楽配信サービス「ひかりTVミュージック」を提供終了。これに伴い、月額有料契約「聴き放題サービス」の新規申込受付とシングル/アルバムの購入を5月31日に終了する。(2023/4/26)

3月に最も聴かれたシングル 米津玄師「LADY」を抑えた1位は?
レコチョク(東京都渋谷区)は展開する音楽配信サービスで、ダウンロードランキングである「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2023年3月度」を発表した。シングルランキングでは由薫「星月夜」が、アルバムランキングでは乃木坂46『人は夢を二度見る(Special Edition)』が月間ランキング1位を獲得した。(2023/4/19)

BBCのDX戦略に立ちはだかる「理想と現実」【第3回】
公共放送局が「DX」で“Netflixに勝つ日”
実効性には懐疑的な見方もあるものの、公共放送局BBCはDXを推進すべく、さまざまな変革に着手している。既存の動画・音楽配信サービスとの競合も見据えた、同局の取り組みとは。(2023/3/31)

Apple、クラシック特化の音楽配信「Apple Music Classical」スタート ただし日本は対象外
米Appleは3月28日(現地時間)、クラシック音楽の愛好家向けに設計された、音楽配信アプリ「Apple Music Classical」を発表した。Android向けアプリは近日公開予定だが、日本、中国、ロシア、韓国、台湾、トルコでは利用できない。(2023/3/29)

dヒッツ調べ:
2月に最も聴かれたアーティスト 2位「Official髭男dism」、1位は?
NTTドコモは、音楽配信サービス「dヒッツ powered by レコチョク」で、2月度の楽曲再生回数をアーティスト単位で合算した「2023年2月度dヒッツアーティストランキング」を発表した。(2023/3/23)

1月に聴かれたアーティスト 「back number」を抑えて1位になったのは?
NTTドコモは、自社で提供する定額制音楽配信サービス「dヒッツ powered by レコチョク」(以下:「dヒッツ」)で、1月度の楽曲再生回数をアーティスト単位で合算した「2023年1月度dヒッツアーティストランキング」を発表した。3カ月連続で1位になったのはOfficial髭男dismだった。(2023/2/28)

TVアニメの影響力高く:
22年の音楽配信、2億再生突破は11曲 『SPY×FAMILY』『ONE PIECE』主題歌がヒット
GfK Japanは、2022年の音楽ストリーミング配信の市場概況を発表した。22年に2億回以上再生された楽曲は11曲であること、アニメやドラマ関連の楽曲が多く再生されていたことがわかった。23年の業界の展望は?(2023/2/28)

「プリキュア」シリーズの楽曲がサブスク解禁 シリーズ20作から790曲以上配信
マーベラスは、テレビアニメ「プリキュア」シリーズのボーカル楽曲790曲以上を各音楽配信サービスで提供を始めた。2004年に放送したシリーズ1作目「ふたりはプリキュア」の主題歌から、最新作「ひろがるスカイ!プリキュア」の楽曲が対象になる。(2023/2/8)

「Apple Music」に“カラオケ機能” ボーカル音量を自由に調整 歌詞表示も歌いやすく
米Appleの音楽配信サービス「Apple Music」に、新機能「Apple Music Sing」が登場した。いわゆる“カラオケ機能”のようなもので、ボーカルの音量を調節することができ、音節ごとにタイムリーに表示される歌詞に合わせて一緒に歌うことができる。(2022/12/7)

アイマス楽曲をサブスク誤配信 予定のないミリオンライブ!曲を一時公開
ランティスが「アイドルマスター ミリオンライブ!」の一部楽曲を各種音楽配信サービスで誤配信したと明らかにした。配信楽曲は削除済み。(2022/12/7)

12月6日は「音の日」:
「ミリオン」はもう古い? CD売り上げが減る中、音楽のヒットは「ビリオン」になるかもしれない
エジソンが錫箔蓄音機を発明した日とされることから、12月6日は「音の日」に制定されている。オーディオレコード市場を見れば、CD売り上げが減りつつも、アナログディスクの売り上げが伸びているようだ。また、昨今は音楽配信の市場も伸びており、これからは「ミリオン」より「ビリオン」がヒットの証となるかもしれない。(2022/12/6)

10月に聴かれたアーティスト 3位「YOASOBI」、2位「Official髭男dism」、1位は?
NTTドコモは、自社で提供する定額制音楽配信サービス「dヒッツ powered by レコチョク」(以下、dヒッツ)で、10月度の楽曲再生回数をもとにした「2022年10月度dヒッツアーティストランキング」を発表した。(2022/11/23)

10月の楽曲ダウンロードランキング シングル、アルバム共に初の1位を獲得したのは?
レコチョクは(東京都渋谷区)は展開する音楽配信サービスで、ダウンロードランキングであるレコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞2022年10月度を発表した。(2022/11/14)

デジタル変革成功のメソッド どこから挑む? どこから変える?:
AppleがSpotifyに敗れた“本当の理由”
「DXを成功させるために何から着手すべきか?」――この悩みに、DXの現場の苦労を良く知る筆者陣が、目的の設定や人材育成、データ活用などのさまざまな観点から答える連載がスタートした。初回は、音楽配信サービスのシェアを巡ってAppleがSpotifyとの戦いに敗れた事例を交えながら、DXを考える上で「いの一番」に知っておくべきことを紹介する。(2022/11/9)

Amazon Music、Prime会員の再生可能曲数が200万曲→1億曲になるも、SNSでは批判の声
音楽配信サービス「Amazon Music」がアップデート。Prime会員(月額500円/年間4900円)を対象に追加料金なしで1億曲以上もの楽曲をシャッフル再生できるようになった。一方で批判的な声も。(2022/11/2)

マイボイスコム調べ:
直近1年間に利用した定額制音楽配信サービス 「Spotify」を抑えて1位になったのは?
マイボイスコム(東京都千代区)は、「定額制音楽配信サービスに関する調査」を実施した。直近1年間に利用した定額制音楽配信サービスを聞いたところ、「Amazon Music Prime」(41.7%)が最多となった。(2022/10/8)

Marketing Dive:
Spotifyの広告売り上げが伸び続ける“音楽配信以外の”意外な理由
Spotifyが2022年第2四半期の決算で前年同期比31%増と広告売り上げを伸ばしたことを発表した。デジタル広告業界全体が勢いを失いつつある中で同社の広告事業が成長を続ける秘密とは何か。(2022/9/16)

6.6億回再生の人気音楽配信“lofi hip hop radio”が「虚偽の権利侵害申請」により配信停止に ファンから「YouTubeくん許さねぇ」と復活求める声
ずっと勉強していた“あの娘”は今頃、息抜きでもしているのかな。(2022/7/11)

「シン・ウルトラマン音楽集」サブスクで半分だけ先行配信、CDは22日発売
キングレコードは8日、映画「シン・ウルトラマン」の劇中曲などを集めた2枚組CDのうち1枚目の収録曲を各音楽配信サービスで先行配信すると発表した。CDは22日発売。(2022/6/8)

音楽配信の売り上げ、四半期ベースで初の250億円超え
日本レコード協会は、「2022年第1四半期(1〜3月)の音楽配信売上実績」を発表した。その結果、第1四半期の音楽配信の売り上げは251億900万円で、四半期ベースでの250億円超えは、音楽配信の統計を集計して以来初となる数字。(2022/6/7)

アニソン特化の音楽サブスク「ANiUTa」、7月31日にサービス終了
アニソンに特化した定額制音楽配信サービス「ANiUTa」を手掛ける、アニュータ(東京都豊島区)は7月31日をもって同サービスを終了すると発表した。理由については明かしていない。(2022/6/1)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
3G時代を盛り上げた「着うたフル」からサブスクまで 携帯の音楽配信を振り返る
4Gから5Gへと切り替わる今、有料動画配信サービスをいつでもどこでも楽しめるのが、当り前の光景になりつつある。同様に今から20年ほど前、2Gから3Gに切り替わる時代に芽吹き、その後当り前の光景として定着していったのが音楽配信サービスだ(2022/4/17)

Amazon Music Unlimitedが一部値上げ、5月から 「より多くのコンテンツや機能をお届けするため」
Amazonは、音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」の一部プランの価格を5月5日から値上げする。理由は「より多くのコンテンツや機能をお届けするため」と説明している。(2022/4/5)

アマゾン、渋谷に音楽スタジオ開設 「Amazon Music」コンテンツ制作に
アマゾンジャパンは15日、音楽配信サービス「Amazon Music」の独自コンテンツ制作拠点として渋谷に音楽スタジオを開設すると発表した。(2022/3/15)

音楽配信は4年連続2ケタ成長 ストリーミングはダウンロードの5倍強に
日本レコード協会は3日、2021年の音楽配信売上が895億円だったと発表した。4年連続で2桁成長を果たした。(2022/3/3)

2021年の音楽配信の売り上げは895億円 11年ぶりの800億円超え
日本レコード協会は、2021年の音楽配信の売り上げを発表した。(2022/3/4)

Epic Games、音楽配信・販売のBandcampを買収
Epic Gamesは音楽配信・販売サービスを手掛けるBandcampを買収すると発表した。Bandcampはアーティストが自分の音楽やグッズを販売できるサービス。買収完了後も独立子会社として従来通り運営を続ける。(2022/3/3)

au、エンタメセットのデータ使い放題プランが1100円×6カ月割引に
KDDIは、1月28日から「au応援割(楽しみ放題)」を提供開始。動画や音楽配信などがセットとなったデータ使い放題プランの月額料金を6カ月間で最大1100円割り引く。(2022/1/26)

デジタルエンタメで電子マンガと音楽配信が消費2倍に 家計簿から分析
エンタメ関連のデジタル消費はコロナ前の1.5倍に拡大し、月間支出のうち4.3%に——。950万ダウンロードの家計簿ソフトZaimに記録されたデータから、こんな状況が分かった。(2022/1/24)

サブちゃん、サブスク解禁 元旦から747曲 「芸道60年の集大成」
サブちゃんこと北島三郎さんの楽曲が、2022年1月1日から各種サブスクリプション型音楽サービスに登場する。代表曲「まつり」「与作」「風雪ながれ旅」「函館の女」など全747曲。(2021/12/27)

Apple、月額480円の「Apple Music」Voiceプランの提供を開始 Siriを介して利用可能
Appleは、有料サブスクリプション音楽サービス「Apple Music」の新プラン「Voiceプラン」の提供を開始した。Siriを介した利用に絞り込むことで、月額480円(税込み)と従来プランよりも手頃な価格で利用できるようにしたことが特徴だ。(2021/12/14)

「モーラ クオリタス」22年3月に終了 ソニーのハイレゾストリーミング 開始から約2年半で
ソニー・ミュージックエンタテインメントは1日、ストリーミング音楽配信サービス「mora qualitas」を2022年3月29日に終了すると発表した。(2021/12/1)

スマホ料金プランの選び方:
コンテンツの「セットプラン」と「データ使い放題」を選べる通信キャリアやMVNOは?
スマートフォンの料金プランには、特定のサービスと一緒に使うことでお得になるものもある。例えば動画配信サービスや音楽配信サービスの月額料金が、料金プランの中に含まれているケース。キャンペーンで一定期間無料になるものも含め、人気のサービスをお得に利用できるプランが増えてきている。(2021/10/28)

Siri専用:
Apple Musicに「Voice Plan(ボイスプラン)」が登場 日本を含む17地域で2021年秋にサービス開始
Appleの有料サブスクリプション音楽サービス「Apple Music」に新プランが登場する。Siriからのみ利用できるようにすることで、月額料金を抑えていることが特徴だ。【追記】(2021/10/19)

半径300メートルのIT:
気軽にしていませんか? 配信サービスの“アカウント共有”が招く最悪のシナリオ
動画配信サービスや音楽配信サービスでよく見られる「アカウント共有」ですが、このリスクについて触れられることはあまり多くないように思えます。友人や家族と言えどもアカウント共有が危険な理由を解説します。(2021/10/19)

「アプリを削除したのに……」サブスクの契約トラブル 2021年度以降で国民生活センターに月500件の相談
映像や音楽配信サービスの相談が最も多い。(2021/10/8)

ZARDサブスク解禁、「負けないで」など389曲 新宿駅東口の巨大猫は「負けにゃいで」
「ZARD」の楽曲が9月15日から各種サブスクリプション型音楽サービスに登場した。JR新宿駅東口の巨大猫とのコラボ映像も公開。(2021/9/15)

Spotify、音楽とトークを組み合わせた「Music + Talk」日本でも提供
大手音楽配信サービスのSpotifyは19日、音楽とトークを組み合わせた「Music + Talk」を日本で提供すると発表し、16のコンテンツを公開した。(2021/8/19)

郷ひろみサブスク解禁 デビュー50周年で555曲
ソニー・ミュージックレーベルズは30日、歌手の郷ひろみさんのデビュー50周年を記念し、555曲を各種サブスクリプション型音楽サービスで配信すると発表した。(2021/7/30)

「dミュージック」の月額コースが9月30日に終了
NTTドコモは、スマートフォン向け定額制音楽配信サービス「dミュージック」の月額コースを9月30日19時に終了。10月1日からは「TOWER RECORDS MUSIC powered by レコチョク」へサービスを引継ぐ。(2021/7/1)

ドコモが「Xperia 1 III SO-51B」を7月9日に発売 15万4400円
NTTドコモが、ソニー製のスマートフォン「Xperia 1 III SO-51B」を7月9日に発売する。発売に先立ち、ドコモオンラインショップで7月6日から事前購入を受け付ける。音楽配信サービスを3カ月間無料で利用できるキャンペーンを実施する。(2021/6/30)

「GARNET CROW」サブスク解禁 「名探偵コナン」エンディングなど約420曲
2013年に解散した4人組アーティスト「GARNET CROW」の楽曲が6月30日から各社のサブスクリプション型音楽配信サービスに登場した。「Apple Music」「AWA」「Spotify」など。(2021/6/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。