KDDI、3D音楽ライブ配信サービス「αU live」提供 アーティスト向けに音楽配信の代行も

» 2023年10月24日 12時25分 公開

 KDDIは、10月24日に3D音楽ライブ配信サービス「αU live」を提供開始した。利用料金は公演ごとに視聴チケットを販売する形式で、今後はKAMITSUBAKI STUDIO所属のバーチャルシンガー「花譜」などさまざまなアーティストと連携したコンテンツを配信していく。

KDDI 3D音楽ライブ配信サービス「αU live」を提供開始

 本サービスはGoogle Cloudのクラウドレンダリング技術「Immersive Stream for XR」などを活用し、高スペックPCを必要とするようなリアルタイム視点操作などをスマートフォンをはじめ幅広い端末で気軽に体験可能。スマートフォンの画面をなぞれば最大360度好みの角度や距離から視聴でき、上下左右に指を動かせば視点変更、ピンチイン/アウトでズーム調整の操作が行える。

 これに伴い、バーチャルタレント「Kizuna AI」を生み出したActiv8へ出資。提携アーティストのライブやActiv8制作コンテンツを提供していく他、2024年度をめどに新たなアーティストの創出を目指すという。

 また、11月以降開始に楽曲などの配信代行を行う音楽ディストリビューション事業を開始。バーチャルやリアルのアーティスト、個人やインディーズで活躍するアーティスト向けの音楽配信代行の事業/サービスで、αU liveも含めたアーティストのパフォーマンス映像や楽曲を代理で各音楽配信サービスで配信する。

 これによりアーティストはApple Music、Spotify、YouTubeをはじめαU liveも含めた自身のパフォーマンス映像や楽曲を各音楽配信サービスなど170カ国以上へ一括配信できる。本事業はインディーズ/新人アーティストの音楽活動を支援するエッグスとのパートナーシップで推進していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

最新トピックスPR

過去記事カレンダー