ニュース
» 2015年01月20日 14時39分 UPDATE

「編集した番組」がお引越し可能に!:ソニー、BDレコーダーソフトウェアアップデート――秋モデルの「お引越し機能」改善

ソニーがBDレコーダーの2014年秋モデル「BDZ」シリーズ4機種で、ソフトウェアアップデートを1月20日から提供。「お引っ越し(データダビング)機能」で「他機器で撮影した1080/60p映像」と「編集した番組」にも対応した。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ソニーは2015年1月20日、Blu-ray Discレコーダーの秋モデル「BDZ」シリーズで、ソフトウェアアップデートの提供を開始した。

 アップデートの対象になるのは「ET2200」「ET1200」「EW1200」「EW520」の4機種。アップデート後のソフトウェアバージョンは「28.xx.006」になる。

hm_so01.jpghm_so02.jpg Blu-ray Discレコーダーの2014年秋モデル「BDZ-ET2200/ET1200」(写真=左)、「EW1200/EW520」(写真=右)

 今回のアップデートでは、2014年12月10日に追加された「お引っ越し(データダビング)機能」を改善し、「他機器で撮影した1080/60p映像」と「編集したタイトル」にも対応するようになった。なお、引っ越し元の機器で「引っ越しできない」番組一覧は、ソニーホームページで確認できる。

 アップデート方法は、デジタル放送ダウンロードとUSBメモリー(PC利用)などを介した手動アップデートとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.