ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「引越」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「引越」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「povo2.0」が“ほぼ0円”で使える? いつもの買い物でデータ容量がもらえる「ギガ活」のユニークさ
楽天モバイルの携帯プラン有料化で注目をあつめるのが「povo2.0」だ。楽天と同じく基本料金は0円だが、高速通信を使うには有料オプションを購入する必要がある。ただし、より安く使う手段も用意されている。それが「ギガ活」だ。(2022/5/21)

滝沢眞規子、住み慣れた豪邸にトラブル “配管工事”で引っ越しに疲労困憊「おうちを探すってなかなか大変」
序盤からヘトヘトの滝沢さん。(2022/5/9)

フィッシング詐欺も季節を考慮? 「えきねっと」「日本郵便」かたるサイトは新生活シーズンに急増
BBソフトサービスは、3月に急増した「えきねっと」や「日本郵便」をかたるフィッシング詐欺は年度末や新生活シーズンを狙った可能性が高いとする調査結果を発表した。(2022/5/6)

堀ちえみ、引っ越して半年の新居に“想定外”の不具合 ダイニング解体&再工事を余儀なくされ「ほぼ徹夜でフラフラ」
床に張り替えを要する不具合が見つかったとのこと。(2022/4/29)

タレントマネジメントの落とし穴:
人事異動のトレンド「キャリア自律のため本人・事業部門任せ」は、本当に正解? “適材”が先か、“適所”が先か
事配置の基本方針として「適所適材」を掲げる企業が増え、これからの配置は適所適材だ! という雰囲気です。しかし、ちょっと待ってください。(2022/4/25)

PR:5人家族だと最大10万円分のポイント…だけじゃない! 家族全員の役に立つ「マイナンバーカード」のメリットまとめ
「マイナポイント」以外にも、活用できるシーンが色々あります。(提供:総務省)(2022/4/20)

テレワークのための引っ越しは3.5%止まり、オンライン活用でスピード転居に ソニー損保調査
ソニー損保は13日、コロナ禍の引っ越しでオンライン活用が進み、スピード引っ越しにつながったとする調査結果を発表した。一方でテレワークを理由にした転居は3.5%に止まった。(2022/4/13)

どうなる? 強制転勤廃止:
「望まない転勤」を廃止 対象社員をどう選ぶのか? すでに転勤済みの社員はどうする?
社員が望む働き方を実現する施策の一つとして重要な課題といえる「強制転勤の廃止」。社員側・企業側双方メリットがある一方、企業側にデメリットが生じる場合もある。自社で導入するには、どのような点に留意すべきだろうか。(2022/5/9)

空き家問題:
全国で急増する“空き家”に関する意識調査「居住用など自身で利活用を望む傾向が増加」
クラッソーネは、社会問題化している「空き家問題」について、独自のアンケート調査を実施した。調査結果では、空き家相続の兆しとして、団塊世代から団塊ジュニアへ相続されている実態が明らかとなった一方で、空き家の活用方法は、「居住用やセカンドハウスなどで活用したい」と、自身での利活用を望む回答が増加している傾向が明らかになった。(2022/4/12)

法人課税はどう変わったか:
【経理必見】令和4年度税制改正、経理業務への影響は? ポイントを解説
「令和4年度税制改正」では所得拡大促進税制の拡充や住宅ローン減税の見直しなどが目玉となりそうです。その他、少額減価償却資産の損金算入特例の見直しなども要注目です。2021年に公表された税制改正大綱から、経理担当者が押さえておきたい改正ポイントを解説します。(2022/4/12)

どうなる? 強制転勤廃止:
「望まない転勤」をやめてほしい社員 vs 不都合が生じる企業 2パターンの解決策
社員が望む働き方を実現する施策の一つとして重要な課題といえる「強制転勤の廃止」。社員側・企業側双方メリットがある一方、企業側にデメリットが生じる場合もある。しかし、結局状況を変えずにいると、優秀な人材の確保・定着の機会を逸してしまう。では、具体的にどのように検討を進めればよいのか、論点と手法をまとめた。(2022/5/6)

コロナ禍の影響は:
オフィス移転「都市部→郊外」はどれだけ増えたのか?
コロナ禍で、オフィス移転のエリア選定はどのように変わったのか? アート引越センターの調査内容を紹介する。(2022/4/4)

コロナ禍の働き方:
オフィス移転をきっかけになくしたもの 2位「社員食堂」、1位は?
コロナ禍で働き方に合わせてオフィスを移転する企業が増えている。そうした企業が、オフィス移転をきっかけになくしたものや加えたものとは?(2022/4/1)

Engadget日本版の思い出 4つの時代を振り返る
3月31日で終了するニュースブログメディア「Engadget日本版」。深く関わった小寺信良さんが、編集長たちとの思い出を語る。(2022/3/31)

杉浦太陽、「辻ちゃんネル」登録者数100万人突破をサプライズ祝福 “新居ルームツアー”は24時間たたずして160万再生超
どんだけステキ夫婦なの。(2022/3/27)

辻希美&杉浦太陽、新居への引っ越しに喜び 1年半前から計画「まだまだ大変な事がいっぱいありますがw」
次男の誕生日前に引っ越しできてほっとしているもよう。(2022/3/21)

“働く場所”の今とこれから(3):
日本から「望まない転勤」がなくなる日は来るのか?
多くの企業で、転勤を含む人事異動が行われる季節が近づいてきた。一方で、「望まない転勤」の廃止を目指す企業が増えている。日本から「望まない転勤」がなくなる日は来るのか、そのためには何が必要だろうか──?(2022/3/18)

ニッセイ基礎研究所が分析:
在宅勤務の利用状況から見る、郊外や地方移住の可能性
2021年、東京23区から他の都道府県への転出が、初めて転入を上回った。しかし実際の転出先は関東の隣接県が多く、地方移住は進んでいない。今後、移住は増えるか。移住を左右する要素の一つが、テレワークの浸透である。(2022/3/17)

ゲーム「World of Tanks」のWargaming、キーウ勤務者550人に代替住居を提供 ウクライナ赤十字社に100万ドル寄付
ウクライナへのロシアの軍事侵攻を受けて発表されました。(2022/3/3)

キャリアニュース:
大手企業の68.5%が、自己都合による遠隔地への居住を「認めている」と回答
Works Human Intelligenceが、大手企業を対象にした「自己都合で遠隔地に居住する従業員の通勤や転勤の扱い」に関する調査結果を発表した。通勤に数時間以上かかる遠隔地への居住を、何らかの形で「認めている」と68.5%が回答した。(2022/3/3)

“働く場所”の今とこれから(2):
増える“転勤拒否族”、揺れる企業のホンネ
共働き世帯が増加し、生活拠点の変更を迫られる転勤が、社員の離職につながる危険性が増している。しかし、「転勤廃止」は全ての企業に現実的な策ではない。揺れる企業のホンネと、迫る課題の解決策とは──?(2022/3/3)

ホテル暮らしを叶える“ホーム・イン・ホテル”:
ホテルニューオータニ、6泊15万円からの「サービスアパートメント事業」本格始動
ホテルニューオータニ(東京)が長期滞在者向けの新サービス「ホテルニューオータニ サービスアパートメント」を開業する(2022/3/1)

浜崎あゆみ、移転前最後のエイベックス本社ビルで“受付嬢”に 「思い出せない位の想い出たちにありがとう」
何を話したんだろう。(2022/2/25)

転勤の引越件数も戻りつつある:
3〜4月に引越予定の400人に聞いた 2022年春の引越トップシーズンは?
アート引越センターのシンクタンクである「0123引越文化研究所」が、春の引越大予測調査を行った結果、今年の引越トップシーズンは、3月26日〜4月3日と予測されることが分かった。(2022/2/25)

povo、「#ギガ活」の対象店舗を順次追加 最大20GBの特典も
オンライン専用プラン「povo2.0」でデータ容量(ギガ)をためられる活動「#ギガ活」において、新たに6つの店舗・サービスが対象となる。対象はAOKIやアート引越センターなど。ブックパスとTELASAが2月28日に対象から外れる。(2022/2/22)

認めない理由は:
「通勤2時間以上でもOK」大企業の7割、通勤手当は?
Works Human Intelligenceは、「自己都合で遠隔地に居住する従業員の通勤や転勤の扱い」に関する調査を実施。通勤に数時間かかる遠隔地の居住を認める会社は約7割で、約3割は実費支給の上限が「ない」と回答した。(2022/2/22)

“働く場所”の今とこれから(1):
NTT、JTB、カルビーも“強制転勤廃止” それでも多くの企業に残る課題
コロナ禍のテレワークの普及に伴い、従来の“転居を伴う転勤制度”を見直す企業が徐々に増えている。こうした転勤廃止の流れは、どこまで広がるのだろうか? 「日本型雇用」の歩んできた道を振り返りながら、“働く場所”の今とこれからについて、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が考察する。(2022/2/18)

新連載「どうなる? 強制転勤廃止」:
なぜ、転勤廃止は「難しかった」のか? “過去形”になった理由
昨今、大手企業が単身赴任や望まない強制転勤を廃止する動きが出てきた。そもそもなぜ転勤は必要とされているか、昨今の強制転勤廃止の背景にあるものは何か。(2022/2/10)

自治体と銀行、ライフライン事業者を丸ごと連携「引越しワンストップサービス」は実現するか、実証実験の結果
トッパン・フォームズは、引越しに伴って発生する各種手続きのオンライン化に関する実証実験を実施した。複数の自治体や金融機関での各種手続きをスマートフォンから一度にまとめて手配する仕組みだという。(2022/2/1)

京王プラザホテル、長期滞在プランを延長 14泊9万1000円の「シンプルプラン」も展開
京王プラザホテルが、ビジネスと暮らしの両方を兼ね備えたサービスアパートメント型の長期滞在プランの販売を6月30日まで延長する。(2022/1/27)

コロナ禍の雇用不安を乗り越えるには
“コロナ離職”を本気で防ぎたいなら「女性の“仕事への不安”」に向き合うべし
コロナ禍の影響で生じた離職リスクに歯止めをかけるために、企業はさまざまなアプローチを試している。こうした中、雇用主は女性の職場復帰を図ることが重要だとGartnerは指摘する。その理由は。(2022/1/27)

オリコン調べ:
満足度の高い引越し会社「サカイ」と「日通」が総合1位 理由は?
oricon MEは「引越し会社」についての満足度調査を実施した。(2022/1/6)

2023年8月の移転完了を目指す:
日本ミシュランタイヤ、東京から群馬に本社移転 社員は転居か在宅勤務に
日本ミシュランタイヤは本社機能を東京都新宿区から群馬県太田市に移転する方針を発表した。今後、都内のオフィスを段階的に縮小し、2023年8月の移転完了を目指す。愛知県名古屋市のオフィス体制に変更はない。(2021/12/23)

地方移住に関心がある4割超、移住後もテレワーク希望――現実と課題は
NTTデータ経営研究所の調査によると、地方移住によるテレワークでの勤務やワーケーションのニーズが高まっている。一方、ワーケーション実施には課題があることも明らかになった。(2021/12/8)

202人に聞いた:
看護師が転職した理由 3位は「夜勤がツライ」、2位と1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、転職経験のある看護師202人を対象に「転職理由に関する意識調査」を実施した。転職理由の上位にきたのは?(2021/12/3)

はなわ、半年前に購入した新居を家族でDIY増築 夫婦仲良く料理する姿にほっこりする人が続出
ウッドデッキとフェンス作り。(2021/11/24)

究極の囲い込み:
“愛線心”が生まれそう! 小田急の「子ども一律50円」戦略
関東圏の私鉄各社が、子育て世代をターゲットにした施策を打ち出している。小田急電鉄が発表した「小どもIC運賃一律50円」をはじめ、各社の戦略を見てみよう。(2021/11/22)

社内副業は“クエスト”:
「人事評価の対象外」で社内副業 損保ジャパン新制度は、なぜこの設計になった?
損害保険ジャパンの社内副業制度は、就業時間のうち2割を社内副業に充てられるが、本来の仕事を減らすなどのルールは特段設けておらず、また副業先での業務は人事評価の対象にはならないという。本当に機能しているのか。(2021/11/19)

“PC”あるいは“Personal Computer”と呼ばれるもの、その変遷を辿る:
PC互換機はIntelだけではない ジョブズのいないAppleが進めたPRePとCHRP
PRePとかCHRPって知ってます? 知っているとしたらジョブズ再登場以前からのMacユーザーのはず。今回はこの辺りのお話です。(2021/10/30)

新登場の「Fire TV Stick 4K Max」 4Kの視聴環境がない人でも選ぶべき理由
Amazonが新たに発売した「Fire TV Stick 4K Max」は、Fire TVシリーズとしては初めてWi-Fi 6接続に対応し、メモリ増量で処理パフォーマンスアップ、リモコンも最新版に改められた。実際の使い勝手をチェックしよう。(2021/10/27)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(4):
感染拡大から1年半――、コロナ禍がもたらした「不動産仲介市場」の変化を読み解く
日本がコロナ禍に見舞われてから、1年半あまりが経ちました。1回目の緊急事態宣言の際は、転居の延期や取りやめが相次いだことで、不動産仲介の業況も急激に悪化する事態となったものの、今では働き方や暮らし方が変容した形での住まい探しの動きも戻ってきています。そこで今回は、アットホームが2021年8月23日に公表した「地場の不動産仲介業における景況感調査」から、不動産店の経営者層に聞いた2021年4〜6月期の業況について解説していきます。(2021/9/24)

堀ちえみ、54歳で“終の棲家”を急に引っ越した理由 旧宅隣に「家族にとってのマイナス要素」が発生
9月18日には新居へ移っていました。(2021/9/21)

“猫ふんじゃった”ら怒る猫、しかし人をふむのは…… 悪びれない猫を許しちゃう飼い主を描いた漫画に共感集まる
そういうとこ、あるよね。(2021/9/19)

「危険な所に引っ越しせん方がええ!!」 吉本新喜劇の五十嵐サキ、“トラブル”で引っ越し直前に物件キャンセル
母のことを考え、父とともに引っ越しを計画していた五十嵐さん。(2021/9/14)

Salesforce、中絶禁止法施行のテキサス州からの従業員脱出支援を約束
Salesforceは全社Slackで、テキサス州の妊娠中絶禁止法を懸念する同州在住の従業員の転居を支援すると告知した。マーク・ベニオフCEOは「望むなら支援しよう」とツイートした。(2021/9/13)

はなわ、佐賀県からの“引越し動画”に反響 コロナ禍で家族総出の関東移住を決意「ありがとう佐賀」
ついにこの日が。(2021/9/12)

「オイオイ泣くのかな」 武田久美子、18年共に暮らした娘の巣立ちを報告 別れ前の“成長”を「嬉しく思います!」
9月中旬開始の大学に合わせ、寮生活を始めるもよう。(2021/9/9)

石野純也のMobile Eye:
MVNOに開放された「+メッセージ」 それでも課題は山積、打倒LINEは遠い?
ドコモ、au、ソフトバンクの大手3キャリアが合同で提供する「+メッセージ」が、UQ mobileとY!mobile、そしてMVNOに提供される。SMSやMMSの進化版として順調に規模を拡大しているが、課題も多い。現状の+メッセージは非常にシンプルなメッセージのやりとりだけとどまっており、コミュニケーションを起点にしたサービスの拡充が遅れている。(2021/9/4)

「地方の家族と同居したい」と引っ越すテレワーク社員 出勤時の新幹線代は「出張扱い」になる?
「遠方の配偶者と同居したい」と新幹線通勤を希望する社員がいます。通勤は月に1〜2回ほどですが、移動費用は「通勤手当扱い」と「出張扱い」、どちらにすべきでしょうか?(2021/8/31)

シニアの長所を生かす:
おじいちゃんIT人材が爆誕!? AI分野で、どんな業務を任せているのか
定年の65歳延長を控え、企業がシニアをどう活用していくかが課題となっている。高齢者には縁遠いイメージのあるAI分野の業務にシルバー人材を活用するライトカフェ(東京都渋谷区)に、雇用の背景や円滑に業務を進めるための工夫を聞いた。(2021/8/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。