ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マンション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Business Media 誠:不動産チャンネル

産業動向:
2021年全国分譲マンション供給専有面積ランキング発表
不動産経済研究所は、2021年の供給実績を元に、売主・事業主別の供給専有面積ランキングを公開した。供給面積のトップは2年連続で野村不動産、三井不動産レジデンシャルが僅差で2位、前年7位の大和ハウス工業が3位に。(2022/5/20)

サンリオピューロランドに新アトラクション「キャラグリレジデンス」がオープン キャラクターが住む高級マンションでグリーティングを楽しめます
新アトラクションのオープンは6年ぶり。(2022/5/18)

プロジェクト:
都市共同化事業を採用したマンションが東京・品川区で竣工、旭化成不動産レジデンス
旭化成不動産レジデンスは、東京都品川区で開発を進めていた新築分譲マンション「アトラス北品川」が2022年1月31日に竣工したことを公表した。今回は、旭化成不動産レジデンスが地元地権者9人と共同で行う都市共同化(等価交換)事業を採用し、RC造地上11階建てで、総戸数52戸(店舗2区画含む)の分譲マンションを開発した。(2022/5/17)

低層の賃貸物件を選ぶ傾向:
「誰もが知っている大物は、分譲マンションに住まない」説は本当か
誰もが知っている大物有名人は、小規模な低層の賃貸物件を選び、分譲のタワーマンションなんかにはほとんど住まないという説があるが、本当なのだろうか。(2022/5/16)

プロジェクト:
愛知県名古屋市で延べ4.5万m2の新築分譲マンションが竣工、NTT都市開発ら
野村不動産は、旭化成不動産レジデンス、NTT都市開発、長谷工不動産、長谷工コーポレーションとともに、「錦二丁目7番第一種市街地再開発事業」の一環で、愛知県名古屋市中区錦二丁目で開発を進めていた新築分譲マンション「プラウドタワー名古屋錦」が竣工したことを公表した。プラウドタワー名古屋錦に関しては2020年2月から分譲を行っている。(2022/5/11)

在宅勤務の新しいカタチ:
三菱地所 コワーキングスペースを併設したマンションシリーズを本格稼働
三菱地所レジデンスは5月9日、1階にコワーキングスペースを併設した賃貸マンション「The Parkhabio SOHO(ザ・パークハビオ ソーホー)」を本格稼働すると発表した。(2022/5/10)

他社物件との差別化図る:
大京、マンションの駐車場に「EV充電コンセント」を標準化
マンション開発大手の大京は、今後開発する分譲マンションの駐車区画に電気自動車(EV)用のコンセントを標準設置すると発表した。(2022/5/9)

プロジェクト:
屋上に8種類の花火大会を望めるテラスを設ける分譲マンション、大和ハウス工業ら
大和ハウス工業と総合地所は、東京都江戸川区で開発を進める分譲マンション「プレミスト新小岩ルネ」を2022年3月5日に発売した。(2022/5/9)

部屋の広さによる傾向の違いも:
22年3月の賃貸マンション・アパート家賃相場 上昇率が高いのはどのエリア?
アットホームは、全国主要都市の「賃貸マンション・アパート募集家賃動向(2022年3月)」を発表した。1年の中でも入居者が多い3月。家賃の相場はどのような状況だったのか。(2022/4/28)

産業動向:
矢野経済研究所、2022年度のマンション管理市場に関する調査結果
矢野経済研究所が2022年度における国内の分譲マンション管理市場の調査を実施。マンション管理費と共用部修繕工事を合わせたマンション管理市場全体は、中長期的に成長すると予測した。(2022/4/28)

ドコモ、au、ソフトバンクの「ホームルーター」を比較する どこがお得?
4月1日にソニーワイヤレスコミュニケーションズが「NURO wireless 5G」のサービスをスタートした。ローカル5Gを利用した通信方式で、集合住宅に専用のアンテナを立てて利用する。しかしこの性質上、サービスが広がるには時間がかかる。ではMNO3社のホームルーターを使うのはどうだろうか。(2022/5/2)

プロジェクト:
東京都北区で延べ8万m2の地上39階建てタワマンの開発に着手、東急不動産ら
東急不動産と日鉄興和不動産は、東京都北区上十条二丁目で高層タワーマンション「THE TOWER JUJO」の開発を進めている。(2022/4/27)

ZEH:
長谷工グループが2022年度以降、全マンションを“ZEH化”
長谷工グループは、2050年のカーボンニュートラルを目指す取り組みの一環で、2022年度以降に設計に着手する新築マンションと自社で保有する賃貸マンションで完全ZEH化することを表目した。(2022/4/26)

三井不と三菱地所が共同開発:
東京・港区に高級マンション「三田ガーデンヒルズ」誕生 帝国ホテルのサービスを提供
三井不動産レジデンシャルと三菱地所レジデンスが、2025年3月に竣工予定の「港区三田一丁目計画」の名称を「三田ガーデンヒルズ」に決定したと発表した。(2022/4/26)

プロジェクト:
血液認証装置導入の家具家電付き賃貸マンションが大阪府で着工、三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスは、大阪府吹田市江坂1丁目で開発を進めていた賃貸マンション「ザ・パークハビオ 江坂公園」が着工したことを公表した。ザ・パークハビオ 江坂公園は、三菱地所レジデンスで初めて血液認証装置を導入し、入居者が鍵を持たなくても指だけでエントランスや各住戸、宅配ロッカーを開けられるようにする。また、開発地の江坂は転勤者が多いエリアとして知られており、ザ・パークハビオ 江坂公園も転勤者や単身赴任者からのニーズが見込まれている。(2022/4/26)

プロジェクト:
東京都墨田区で次世代の賃貸マンションが竣工、キッチン・洗濯機・調理器具はシェア
三井不動産レジデンシャルは、東京都墨田区で開発を進めていた賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」が完成したことを公表した。パークアクシス錦糸町スタイルズは、シェアキッチンや家具のサブスクリプションサービス付きで、調理器具や家電製品を持たない入居者でも生活しやすい環境を構築している。(2022/4/25)

調査で判明:
マンション購入時に参考にした媒体「YouTube」や「Twitter」が上位に 理由は?
3Dコミュニケーションプラットフォーム「ROOV」を開発・提供する、スタイルポート(東京都渋谷区)は「X世代マンション購入者の行動変容」に関する調査を実施した。(2022/4/23)

マンションの集合ポストを再現できる! 開閉ギミック付きのミニチュアがカプセルトイで登場
ちっちゃい郵便物や新聞なども付属。(2022/4/19)

一戸建て派が7割:
「一戸建て」または「マンション」のメリット、デメリットは?
マイホームを購入する際、一戸建てまたはマンションに悩む人も多いだろうが、どちらを購入している人が多いのだろうか。マイホームを買った人に聞いた。(2022/4/16)

パークアクシス錦糸町スタイルズ:
選べる食事に家具のサブスク付き「賃貸マンション」の内部はどうなっているのか
三井不動産レジデンシャル(東京都中央区)が手掛ける賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」(東京都墨田区)が3月25日に竣工した。(2022/4/15)

産業動向:
実質再生可能エネルギーを住宅で廉価に採用できる高圧一括受電サービス
三井不動産レジデンシャルと、東京電力エナジーパートナー、ファミリーネット・ジャパンの3社は協定を締結し、住宅業界初となるデマンドレスポンス型料金メニューと実質再生可能エネルギーによる高圧一括受電の標準採用を開始する。マンション入居者が楽しく前向きに、省エネルギーに取り組めるよう仕組みを整備する。(2022/4/14)

プロジェクト:
東京・練馬区で全住戸にIoT設備を導入した新築分譲マンションを開発、伊藤忠都市開発
伊藤忠都市開発は、日鉄興和不動産とともに、東京都練馬区東大泉で開発を進めている新築分譲マンション「クレヴィア大泉学園」のモデルルームを、東京都渋谷区代々木の「ギャラリークレヴィア新宿」内で2022年1月8日にオープンした。クレヴィア大泉学園で導入しているIoT設備は、ギャラリークレヴィア新宿内のモデルルームに備え、家電や照明などの操作を体感できる。(2022/4/12)

マンション売却潜在層にリーチ 不動産査定でマネフォがツクルバと組む理由
マネーフォワードが家計簿データを活用した異業種提携を加速させている。20年11月に新電力シン・エナジー(神戸市)と「マネーフォワードでんき」を始め、ライフネット生命とも「マネーフォワードの生命保険」を開始した。そして4月11日には、中古・リノベーション住宅の流通プラットフォームを手掛けるツクルバと組んで、「マネーフォワード 住まい」の提供を開始した。(2022/4/11)

いずれ:
山手線内で「家賃5万円」のマンションに住める? 供給過剰気味のワンルーム 
今年もフレッシュマンの季節がやってきた。東京や大阪などの大都会には、大学に入学する、就職するなどの理由で多くの若者が転入してくる。(2022/4/4)

4月中旬から:
選べる朝食、洗濯代行、家具のサブスク 至れり尽くせりの「単身用賃貸マンション」が入居開始
選択制の朝食やシェアリング、サブスクリプション型のサービスを付帯した単身用賃貸マンション「パークアクシス錦糸町スタイルズ」の入居が4月中旬に開始。テレワークの普及や在宅時間の増加による家事負担軽減などのニーズに特化したサービスを提供する。(2022/3/29)

4500万円以上が半数超え:
関西の新築分譲マンション、平均購入価格「4780万円」で過去最高額を記録
SUUMOリサーチセンターは「2021年関西圏新築マンション契約者動向調査」の結果を発表・新築分譲マンションの平均購入価格は4780万円で、過去最高額を記録した。(2022/3/28)

製造業IoT:
ソニーの一般向けローカル5Gサービスは下り4.1Gbpsで上り2.6Gbps、月額4950円
ソニーワイヤレスコミュニケーションズは一般ユーザーを対象とするローカル5Gを利用した集合住宅向け固定インターネット接続サービス「NURO Wireless 5G」の提供を2022年4月1日に開始する。通信速度は下り最大4.1Gbps、上り最大2.6Gbpsで、月額利用料(税込み)は4950円。(2022/3/28)

500人に聞いた:
宝くじで10億円が当たったらしたいこと、2位は「貯金・預金」 1位は?
宝くじで10億円が当たったらしたいことを聞いた。1位は「家・マンションを買う」、2位は「貯金・預金」だった。すぐに使うのではなく、貯蓄しようとする傾向が高い。(2022/3/27)

石野純也のMobile Eye:
「NURO Wireless 5G」で“マンションの固定回線問題”を解決できるか MVNO連携にも期待
ソニーワイヤレスコミュニケーションズは、4月1日にローカル5Gを活用した「NURO Wireless 5G」を開始する。マンションなどの集合住宅を個別に5Gでカバーしていき、光ファイバーやメタル回線などの構内に引く固定回線の代わりにするというのが同サービスの特徴だ。ソニーグループのサービスなだけに、端末やサービスなどとの連携にも期待が高まる。(2022/3/26)

一般向けローカル5G「NURO Wireless 5G」が4月1日から提供 月額4950円でデータ無制限
ソニーワイヤレスコミュニケーションズが、集合住宅向けのローカル5Gサービス「NURO Wireless 5G」を4月1日から提供する。月額4950円(税込み)で無制限のデータ通信を利用できる。通信速度(理論値)は下り最大4.1Gbps、上り最大2.6Gbps。(2022/3/25)

ローカル5Gで固定回線「NURO Wireless 5G」、4月から4950円で提供 下り最大4.1Gbps【訂正あり】
ソニーワイヤレスコミュニケーションズが、集合住宅向けの個人用5G接続サービス「NURO Wireless 5G」を4月1日から月額4950円で提供する。通信速度は下り最大4.1Gbps、上り最大2.6Gbpsで、通信容量や契約期間の制限はない。(2022/3/25)

Z世代の一人暮らし、3割は「テレビ見ない」 サブスクは必需品に マンション分譲会社の調査
分譲マンションを手掛けるFJネクストホールディングスが4日に公開した調査結果「Z世代 ひとり暮らしの生活事情」で、若者の3割(30.1%)がテレビを見ていないことが分かった。(2022/3/24)

全28駅:
JR山手線「中古マンションが安い駅ランキング」 シングル向け2位は「大塚駅」、1位は?
暮らしのニュースサイト「SUUMO(スーモ)ジャーナル」を運営するリクルートは、JR山手線の中古マンションの価格相場が安い駅ランキング2022年版を発表した。シングル向け2位は「大塚駅」、カップル・ファミリー向け2位は「田端駅」だった。(2022/3/20)

リノベ:
大成建設が改修した「音響のラボ」の運用を開始、建築部材の遮音性能を計測可能に
大成建設は、神奈川県横浜市戸塚区で保有する「技術センター」の音響実験棟「音響のラボ」を改修した。今後は、集合住宅やホテル、オフィス、工場、劇場、コンサートホールなど、遮音と音の響きが重要となる建物に使用される高遮音建材や吸音材の開発に活用する。加えて、外装材や建具の斜め入射遮音性能の評価といった建築構造物のあらゆる「音」に関わる検討に、「音響のラボ」を中心に、同社が保有する「風音のラボ」と「音と電磁のラボ」の実験棟を活用していく。(2022/3/18)

購入額「5000万円以上」が半数超え:
新築分譲マンションの平均購入価格は5709万円 過去最高額を記録
2021年度の新築分譲マンション契約者動向の調査結果を発表した。新築分譲マンションの平均購入価格は5709万円で過去最高だった。購入額「5000万円以上」が半数を超えた。(2022/3/16)

増えている背景:
小規模マンション増加の背景、管理コストは10年でどうなる?
私は新築マンションの資産価値を物件別に評価する有料の「資産価値レポート」を発行している。各エリアのタイトルを3カ月ごとに最新情報化するため、東京23区や川崎市で新規に販売される新築マンションの現場をすべて調査する。だから市場の流れはおおよそ把握しているつもりだ。(2022/3/14)

ザ・パークハウスアーバンス早稲田:
動くパネルで“自在に区切れるマンション” 三菱地所が発表
三菱地所レジデンス(東京都千代田区)が、都市型コンパクトマンション「ザ・パークハウスアーバンス早稲田」を始動すると発表した。(2022/3/14)

課題をスピード解決 マンション管理にもDXの波
デジタルトランスフォーメーション(DX)の波が、分譲マンションの理事会運営にも及んでいる。(2022/3/4)

ブランズタワー豊洲:
東急不動産のタワマン「ブランズタワー豊洲」が竣工 湾岸エリアの眺望を生かした設備とは?
東急不動産が、NIPPO、大成有楽不動産、JR西日本プロパティーズと共に東京・豊洲で開発した新築分譲マンション「ブランズタワー豊洲」がこのほど竣工した。地上48階建て、総戸数1152戸を誇る同マンションの内部はどうなっているのだろうか。(2022/3/4)

好立地・最新設備で改装:
東京都心の中古マンション「超高級」に特需 一戸4億円超も
全国的にマンション価格の上昇が続く中、東京都心では超高級中古マンションに対する需要も高まっている。新型コロナウイルス下で自宅にいる時間が長くなり、より広くより快適な住宅を求める富裕層が増えたためだ。(2022/3/3)

カップル・ファミリー向けも:
東京23区の中古マンション、価格相場が安い駅ランキング発表 シングル向け1位は?
リクルートは「東京23区の中古マンション価格相場が安い駅ランキング2022年版」を発表した。シングル向け3位は「新小岩駅」、2位は「北綾瀬駅」、1位は?(2022/2/28)

弱々しかった今回の不動産バブル 平成バブルの勢いなく「おっかなびっくり」に終始
 東京都心で見られるマンション価格のバブル的な高騰は、2013年から始まった。いわゆるアベノミクスとほぼ軌を一にしている。(2022/2/28)

プロジェクト:
次世代インターフォンシステムを採用した賃貸マンションが東京・港区で誕生
NTT都市開発は、東京都港区でリニューアルを進めていた次世代大規模賃貸マンション「ウエリスアーバン品川タワー」が完成し、2021年1月21日に建物の予約制内覧会をスタートした。(2022/2/22)

プロジェクト:
木造中層新築賃貸マンションが稲城市で竣工、完成後1カ月以内にほぼ満床のワケとは?
三井ホームは、東京都稲城市百村で、「稲城プロジェクト」として開発を進めていた新築木造賃貸マンション「MOCXION INAGI」が2021年11月に完成したことを発表した。MOCXION INAGIに設置された各部屋の賃貸価格は、東京都調布市の賃貸マンション価格と同水準に設定されており、東京都稲城市の賃貸マンション価格より約30%高いが、遮音性やデザイン性、高級感を評価され、2021年12月8日時点で、全住戸の9割で入居の申し込みを受けている。(2022/2/18)

背景に何が:
「京都に住めない」富裕層人気で不動産価格高騰 マンションの相場は?
京都市は17日、別荘や空き家などの居住実態のない住宅の所有者に対し、新たに「非居住住宅利活用促進税(別荘・空き家税)」を課す条例案を2月市議会に提案した。(2022/2/17)

「家事も子育てもラクに」「漫画に囲まれたい」  テーマに合わせた空間作りを指南する『いちばん楽しいマンションの間取り図鑑』がワクワクする
立体イラストでビフォーアフターが分かりやすい。(2022/2/18)

約400人に聞いた:
マンション売却におけるコロナの影響 「ある」が8割
ツクルバは、今後1年以内のマンション売却検討者と過去5年以内のマンション売却経験者に、「中古マンションの売却に関する意識調査」を実施した。売却希望者に聞いた売却理由1位は「コロナで住環境に求めるものが変化した」(37.9%)だった。(2022/2/14)

800件の体験談:
「マンション・一戸建て購入者の失敗体験ランキング」 騒音、立地を抑えた1位は?
スタイルアクトは「マンション・一戸建て購入者の中で特に多い失敗体験ランキング」を発表した。(2022/2/11)

大和ハウス工業など:
“北海道最大”のタワマン、1カ月で226戸販売 最高価格は5億円
大和ハウス工業が、札幌市の「北8西1地区第一種市街地再開発事業」区域内に建設中の分譲マンション「ONE札幌ステーションタワー」の成約戸数が、2021年11月27日〜12月26日の1カ月間で226戸に達したと発表した。(2022/2/9)

投資用不動産の購入者1010人に聞く:
「ワンルームマンション投資」リスクを完璧に理解して購入した人は21.7% 購入のきっかけは?
クオーレが、「投資用マンション・不動産投資の失敗談」に関する調査を実施。ワンルームマンション投資のリスクを完璧に理解して購入した人は21.7%だった。(2022/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。