ニュース
» 2015年01月30日 18時56分 UPDATE

本当に「ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」が始動

奇跡ってのは、起こしてこそ初めて価値が出るものよ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 「新世紀エヴァンゲリオン」の放送20周年を記念して公式プロジェクト「ロンギヌス月面投擲計画」が始動した。クラウドファンディングによって資金を集め、ロンギヌスの槍を月面に送り込む壮大な計画だ。ロケットの打ち上げは2015年末〜2016年末を見込んでいる。

ts_eva06.jpg

 エヴァンゲリオン零号機によって投げられたロンギヌスの槍が地球を飛び出し、月面へ到達するという印象的なシーンを再現しようというプロジェクト。これまで国家プロジェクトでもなければ難しかった宇宙開発を民間の力で、それもアニメ作品の放映20周年記念のために実行しようという大胆な計画だ。

ts_eva13.jpg 発表会には初号機とロンギヌスの槍も登場

 打ち上げから月面までは輸送サービスを提供する企業に委託。槍の放出などに関しては、日本の民間宇宙開発チーム「HAKUTO」(ハクト)が全面協力する。ハクトは、東北大学院工学研究科航空宇宙工学専攻教授の吉田和哉教授を中心に設立された民間宇宙開発チーム。米PRIZE財団主催の月面無人探査コンテスト「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参加しており、途中経過を評価する中間賞では、走行系の「モビリティサブシステム中間賞」を受賞するなど、優勝候補の一角と目されている。

ts_eva01.jpg 「HAKUTO」の月面探査ローバー

 実際にロンギヌスの槍を月面に打ち込むのはHAKUTOが開発する「月面ペイロード放出機構」で行う。ランダー(月着陸船)は月面に軟着陸するとローバーを放出。格納庫から月面に下ろされた放出機構は、チタン合金製の「ロンギヌスの槍」(全長240ミリ)を月面に刺す。その様子は放出機構に内蔵されたカメラで撮影する予定だ。「通信帯域の都合で生中継はできないが、なるべく良い画質でお届けしたい」(HAKUTOの袴田武史氏)。

ts_eva02.jpg HAKUTOチームリーダーでispaceの袴田武史氏がプロジェクトの概要を説明した

ts_eva07.jpgts_eva08.jpg

ts_eva09.jpgts_eva10.jpg

ts_eva11.jpg

ts_eva12.jpg

 打ち上げに必要な1億円は、クラウドファンディング「READYFOR」を使ってファンから集める。クラウドファンディングで出資金額に応じて特典を獲得できる仕組みになっているが、今回は1万円コースで「イメージビジュアルポスター」、5万円コースなら月面に刺すロンギヌスの槍に名前を刻印してもらう権利、10万円で「ロンギヌスの槍ー月面投擲仕様」レプリカ、そして1000万円では刀匠が制作したロンギヌスの槍(ヱヴァンゲリヲンと日本刀展特別協力)となっている。そのほか、「チームロンギヌス隊員証」「プロジェクト参加証明書」「オリジナルTシャツ」、直筆サイン入りの「イメージビジュアル複製原画」などのリターンもあるという。

ts_eva14.jpgts_eva15.jpgts_eva16.jpg 「イメージビジュアルポスター」(左)、エヴァンゲリオンのメカニックデザイナー・山下いくと氏がデザインしたプロジェクトロゴ(中)。刀匠が制作したロンギヌスの槍(右) (c)カラー

 募集期間は1月30日(金)から4月5日(日)23時までの65日間。プロジェクトは、目標金額である1億円を達成した場合にのみ実行されるという(不成立になると返金)。ファン代表として発表会に参加したタレントの加藤夏希さんは、壇上で自ら出資登録を行った後、全国のエヴァファンに向けて「65日間しかないので、自分のお財布からサービス、サービス♪」とハッパをかけた。

ts_eva04.jpg ファン代表として発表会に参加した加藤夏希さん

ts_eva17.jpg 宇宙飛行士の山崎直子さんも登壇。実行委員会メンバーを含めて記念撮影

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.