ニュース
» 2015年02月02日 19時01分 UPDATE

あの名機が……?:音が聴けるペーパークラフト「iHorn Paragon」登場

センチュリーの「白箱.com」から「iHorn Paragon」(アイホルンパラゴン)が登場。1950年代から1980年代にかけ、世界で名機と賞賛された米国製スピーカーがモチーフになっている。

[ITmedia]

 センチュリーは2月2日、「白箱.com」で池田工業の「iHorn Paragon」(アイホルンパラゴン)を発売した。直販価格は2980円(税込)。

ts_ihornparagon01.jpg 「iHorn Paragon」(アイホルンパラゴン)

 1950年代から1980年代にかけて販売され、“名機”と賞賛された米国製スピーカーをモチーフにしたというペーパークラフト。厚さ1ミリという世界最薄の段ボールを用い、さらにエンボス加工を施して木目や緻密(ちみつ)なディティールを再現した。組み立てに工具は不要。折り曲げて差し込むだけで完成する。

ts_ihornparagon02.jpgts_ihornparagon03.jpg エンボス加工で木目を再現。ヴィンテージ感あふれるオブジェのよう

 内部には、ホーン形状と左右独立構造を再現。完成した「iHorn Paragon」にiPhoneを立てると、iPhone内蔵のモノラルスピーカーから出る音に厚みと広がりを与えるという。またLightningコネクターを通す穴を設けているため、充電スタンドとしても利用できる。

ts_ihornparagon05.jpgts_ihornparagon04.jpg 組み立てに工具は不要。パーツを折り曲げて差し込むだけ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.