ニュース
» 2015年02月27日 15時10分 UPDATE

ヒビノ、小型のUSB-DAC内蔵ポタアン「D Zero MK2」発売

ヒビノインターサウンドが2月27日、小型で96kHz/24bitハイレゾ対応のUSB-DAC内蔵のヘッドフォンアンプiBasso Audio「D Zero MK2」を発表。発売日は3月13日、価格はオープンで、予想実売価格は1万8500円前後(税別)。

[渡辺まりか,ITmedia]

 ヒビノインターサウンドは、USB-DAC内蔵ヘッドフォンアンプiBasso Audio「D Zero MK2」(ディー・ゼロ・マークツー)を3月13日に販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売価格は1万8500円前後(税別)になる見込み。

 iBasso Audio「D Zero MK2」。写真左はフロント、右はリヤ

 D Zero MK2は、カードサイズポタアン「D zero-SE」の後継機種。従来機が、最大で48kHz/16bitまでのハイレゾ再生に対応していたものを96kHz/24bitにまでアップした。

 L/Rを個別処理できるよう、Wolfson WM8740 High Performance DACをモノラルモードで2個搭載、広範なダイナミックレンジを実現したほか、従来機種に比べて最大音声出力は30%以上増加。アンプ部はオールインワンタイプのICヘッドフォンアンプではなく、オペアンプとバッファーで構成し、妥協のない音響性能を実現したという。

 搭載したコネクターは3.5ミリステレオミニジャック×2、Mini USBポート×1で、PCからのデジタル出力に加え、付属のOn-The Go(OTG)ケーブルを使用すればAndroid 4.1以降がインストールされたAndroid端末からの出力も可能。さらにアップル製Lightning-USBアダプタまたはiPad Camera Connection Kitの利用でiPhoneやiPadに保存した楽曲も楽しめ、既存の幅広いオーディオシステムで手軽にハイレゾ音源を再生できるようになる。

 最大出力は120ミリワット×2(16オーム)、インピーダンスは9〜300オーム。駆動は内蔵リチウムポリマーバッテリー(約5時間で満充電)により、アンプのみで連続120時間、アンプ+DAC機能で連続10時間使用可能。サイズは55(幅)×101(奥行き)×11(高さ)ミリ(突起部含まず)、重量は95グラム。USB OTGケーブル、USBケーブル、アナログ接続ケーブルが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.