ニュース
» 2015年03月25日 18時05分 UPDATE

スマホのようでスマホでない:米AR、ポータブルハイレゾプレイヤー「AR-M2」とヘッドフォンアンプ搭載USB-DAC「AR-UA1」発表

フロンティアファクトリーは3月25日、Android OS搭載のハイレゾプレイヤー「AR-M2」とヘッドフォンアンプ搭載USB-DAC「AR-UA1」を4月24日に販売開始すると発表した。価格はAR-M2が13万8000円、AR-UA1が5万9800円(どちらも税別)。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 フロンティアファクトリーは3月25日、米Acoustic Research(以下AR)製でAndroid 4.3を搭載したポータブルハイレゾ対応プレイヤー「AR-M2」と、ヘッドフォンアンプ搭載USB-DAC「AR-UA1」を発表。4月24日に発売する。なお、フジヤエービックオンラインショップe☆イヤホンweb本店では先行予約販売を開始している。

ポータブルハイレゾプレイヤー「AR-M2」

 AR-M2は、タッチ操作対応の5型ディスプレイ(720×1280ピクセル)、Quad Core Cortex-A7(1.2GHz)のCPUを内蔵したQualcomm MSM8926採用のハイレゾプレイヤーで、価格は13万800円(税別)。独自のオーディオパス「AR Music Player」を採用しているため、オーディオフレームワークがAndroidとは異なり、同社では「ほかのAndroid音楽プレイヤーよりもはるかに優れたサウンドを提供する」としている。

hm_ar01.jpg ハイレゾ対応プレイヤー「AR-M2」

 DAC部にはTI製 Burr-BrownのPCM1794A×1基、サンプルレートコンバーターにはCirrus Logic CS8422×1基を採用。

 FLAC/ALAC/DSD 64/DSD 128/WAV/DXD/APE/AIFFファイル形式、最大24bit/192kHzに対応する。なお、DSDはPCMに変換して再生される。

 内蔵メモリは64Gバイト。最大128Gバイトまで対応するmicroSDメモリーカードスロット、外部HDDが使用できるUSB OTG規格対応のUSB端子も搭載しているため、拡張性に優れる。

 4時間で満充電になるバッテリーの容量は4200mAhで、最大約9時間のワイヤレス再生が可能。付属のACアダプターのほか、市販のスマホ用バッテリーからも充電できる。

 3.5ミリステレオミニのヘッドフォン出力は630ミリワット×2(6オーム)、327ミリワット×2(32オーム)、35ミリ×2(300オーム)、ライン出力(600オーム)を各1系統搭載し、無線LAN機能はIEEE 802.11b/g/nに準拠。

 本体サイズは70(幅)×15(奥行き)×136(高さ)ミリ、重量は240グラム。キャリングポーチ、USBケーブル、ACアダプター、クイックスタートガイドが付属する。

ヘッドフォンアンプ搭載USB-DAC「AR-UA1」

 AR-UA1は最大192kHz/24bitのハイレゾ再生が可能なヘッドフォンアンプ搭載USB-DACで、価格は5万9800円(税別)。

hm_ar02.jpg USB-DAC「AR-UA1」

 DAC、オペアンプ、クロック、ヘッドフォンアンプなどのチップ回路と、対応ファイル形式はAR-M2と同じ。Windows 7/Mac OS 10.6以降のOS、USB 2.0に対応。各種イコライザーや効果音の設定および、44.1kHz/16bitPCMデータ音楽ファイルをアップコンバートしてハイレゾ再生可能なアプリ「Jriver Media Center」が付属する。

 出力端子は、400ミリワット×2(32オーム)、43ミリワット×2(300オーム)の6.3ミリステレオ標準プラグのヘッドフォン端子、ライン出力と光デジタル音声出力(角型)を各1系統搭載。

 本体サイズは85(幅)×25(奥行き)×137(高さ)ミリ、重量は340グラム。付属品はUSBケーブル、クイックスタートガイド、アプリケーションCD。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.