ニュース
» 2015年04月09日 16時00分 UPDATE

「ひかりTV」、国内ドラマなどで4K映像の見逃し・先行配信を提供――4KのIP放送は12月に実用化

NTTぷららのスマートTVサービス「ひかりTV」が4K映像で国内番組の見逃し配信や先行配信を行う。12月には光回線を利用した4K映像のIP放送が実用化される予定だ。

[村上万純,ITmedia]

 NTTぷららは4月9日、「ひかりTV」の4K VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「ひかりTV 4K」で一部地上波番組の見逃し配信および先行配信を4月10日より順次行うと発表した。地上波で放送する番組(HD画質)を4K映像で見逃し配信するのは国内初だという。

photo 「ひかりTV 4K」

 見逃し配信の対象となるのは、テレビ東京のドラマ「不便な便利屋」、ドキュメントバラエティー「E-girlsを真面目に考える会議」、NHKの人形劇「シャーロック ホームズ 4Kスピンオフ(仮)」の3番組。いずれも4KとHD画質両方で視聴でき、ひかりTVの「VOD見放題対象プラン」加入者は、作品の提供期間中であれば見放題になる。

photo 提供番組の詳細

 なお、4月10日にスタートする「E-girlsを真面目に考える会議」は、3話目から放送日の6日前よりVOD作品として4K/HD画質で先行配信する。

12月に4K映像のIP放送を開始

 合わせて、2015年12月より光回線を利用した4K映像のIP放送提供を発表。すでに提供中のひかりTV対応チューナー(STB)をファームアップするか、4K映像のIP放送対応チューナーを内蔵する4Kテレビがあれば視聴できる。放送チャンネルや編成内容、価格等の詳細は別途案内される。

 4K対応チューナー「ST-4100」のレンタル価格は月1944円(税込)で、後日販売される。本体サイズは250(幅)×180(奥行き)×30(高さ)ミリ、重量は約600グラム。4K映像受信機能のほか、音声マイク/タッチセンサー付きリモコン、トリプルチューナー(1ch視聴+2ch同時録画)を搭載するほか、IEEE802.11ac/nの無線LANとBluetoothに対応する。

photo 4K対応チューナーの主な仕様

 チューナー内蔵の4K対応テレビは、シャープ、東芝ライフスタイルが提供予定で、パナソニックも対応を検討しているという。仕様は解像度が3840×2160ピクセル、動画圧縮方式H.265/HEVC、音声圧縮方式AACとなり、ビットレートは約30Mbps、フレームレートは60フレーム/秒となる。

photo 4K映像のIP放送対応チューナー内蔵の4Kテレビの主な仕様

 また、NTTぷららは明暗差をよりはっきりさせる「HDR(High Dynamic Range)」や、オーディオ信号をゆがみなく圧縮することでより高音質なサービスを提供できる「MPEG-4 ALS」などの新技術の対応も視野に入れているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.