ニュース
» 2015年04月10日 15時19分 UPDATE

ファンのためのヘッドフォン:第一弾は「金爆」――SKIYAKI、音源内蔵ヘッドフォン「Q」発売

ファンサイトを運営・運用しているSKIYAKIが4月10日、音源内蔵高音質ヘッドフォン「Q」を発表。第一弾のアーティストは、ゴールデンボンバーが選ばれた。発売は4月13日。価格は1万8900円(税込)。

[渡辺まりか,ITmedia]

 SKIYAKIは4月10日、音源内蔵ヘッドフォン「Q」を発表した。予約は4月13日からで、価格は1万8900円(税込)。

 音源内蔵高音質ヘッドフォン「Q」

 本体に音源を内蔵しているのがQの特徴で、購入後すぐに音楽を楽しめるのがウリだ。同社としては初めてのヘッドフォンで、「Quick(すぐに)」「Quality(いい音)」を「Qualify(最適なチューニング)」で好みのアーティストの「音に包まれる」ことをコンセプトに開発されている。

 第一弾として音源に選ばれたアーティストはゴールデンボンバー。「女々しくて」や「酔わせてモヒート」などを含むWAV形式の37曲が、“中の人”であるtatsuo監修によってリマスタリングされて本体に内蔵。パッケージやデザインもゴールデンボンバーオリジナルで、ブラックをベースにゴールドがアクセントカラーとして配されている。また、ナイロンレザー製のヘッドバンドには、ゴールデンボンバーのロゴ入りだ。

mwls53-2.jpgmwls53-3.jpg 「Q」のモチーフはゴールデンボンバーに合わせたゴールドカラー(写真=左)。特製パッケージ(写真=右)

 本体に楽曲の追加はできないが、付属のケーブルを装着して音楽プレーヤーにつなげれば、通常のヘッドフォンとして利用可能。

 アーティストファンサイトを運営し、マスター音源販売のプラットフォームも提供しているSKIYAKIは同製品について、これまでプロのクリエイターが用いてきたモニタリングヘッドフォンの技術を採用した高品質な音の再生と、“メイドインジャパン”が生み出した包み込むような優しいフィット感により、長時間使用していても聞き疲れることはないとしている。

 ヘッドフォンの形状はダイナミック密閉型。ドライバーユニットは40ミリ径で、入力定格は100ミリワット。再生周波数帯域は20〜2万Hz、インピーダンスは40オーム。重量は約320グラム。リチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、充電時間は約2.5時間、動作時間は約6時間。

 着脱片出し式で、3.5ミリステレオミニプラグ付きの長さ1.5メートルのステレオケーブル、0.5メートルの充電用USBケーブル、6.3ミリステレオ変換プラグが付属する。

 予約はゴールデンボンバー公式通販サイト、TSUTAYA店舗、TSUTAYAオンラインショッピングで受け付ける。同社では「アーティストが本来届けたいと思っていた音を、新しい楽しみ方で提案したい」として、内蔵音源をリマスタリングするかヘッドフォンをチューニングするかはアーティストごとに変えつつ、今後も第二弾、第三弾を展開していく予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.