ニュース
» 2015年05月27日 19時27分 UPDATE

「クラタス」コラボモデルも:赤外線で縦横無尽に動き回る! タカラトミー、銃撃バトルロボット「ガガンガン」を6月20日に発売

タカラトミーは、銃撃バトルロボット「ガガンガン」を発売する。赤外線で移動・攻撃が可能で、旋回もできる。

[村上万純,ITmedia]

 タカラトミーは5月27日、赤外線を利用した銃撃バトルロボット「ガガンガン」を6月20日に発売すると発表した。価格は各4300円(税別)。全国の玩具専門店、百貨店、量販店、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」などで販売する。

photo 銃撃バトルロボット「ガガンガン」©TOMY

 ガガンガンは、専用コントローラーを使って赤外線で移動・攻撃するヒト型の四脚陸戦型ロボット。銃撃戦をテーマにしており、コントローラーの銃撃トリガー(人さし指が掛かる部分)を引くと、銃口レンズから赤外線を出して相手を攻撃する。その際、ロボットが持つ銃のギミックが動作してサウンドが流れるほか、銃口レンズから緑色のLED光線が出てくる。

photo コントローラーと本体

 相手の本体に10回赤外線を当てるか、体当たりで相手の本体を倒すことが勝利条件。10回撃たれると本体が振動し、背面にあるLEDランプが赤く光って機能停止する。

photo バトルシーンのイメージ

 30回撃つと“弾切れ”になるため、親指部分にあるリロードスイッチでチャージする必要がある。その際、約2秒間本体が硬直する。

 移動は前進と旋回ができ、両手で持ったコントローラーを左右に傾けながら本体を操作する。プレイスペースは1平方メートル以上を推奨している。

 本体サイズは95(幅)×120(高さ)×140(奥行き)ミリ。別売りの単4アルカリ乾電池5本(本体3本、コントローラー2本)で駆動する。対象年齢は6歳以上。カラーはブルードーベル、レッドイーグルの2種を用意した。

 また、ヒトが搭乗できるロボットの開発・製造・販売を目的とするプロジェクトチーム「水道橋重工」とコラボレーションし、同社が開発した全高約3.8メートルの巨大ロボット「クラタス」モデルもラインアップ。クラタスが持つ武器「クラタスキャノン」も再現した。カラーは、クラタスモデル、レッドクラタスモデルの2種を用意。価格は各4500円(税別)。

photo レッドクラタスモデル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.