ニュース
» 2015年06月05日 10時00分 UPDATE

ボーズ、NCイヤフォン「QuietComfort 20」にブラックとホワイトの新モデル

ボーズは6月5日、ノイズキャンセリングイヤフォン「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」の新製品を発表した。新たにブラックとホワイトを用意。

[ITmedia]

 ボーズは6月5日、ノイズキャンセリングイヤフォン「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」の新製品を発表した。新たにブラックとホワイトを用意して同日より予約を受け付けている。発売は6月26日になる予定だ。価格は3万5000円(税別)。なお、従来のダークグレーモデルは販売終了となる。

ts_bose20qc01.jpg ブラックモデル。青がアクセントになっている

 2013年8月に発売した「QuietComfort 20」は、同社のアクティブ型ノイズキャンセリング技術を詰め込んだインイヤー型。ハウジングの内側と外側にマイクを備え、雑音に対して逆位相の音波を瞬時に作り出して打ち消す。また外部雑音のうち、人の声などが音楽に影響しないレベルで聞こえる「Aware Mode」(アウェア・モード)により、外出先でも安全に音楽を楽しめるという。

ts_bose20qc02.jpg ホワイトモデル

 新製品では、従来はダークグレーしかなかった本体カラーが2色になったほか、ケーブルなどにブルーのワインポイントを加えている。また付属のキャリングケースをキャンバス地に変更するなど全体的にカジュアルな印象となった。

ts_bose20qc03.jpg 付属のキャリングケース

 ハードウェア面で従来機と異なるのはリモコンだ。従来は3ボタンリモコン搭載のiOSデバイス対応モデル「QuietComfort 20i」とワンボタンのAndroidスマートフォン対応モデル「QuietComfort 20」を分けていたが、今回は製品名を「QuietComfort 20」に統一し、その下に「Apple製品対応モデル」「スマートフォン対応モデル」を設けた。さらにスマートフォン対応モデルも3ボタンリモコンとなり、ソニー「Xperia A2 SO-04F」やサムスン「GALAXY S5」などとの組みあわせなら、楽曲の各種再生操作も可能になった。

 本体重量は約44グラム。コントロールボックス部にリチウムイオン充電池を搭載し、約16時間の連続使用が可能だ。「StayHear+チップ」(S/M/L)、充電用USBケーブル、キャリングケースが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.