ニュース
» 2015年07月23日 21時30分 UPDATE

コンセントのプレートで音が変わる!? クリプトンがJIS規格準拠の3層構造特殊カーボンプレートを開発

クリプトンは、音質を向上させるというJIS規格準拠のコンセントプレートを開発。3層構造の特殊カーボン素材で、電磁波を遮へいし、防振に優れるという。

[ITmedia]

 クリプトンは7月23日、音質を向上させるというJIS規格準拠のコンセントプレート「CP−HR20」(1連3口タイプ)を発表した。価格はオープンで、実売想定価格は1万9000円(税別)。8月下旬に発売する。

photo JIS規格準拠のコンセントプレート「CP−HR20」

 ネオフェード(機能性ポリエステル)の上下をCFRP(カーボン繊維強化プラスチック)で挟んだ3層構造の特殊カーボン素材を採用。ネオフェードで振動を吸収し、カーボンで電磁波や電流のひずみなどを遮へいすることで、音質が向上するという。

photophoto ネジ2本で簡単に取り付けられる

 本体サイズは70.4(幅)×4(奥行き)×114.4(高さ)ミリ、重量は約50グラム。

 同社は2月にCP−HR20と同性能のプレートを発売したが、JIS規格には非対応だった。より多くのユーザーが利用できるよう、JIS規格準拠の商品を開発したという。

photo JIS規格非対応の前モデル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.