ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プラスチック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プラスチック」に関する情報が集まったページです。

自販機からペットボトル排除相次ぐ 使い捨てプラ削減 
 世界規模でプラスチックごみが問題になる中、国内の自治体や企業で、庁舎や事業所内の飲料自動販売機からペットボトル商品を排除する動きが相次いでいる。プラスチックごみをめぐっては、レジ袋やプラスチック製ストローを使わない運動も広がっており、ペットボトルを使わない取り組みが拡大するか、注目される。(張英壽)(2019/12/3)

スタバが2020年1月から紙ストローに順次切り替え 年間約2億本のプラスチックストロー削減へ
太いストローは5月から切り替え。(2019/11/27)

パスポートのネット申請、カード決済が可能に 北斎の絵、プラスチック化……変わるパスポート
かなり便利になりそう。(2019/11/27)

カード審査後すぐにQRコード決済できる「セゾンカードレス決済」
クレディセゾンが10月23日にセゾンカードの入会から決済までをスマートフォンで行える「セゾンカードレス決済」を開始。「PARCOカード」新規入会者が対象。プラスチックカードが届く前に、アプリの決済用QRコード「ポケパル払い」を使ってパルコで買い物が可能になる。(2019/11/6)

3Dプリンタニュース:
ストラタシス、産業グレードの新たな熱可塑性プラスチック材料を発表
ストラタシス・ジャパンは、耐久性、耐熱性、耐薬品性を備える産業グレードの新たな熱可塑性プラスチック材料を発表した。(2019/11/6)

いまさら聞けないEUROMAP入門(1):
プラスチックやゴム用加工機で「つながる」を実現する「EUROMAP」とは何か
射出成形機などプラスチックやゴム用加工機などでスマート化に向けて注目されている通信規格が「EUROMAP 77」である。本連載では「EUROMAP」および「EUROMAP 77」「EUROMAP 83」とはどういう規格なのか、技術的にはどういう背景があるのか、どのような活用シーンがあるのかについて、紹介する。第1回となる今回は「EUROMAPとは何か」をテーマに概要を取り上げる。(2019/10/15)

新工法:
コンクリのひび割れ対策で合成樹脂製管を採用した新工法、作業時間を7割減
(2019/9/10)

変換効率はほぼ100%:
東大、高分子半導体でイオン交換現象を発見
東京大学大学院新領域創成科学研究科の研究チームは、半導体プラスチック(高分子半導体)でもイオン交換が可能なことを発見した。(2019/9/2)

メカ設計ニュース:
サイズや数量を選ぶだけ、設計から金型製作まで全て“定価”の受託開発サービス
テクノラボは、IoT機器を開発するスタートアップ企業に向けて、プラスチック筐体のデザインから金型製作に至るまでの各工程を“定価制”で受託開発するサービス「受託開発 全て定価制!」を2019年9月から開始すると発表した。(2019/8/29)

「空飛ぶクルマ」試作機をデモ飛行 NEC
炭素繊維強化プラスチック製で軽量化された無人の試作機が数分間にわたり、約3メートルまで浮上した。(2019/8/6)

3Dプリンタニュース:
柔軟性と精度の高い造形を可能にする軟質フィラメントを追加
日本3Dプリンターは、FDM(熱溶解積層)方式「Raise3D シリーズ」に、ゴムおよびプラスチック製品の製造販売を手掛けるホッティーポリマー製の軟質フィラメント「HPフィラメント(スーパーフレキシブルタイプ)」を純正材料として追加したことを発表した。(2019/8/1)

Royal Technologiesのアプリケーション仮想化導入事例
製造業が「VDI」を使わずにWindowsからChromebookへ移行した理由
プラスチック製造業のRoyal Technologiesは、VDIを使用せずにWindowsベースのレガシーアプリケーションを利用する方法として、アプリケーション仮想化ソフトウェア「Cameyo」を採用した。その理由とは何か。(2019/7/17)

材料技術:
2018年のエンプラ世界販売量は1006万トン
矢野経済研究所は、2018年のエンジニアリングプラスチック世界市場の調査結果を発表した。2018年のエンプラ世界市場規模は、前年比103.7%の1006万トンだった。(2019/7/16)

アサヒビール、紙パルプ由来の樹脂でビール用カップ開発 パナソニックと
プラスチック製や紙製のビールカップと異なり繰り返し使えることから、環境負荷軽減につながるとして、屋外イベントでのビール販売などで活用する考えだ。(2019/7/10)

海洋プラごみ対策が世界で加速 日本の技術で課題解決の可能性
プラスチックごみによる海洋汚染が、世界的な問題になっている。今回は、各国の対策動向や日本の取り組みを紹介する。(2019/7/3)

インクなしで精密に印刷できる技術、京大が開発 素材を傷つけて光の反射を変える原理
プラスチックを曲げると折り目の色が変わるのと似た感じ。(2019/6/22)

材料技術:
積水化学が航空機向け強化でCFRPサプライヤーを買収、自動車への展開も
積水化学工業は2019年6月17日、航空機やドローン向けのCFRP(炭素繊維強化プラスチック)を手掛けるAIM Aerospaceグループを買収したと発表した。買収費用は5億1000万ドル(約561億円)。モビリティ材料の事業拡大や基礎技術の強化につなげる。自動車や航空機などモビリティ材料領域において、2025年度に売上高2000億円以上を目指す。(2019/6/19)

自然エネルギー:
日清の「カップヌードル」、バイオマス比率81%の新容器に切り替えへ
日清食品はインスタントラーメン「カップヌードル」に使用する容器に、プラスチック使用量と焼却時のCO2排出量を削減した「バイオマスECOカップ」を採用する。切り替えは2019年12月から順次開始し、2021年度中には全量の切り替えが完了する予定だ。(2019/6/18)

圧倒的不審者の工房:
食べられる人工卵作りに挑戦 → なぜか偽卵黄を素材にバイオプラスチック包丁を制作
もはや動画のタイトルが理解不能になりつつある……。(2019/6/15)

材料技術:
世界的なナイロン不足は2023年まで継続、代替材料の提案強化
オランダの化学大手DSMの日本法人ディーエスエムジャパンエンジニアリングプラスチックスは2019年5月29日、東京都内で説明会を開き、ポリアミド66(PA66、ナイロン)の需給見通しについて紹介した。(2019/6/3)

HMDA需給は2023年までタイト:
PA(ポリアミド)66不足、DSMが対応策を提案
DSMは、エンジニアリングプラスチックの1つであり、供給不足が続く「PA(ポリアミド)66」の代替製品などに関する記者説明会を開催した。(2019/6/3)

組み込み開発ニュース:
極薄プラスチック基板を使ったフレキシブル指紋センサーを開発
ジャパンディスプレイは、柔軟性に優れた静電容量式フレキシブル指紋センサーを発表した。湾曲しても割れず大面積化が可能で、大型指紋センサーを作製できるため、個人認証など高いセキュリティを必要とする機器に適している。(2019/5/30)

ルネサス ISL71043M、ISL71040M:
耐放射線PWMコントローラーとFETドライバー
ルネサス エレクトロニクスは、プラスチックパッケージを採用した耐放射線PWMコントローラー「ISL71043M」と、窒化ガリウムFETドライバー「ISL71040M」を発表した。(2019/5/15)

CAEニュース:
マルチスケール材料モデリングプラットフォームの最新版を発表
エムエスシーソフトウェアは、マルチスケール材料モデリングプラットフォームの最新版「Digimat 2019.0」を発表した。新しい材料システムや強化プラスチック部品の高精度衝突シミュレーションなど、多彩な機能が追加されている。(2019/4/19)

自然エネルギー:
CO2を有用な化学原料に変える技術、従来比450倍の変換速度を実現
東芝が二酸化炭素(CO2)を、プラスチックや医薬品といった化学品や燃料の原料となる一酸化炭素に変換する触媒技術で、従来比約450倍の変換速度を達成したと発表した。待機中のCO2削減につながる技術として、2020年代後半の実用化を目指すという。(2019/3/29)

PR:コンドームだけじゃない! 知らないところでお世話になってるオカモト商品のすごさを聞いた
ゴム! プラスチック! ゴム! プラスチック!(2019/3/25)

スタバもマックも:
ストロー廃止はもう古い 昔ながらの「牛乳配達」モデルが注目されている
プラスチック製ストローを廃止しようという動きが話題になった。世界中でストロー廃止の動きが注目されているが、いま米国発の新たなプラスチックゴミ対策が話題になっている。どんな対策かというと……。(2019/2/22)

凸版印刷が浴室でも使える紙パックを開発 たためるのにプラスチックと同等の強度
濡れた場所でも使える紙パック。(2019/2/6)

3Dプリンタニュース:
FDM方式3Dプリンタ「MF-2500EPII」を発売、POMなどエンプラに対応
武藤工業は、エンジニアリングプラスチック対応FDM方式3Dプリンタ「MF-2500EPII」を発売した。自社製300℃対応高温デュアルヘッドを搭載し、最大300×300×300mmの大型造形物でも高速出力ができる。(2019/1/28)

1月30日から:
小田急ロマンスカーでプラスチック製ストロー廃止 車内販売は紙製へ変更
小田急電鉄は、特急「ロマンスカー」の車内販売において、プラスチック製ストローを廃止。1月30日から紙製ストローに変更する。(2019/1/25)

武藤工業 MF-2500EP II:
同一モデルを2つ同時に出力できるデュプリケート機能搭載のFDM方式3Dプリンタ
武藤工業は、自社製高温デュアルヘッドを搭載したエンジニアリングプラスチック対応のFDM方式3Dプリンタの最上位機種「MF-2500EP II」と旭化成製「テナック」を使用したポリアセタール(POM)フィラメントの販売開始を発表した。(2019/1/21)

2018年の新語に「ばえる(映える)」「モヤる」「わかりみ」「尊い」 三省堂、辞書のプロが選ぶベスト10
「寄せる」や「VTuber」「マイクロプラスチック」などもランクイン。(2018/12/6)

親会社の意向:
レゴランド、年内でプラスチック製ストロー廃止 紙製に切り替えへ
レゴランド・ジャパンが、2018年12月末までにプラスチック製ストローの使用を廃止すると発表。テーマパークとホテル内の飲食施設が対象。親会社の英Merlin Entertainmentsが廃止を決めたため。(2018/11/29)

医療技術ニュース:
藻類のデンプン合成の仕組みを解明、環境に優しいプラスチックや医薬品へ
東京工業大学は、藻類がデンプン合成を調整する新たな仕組みとして、GLG1タンパク質のアミノ酸がリン酸化修飾を受け、リン酸化状態がデンプン合成のON/OFFを決定していることを解明した。(2018/11/22)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
「脱プラ」だから紙製品、という流れへの猛烈な違和感
プラスチックをやめるのは分かりますが……。(2018/11/15)

エコを意味する緑色:
マクドナルド、「ハッピーセット」玩具をトレーに再利用 プラスチックごみ対策に本腰
日本マクドナルドが「ハッピーセット」の玩具を再利用した店舗用トレーを約10万枚導入する。環境保護が狙いで、約127万個の玩具をリサイクルした。子どもに物の大切さを教える役割も果たしているという。(2018/11/7)

JR大宮駅などで「駅ナカ傘シェアリング」開始へ 「再生可能素材の傘」で試験運用、2019年1月から
「脱プラスチック」の素材で作られた傘を使用、ビニール傘問題の解消に期待。(2018/11/7)

アラミドFRPロッドの「高強度プラスチック」定着システムを開発、1作業あたり3日短縮
三井住友建設と住友ベークライトは、プレストレストコンクリート(PC)の緊張材として用いるアラミドFRPロッドの定着具として、新たに高強度プラスチックの定着システムを開発した。(2018/11/7)

取れない……! 尻尾が絡まって動けなくなった5匹のリスさん、無事に救助される
草やプラスチックと絡まりあっていました(2018/9/23)

米国では「折り畳み式」が2億円調達:
環境保護で“マイストロー”がはやる? ティファニーが5万円の「金属製ストロー」を発売していた 
プラスチック製ストロー廃止する動きが広がっている。それに先駆け、Tiffanyが、昨秋から1本4〜5万円の金属製ストローを販売している。また、折り畳み式の金属製ストローがクラウドファンディングで2億円を調達していた。今後は“マイストロー”が流行するかもしれない。(2018/8/20)

すかいらーくがプラスチックストローを原則廃止 今後は代替ストローの導入を検討
2020年の東京五輪までに全業態で順次廃止。(2018/8/17)

すかいらーくHD、2020年までに全業態でプラ製ストロー廃止へ
すかいらーくHDは、国内外のグループ全業態で、2020年の東京五輪・パラリンピック開催までにプラスチック製ストローの使用を取り止める方針を発表した。(2018/8/17)

開けてすぐ書き込める:
「段ボールを開けられる」マッキー登場 ガムテープを裂くパーツ搭載
ゼブラが、段ボールに貼られたガムテープを裂いて開けられる油性マーカー「マッキーワーク」を発売する。プラスチック製のパーツをキャップに取り付けると、けがや中身を傷つけることなくテープを裂ける。(2018/8/2)

3Dプリンタ:
プラスチック製銃の製造方法公開、米ワシントン州などが阻止へ
米テキサス州のNPOが3Dプリンターを使ってプラスチック製の銃を製造する方法をネット公開する計画に対し、米ワシントン州など複数の州は、公開を阻止するための法的措置を講じると発表した。(2018/7/31)

米ディズニーがプラスチック製ストローの廃止を発表 東京ディズニーリゾートは「対象外」とオリエンタルランド
オリエンタルランド広報部に取材しました。(2018/7/27)

リサイクルこそが本当の課題:
プラ製ストローは「日本では廃止されない」? 国内トップメーカーが主張する理由
プラスチック製ストローの使用を廃止する動きが海外で盛んだ。だが、国内トップのストローメーカー・シバセ工業は「日本では廃止されない」と予測する。それはなぜか――。(2018/7/12)

飲食業以外にも広がる:
米航空会社もプラ製ストロー廃止 JAL「検討はしている」
プラスチック製ストロー廃止の動きが飲食業界以外にも広がっている。(2018/7/11)

リサイクル可能な資源採用:
マック、プラ製ストロー廃止へ 日本も検討、25年までに
環境保護に対する意識の高まりなどを受け、企業でプラスチック製ストローなどの提供を廃止する動きが広がっている。(2018/7/10)

全店舗で廃止:
スタバのプラスチック製ストロー廃止、日本では?
カフェチェーンを展開する米Starbucksは7月9日、2020年までに全世界で展開する2万8000店舗で使い捨てプラスチック製ストローの使用を廃止する方針を発表した。(2018/7/10)

ストロー使わないふたに:
スタバ、プラ製ストロー使用廃止へ 世界全店で2020年までに
スタバは、2020年までに世界で展開する約2万8000の全店舗でプラスチック製使い捨てストローの使用を廃止する。(2018/7/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。