「au PAY プリペイドカード」が4月23日にリニューアル タッチ決済に対応 「バーチャルカード」としての発行も可能に

» 2024年04月17日 14時30分 公開

 KDDI、沖縄セルラー電話とauペイメントは4月23日、共同で発行するMastercardプリペイド「au PAY プリペイドカード」をリニューアルする。リニューアル後は、プラスチック(リアル)カードの新規発行/更新に600円(税込み)の手数料が必要となる。

au PAY 「au PAY プリペイドカード」をリニューアル

リニューアルの概要

 今回のリニューアルの内容は以下の通りとなる。

プラスチックカードの一新

 新しいプラスチックカードは、接触/非接触ICチップを搭載した。これにより、従来のカードではできなかったMastercardの接触IC決済やタッチ(EMVコンタクトレス)決済を利用できるようになった。これに伴い、決済で利用する暗証番号の登録が必須化されている。

 また、新プラスチックカードでは、カード表面にあった「会員番号(16桁)」と「有効期限」、偽造防止用のホログラムを裏面に回すことでスッキリとしたデザインを実現している。

 なお、新プラスチックカードの有効期限は7年間に引き延ばされている(従来は5年)。また、先述の通りカードの新規発行と更新時に600円(税込み)の手数料が掛かる。ただし、≪申し込み翌月から6カ月間で合計5万円以上利用すると、600円(不課税)の「au PAY 残高」を還元する特典が新たに用意される。

au PAY 「au PAY プリペイドカード」の新旧比較
券面 新しいau PAY プリペイドカードの券面。カードに関する情報が裏面に集約されたので、表面がスッキリとしている

バーチャルカードの発行

 リニューアル後は、「au PAY アプリ」でカード情報を表示する「バーチャルカード」も提供する。バーチャルカードは発行手数料が無料で、Apple Pay対応端末(iPhoneおよびApple Watch)であれば、端末を介してMastercardのタッチ決済やQUICPay+も利用可能だ。

バーチャルカード リニューアル後は「バーチャルカード」の発行にも対応する。プラスチックカードを使わない場合は、バーチャルカードの発行だけを行う選択肢も用意される。Apple Pay対応端末なら、Mastercardのタッチ決済やQUICPay+によるリアル店舗決済も可能だ(Androidスマートフォンでは非対応

移行スケジュール

 新カードへの移行に伴う各種スケジュールは以下の通りとなる。

  • 4月18日:現行のau PAY プリペイドカードの新規発行を終了
  • 4月19日〜4月23日午前8時:アプリやWebサイトでのプラスチックカードの発行受付を中止
  • 4月23日午前8時:新しいau PAYプリペイドカードの発行受付を開始

 本件に関連して、4月22日午後11時から4月23日午前8時までの時間は、au PAY(コード支払い/ネット支払い/請求書支払い)の新規申し込みも停止される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年