ニュース
» 2015年07月27日 16時20分 UPDATE

従来色は在庫限り!:フォステクス、フロア型スピーカー「G2000a」と「GX250MG」の本体色をピアノブラックに変更

フォステクスカンパニーは、スピーカーシステム「G2000a」と「GX250MG」のカラーを新色ピアノブラックに1本化する。従来色は、在庫限りで販売終了。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 フォステクスカンパニーは7月27日、フロア型スピーカーシステム「G2000a」と「GX250MG」の新色「ピアノブラック」を発表した。発売予定はどちらも7月末。なお、従来色(G2000aの「バイオリンレッド」および「ファゴットブラウン」、GX250MGの「ダークブラウン」と「ワインレッド」)は、全て在庫限りで販売終了となる。価格は、G2000aが76万5000円、GX250MGが56万円(いずれも税別)。

hm_fo01.jpg 左より、「G2000a」と「GX250MG」。いずれも本体色はピアノブラック

 両機種とも純マグネシウム振動板(純度99.9%)をツイーターとミッドレンジに採用する。ウーハーには高剛性で共振を分散するHR形状振動板を使用し、高い応答性と深い低域の沈み込みを再現するとしている。

hm_fo02.jpg G2000aに採用されているミッドレンジユニット

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.