ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マグネシウム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マグネシウム」に関する情報が集まったページです。

2019年上半期に新PCが次々登場
「ThinkBook」はモバイルワークにうれしい機能満載、Lenovo新ブランドの実力は
Lenovoは2019年5月末から8月にかけて新ブランドと新製品を次々に市場投入する。「ThinkBook 13s」「同14s」や「ThinkPad X1 Extreme」第2世代、「ThinkCentre M90n Nano」の特徴を探る。(2019/6/8)

ベンチマークテストも:
「OneMix2S さくらピンクエディション」開封レビュー!
中国One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix2S」の国内正規版が、代理店のテックワンから5月31日に発売される。早速、カラバリモデルをチェックした。(2019/5/31)

最適なMg注入条件探索が容易に:
NIMS、GaNに注入したMgの分布などを可視化
物質・材料研究機構(NIMS)は、窒化ガリウム(GaN)に注入したマグネシウム(Mg)の分布と電気的状態を、ナノスケールで可視化することに成功した。高性能GaNパワーデバイスの開発を加速できるとみている。(2019/5/28)

クラウドファンディングで人気の品を展示・販売 「CAMPFIRE」の実店舗が大阪・梅田ロフトに期間限定オープン
実物を見てから買いたい派にうれしい企画。(2019/5/16)

「世界最軽量」よりも「バランス」――LAVIE Pro Mobileの新たなる挑戦
「世界最軽量」を追い求めてきたNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Hybrid ZERO」シリーズ。その後継である「LAVIE Pro Mobile」では、その看板をあえて掲げていない。その背景には何があるのだろうか。(2019/5/15)

第5回国際ドローン展:
50分間のフライトを実現したi-Construction対応の折り畳み式ドローン
石川エナジーリサーチは「第5回国際ドローン展」で、i-Constructionに対応し、長時間飛行が可能な新型ドローン「Build-Flyer(ビルドフライヤー)」を展示した。(2019/4/25)

エイサー、第8世代Core搭載で1kgを切る法人向けのスリム14型ノート「TravelMate X5」
日本エイサーは、薄型軽量筐体を採用した14型ノートPC「TravelMate X5」シリーズ3製品を発表した。(2019/4/23)

シャープの「AQUOS zero」がSIMフリーで登場 4月9日発売、10万円弱
シャープが、「AQUOS zero」のSIMロックフリーモデル「SH-M10」を2019年4月9日に発売する。ドコモ、au、ソフトバンクの回線に対応しており、MVNO各社が取り扱う。価格は10万円弱。(2019/4/3)

ゲーミングPCを強烈プッシュ:
ASUSが「今ゲーミングPCを買うならGeForce RTXを選ぶべし」という理由
ASUS JAPANが2019年3月29日、東京赤坂にある「ASUS Store Akasaka」にてテクニカルセミナーを開催、PCの新モデルを発表した。ここではゲーミングPCや開発中のモンスターPCを見ていこう。(2019/4/2)

胃酸発電で動作、睡眠中に測定:
「飲む体温計」の動物適用実験に成功
東北大学の研究グループは、錠剤サイズの「飲む体温計」を開発し、動物への適用実験に成功した。胃酸発電によるエネルギーで動作するため、体内に飲み込んでも安全だという。(2019/3/15)

白木智幸のITフィットネス:
高級路線のノートPC、アルミが使われるのはなぜ?
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回はノートPCの本体に使われる素材についてお話します。(2019/3/11)

ドローン:
ドローンが300℃の火の中を飛ぶ、チタンとマグネシウム、ジルコニア塗装で
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とドローンメーカーのエンルートは2019年3月6日、東京都内で記者会見を開き、火災現場への進入と火元での近距離空撮が可能な耐火型ドローンを開発したと発表した。2019年10月から受注を開始し、2020年春から納入する。価格は現時点では非公表。目標販売台数は500台。(2019/3/7)

PR:編集長も納得 軽くて力持ちなFMV「LIFEBOOK UH-X/C3」で快適モバイルPCライフ
昨今ニーズが高まっているモバイルノートPC。それに求められているものは何なのだろうか。PC USER編集長の目線から、富士通クライアントコンピューティングのFMV「LIFEBOOK UH-X/C3」をチェックしてみよう。(2019/3/16)

スピネル化合物の薄膜を制御:
U(1)量子スピン液体の状態、より高温で出現
理化学研究所(理研)と金沢大学の共同研究チームは、スピネル化合物「Ir2O4」の電子状態を第一原理計算で理論解析したところ、単極子(モノポール)が粒子のように振る舞う「U(1)量子スピン液体」の状態が、従来に比べて高温で出現することを発見した。(2019/2/18)

PR:働き方改革のために生まれたビジネス2in1 PC「HP EliteBook x360 1030 G3」
12型クラスのボディーに13型ディスプレイを搭載したビジネス2in1 PC「HP EliteBook x360 1030 G3」は、自ら働き方改革に取り組み、早くから働き方改革を強く意識したビジネスPCを展開してきた日本HPならではのノウハウが詰め込まれた製品だ。(2019/1/31)

ギネス認定の“17型モバイルPC”という新提案 「LG gram」2019年モデル
17型液晶ディスプレイを搭載しながら約1340gの軽量スリムボディーを実現したノートPCが登場。(2019/1/30)

「AQUOS zero」レビュー 軽さや有機ELの画質に満足、エンタメ利用に最適だ
シリーズ初の有機ELを搭載したシャープのスマートフォン「AQUOS zero」。6.2型と大画面ながら146gという軽さを実現した。そんなAQUOS zeroの実力と使い勝手を見ていこう。(2019/1/29)

PR:ビジネスを変える即戦力 最新CPUで総合力が高まった「レッツノートSV8」徹底検証
日々の業務を快適にこなせる最新CPUによる性能、レッツノートが長年磨き上げてきたモビリティ、あらゆる場面に対応できる機能。レッツ史上最速レベルの「SV8」は働き方改革の即戦力として活躍してくれるはずだ。(2019/1/25)

“没頭する人”に向けて追求した軽量化 有機ELはシャープ流にアレンジ 開発陣に聞く「AQUOS zero」
シャープの「AQUOS zero」は、同社製のスマートフォンとして初めて有機ELを採用したモデル。なぜこのタイミングで有機ELの採用に踏み切ったのか。キーワードは「軽量化」と「没頭」だ。(2019/1/24)

さらに軽く、大画面に――4K対応の14型モバイル機「VAIO SX14 ALL BLACK EDITION」詳細レビュー
14型液晶ディスプレイを搭載したハイモビリティノートPC「VAIO SX14」が登場した。個人向けの特別仕様モデル「VAIO SX14 ALL BLACK EDITION」をレビューする。(2019/1/18)

こ、これ「シャレード デ・トマソ」じゃねーかぁぁ! ダイハツの「往年の名車」オートサロンで復活
これはいいおじさんほいほい。ミクさん仕様の「ムーブ キャンバス」などもあるよ。(2018/12/27)

ウェアラブルニュース:
手の甲に装着してバーコード読み取り、グローブ型2次元ウェアラブルスキャナー
デンソーウェーブは、グローブ型2次元ウェアラブルスキャナー「Wearable SF1」を発売した。倉庫、工場でのピッキングおよび入荷作業において、手の甲に付けたままバーコードやQRコードを読み取ることができる。(2018/12/27)

デンソーウェーブ Wearable SF1:
安心、安全なピッキング作業を実現するグローブ型2次元ウェアラブルスキャナー
デンソーウェーブは、同社初となるグローブ型2次元ウェアラブルスキャナー「Wearable SF1」の販売を2018年12月17日から開始すると発表した。(2018/12/26)

ソフトバンク、「AQUOS zero」「Android One S5」を12月21日に発売
ソフトバンクは、12月21日に有機ELディスプレイの軽量スマホ「AQUOS zero」と、IGZO液晶ディスプレイを搭載した「Android One S5」を発売。いずれもシャープ製だ。(2018/12/18)

高集積MRAM実現に向けて:
磁力の弱いナノ薄膜磁石を磁気のない金属から作製
東北大学材料科学高等研究所(AIMR)の鈴木和也助教と水上成美教授らの研究グループは2018年12月、磁気のない金属からナノ薄膜磁石(マンガンナノ薄膜磁石)を作ることに成功したと発表した。高集積MRAM(磁気抵抗メモリ)を実現するための材料開発に新たな視点を与える研究成果だとする。(2018/12/14)

STAYER、水と塩だけで充電できる「マグネ充電器」発売 LEDランタン機能付き
STAYERホールディングスは、11月27日にLEDランタン兼充電器「マグネ充電器」を発売。付属の塩とマグネシウム棒に水を加えるだけで、スマートフォンの充電やランタン・懐中電灯として活用できる。マグネシウム棒1本あたり容量2500mAhの端末を約2.5回分充電可能で、IPX6相当の防水や長期保存にも対応する。(2018/11/27)

デル、砂漠や雪山でも動くタフネスノート計3製品を投入
デルは、過酷な環境での使用も想定した高耐久ノートPC計3製品の販売を開始する。(2018/11/27)

PR:その全てがプレミアム――この冬買いたいノートPCは「HUAWEI MateBook X Pro」
性能もデザインも群を抜くプレミアムノートPC「HUAWEI MateBook X Pro」を徹底レビュー。モバイルノートPCはここまで進化した!(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/11/19)

新世代2in1ノート「VAIO A12 ALL BLACK EDITION」徹底レビュー
3枚プレート構造を採用する新世代2in1ノート「VAIO A12」。直販限定の「ALL BLACK EDITION」を入手したので詳しく見ていこう。(2018/11/14)

「Pixel 3」「AQUOS zero」「Galaxy Note9」「Xperia XZ3」どれを買う? 特徴を総ざらい
2018年の秋冬スマートフォンが続々登場している。新機軸ではGoogleの「Pixel 3」、シャープの「AQUOS zero」が注目。従来の人気シリーズからは「Galaxy Note9」と「Xperia XZ3」が登場。今回は、これら4モデルの違いをチェックしていく。(2018/11/9)

PR:ビジネスに求める“リアルモバイルPC”の条件とは――エプソンダイレクト「Endeavor NA513E」徹底レビュー
薄型・軽量ボディー、長時間バッテリー駆動、パフォーマンス、そして信頼性や保守サポート。エプソンダイレクトの「Endeavor NA513E」は、働き方改革でノートPCに求められる条件を満たす13.3型ノートPCだ。(2018/10/30)

矢野渉の「金属魂」Vol.37:
父との絆、ローレットの感触――富士フイルム「FinePix X100」
「X100」は家族のためのデジタルカメラだった。(2018/10/26)

ALIENWARE史上最軽量の15型ノートPC「m15」と第9世代Coreを搭載した「AURORA」が登場
ALIENWAREが年末商戦期向けの新製品として、第9世代Coreを採用したデスクトップPCと15型ゲーミングノートPCを発表。m15はALIANWAREの現行ラインアップで最軽量のモデルだ。(2018/10/23)

Mobile Weekly Top10:
シャープの有機ELスマホ「AQUOS zero」/OPPOのフラグシップスマホが日本上陸へ
シャープの有機ELディスプレイスマホの正体は「AQUOS zero」でした。国内の取り扱いキャリアに注目が集まっていましたが、最終的にソフトバンク「独占」ということになりました。(2018/10/11)

AQUOS R2の新色も:
シャープの有機EL搭載スマホ「AQUOS zero」は、ソフトバンクが国内独占販売
ソフトバンクが「AQUOS zero」を取り扱う。スマートフォンAQUOSで初めて有機ELディスプレイを搭載。素材を工夫することで、6.2型ディスプレイと3000mAh以上のバッテリーを搭載しながら、約146gという軽さを実現。(2018/10/11)

「GPD Pocket 2」開封レビュー! 初代Pocketとの比較も
外も中もデキがいい。(2018/10/11)

デル、薄型軽量デザインの15型ゲーミングノート「ALIENWARE m15」
デルは、薄型軽量デザイン筐体を採用する15型ゲーミングノートPC「ALIENWARE m15」を発表した。(2018/10/9)

シャープはなぜ有機ELスマホを投入するのか? “攻撃的”「AQUOS zero」の狙い
シャープがスマートフォンAQUOSの新製品「AQUOS zero」を2018年冬に投入する。最大の特徴は、シャープのスマートフォンとして初めて有機ELディスプレイを搭載したこと。IGZOディスプレイを搭載した従来機種とは何が違うのか?(2018/10/3)

シャープが有機EL搭載スマホ「AQUOS zero」発表 2018年冬に投入【更新】
シャープが10月3日、有機ELディスプレイを搭載したスマートフォン「AQUOS zero」を発表。2018年冬モデルとして投入する。約6.2型のWQHD+(1440×2992ピクセル)ディスプレイを搭載している。(2018/10/3)

蓄電・発電機器:
“低コスト”蓄電池の実現に期待、カリウムイオン電池の正極材料を新開発
産業技術総合研究所らの研究グループは、カリウムイオン電池用の4V級酸化物正極材料を新たに開発。低コストなカリウムイオン電池の実現を後押しする成果だという。(2018/9/28)

リチウムイオン電池と同じ作動電位:
4V級カリウムイオン電池用酸化物正極材料を開発
産業技術総合研究所(産総研)らによる研究グループは、カリウムイオン電池用の4V級酸化物正極材料を開発した。(2018/9/27)

エラーの起こりにくい素子を実現:
東大ら、量子計算に応用可能な電子状態を作り出す
東京大学らの研究グループは、高い品質の酸化物半導体に強い磁場を加えることで、量子計算への応用が可能な電子状態を作り出すことに成功した。(2018/9/25)

あれ? 「自動運転機能」は……? センサーてんこ盛りの超ハイテク車「アウディ・A8」日本上陸
特に自動運転の実現に近いとされる量産車。【写真43枚】(2018/9/7)

蓄電・発電機器:
全固体電池の実用化を後押し、充放電中のLiイオンの動きを可視化
パナソニックらが、電池内部のリチウムイオンの動きを充放電中に可視化する技術を開発。次世代電池として期待される、全固体リチウムイオン電池の課題の一部を特定でき、実用化を後押しするとしている。(2018/9/6)

蓄電・発電機器:
全固体電池の世界市場、2035年に2兆7877円規模に
調査会社の富士経済は、今後の次世代電池の世界市場に関する調査結果を発表。電気自動車(EV)向けで注目される全固体型リチウム二次電池は、2035年に2兆7877億円の市場規模と予測した。(2018/9/4)

IFA 2018:
これがソニーの高級ポータブル、IFAでオーディオ新製品続々
ソニーは、ベルリンで開催しているエレクトロニクスショー「IFA 2018」に大規模なブースを構え、信号処理能力を従来機の4倍に引き上げたというワイヤレスヘッドフォンやウォークマンの技術を応用した高級オーディオプレーヤーなど、さまざまな新製品を披露した。(2018/9/3)

次世代電池市場を富士経済が調査:
全固体電池市場、2035年に2兆7877億円規模へ
富士経済の調査によると、電気自動車(EV)向けとして注目される全固体型リチウム二次電池(全固体電池)市場は、2035年に2兆7877億円規模へ達する見通しだ。(2018/8/28)

研究開発の最前線:
パナソニックがトイレに採用したオゾン水、汚れを抑えるメカニズムとは
パナソニック アプライアンス社は、同社が開発したオゾン水生成技術について説明。2018年4月に発表した全自動トイレ「アラウーノ」の最新モデルに採用しており、今後も水回りを中心に適用製品を広げていく考えだ。(2018/8/3)

和楽器の素材と技法使った「桐ヘッドフォン」 オンキヨー&パイオニアがクラウドファンディングで先行販売
高級和楽器に使われる会津桐を使用し、筝(そう)のように内部に「綾杉彫り」を施したハウジングを使った「桐ヘッドフォン」をオンキョー&パイオニアがクラウドファンディングで販売する。(2018/7/31)

超小型モバイルPC「GPD Pocket2」のクラウドファンディング開始 Core m3搭載など大幅スペックアップ
中国GPDの超小型モバイルノートPC(UMPC)の新モデルのクラウドファンディングが始まった。出荷は10月を予定している。(2018/7/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。