ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マグネシウム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マグネシウム」に関する情報が集まったページです。

デザインが光るハイエンドゲーミングマウス Mad Catzの「R.A.T. PRO X3 Supreme Edition」を試す
香港Mad Catz(マッドキャッツ)のハイエンドゲーミングマウス「R.A.T. PRO X3 Supreme Edition」は、実売価格は税込みで3万円だ。「ねずみ年記念モデル」の実力はいかほどのものか、実際に使って検証してみよう。(2021/2/5)

富士フイルム、1億画素ミラーレスカメラの第2弾 「プロのみならず写真愛好家にも」 価格は約70万円に
富士フイルムは、約1億200万画素の大型センサーを搭載したミラーレスカメラ「GFX100S」を2月下旬に発売する。(2021/1/28)

Innovative Tech:
「禰豆子の口かせ」でバーチャルな味覚を楽しむ 動画に映る食品の味を再現し味わえる装置、明大教授が開発
味覚ディスプレイのうちの1つが、鬼滅の刃インスパイア。(2021/1/27)

Zn-Mn系欠陥スピネル型酸化物を利用:
東北大学、Mg蓄電池用正極材料の開発指針を示す
東北大学は、名古屋工業大学や東京都立大学の研究グループと共同で、マグネシウム(Mg)蓄電池のサイクル特性を向上させる、新たな正極材料の開発指針を見つけ出すことに成功した。(2021/1/21)

蓄電・発電機器:
安価で高用量なマグネシウム蓄電池を実現へ、課題の正極材料の開発に道筋
東北大学と名古屋工業大学らの研究グループは2020年1月19日、高性能なマグネシウム蓄電池を実現する新たな正極材料の開発指針を見出すことに成功したと発表した。長年の課題とされていたマグネシウム蓄電池の正極材料の高性能化に大きく貢献する成果だという。(2021/1/20)

CES 2021:
HPがモバイルノートPC「Elite Dragonfly」の新モデルを発表 最軽量構成は1kg切り 米国では1月に発売
HPの13.3型モバイルノートPC「Elte Dragonfly」の第2世代を発表。よりパワフルな第11世代Coreプロセッサ(Tiger Lake)を搭載しつつも、最軽量構成で989g以下(予定)の重量を実現した。Webカメラなどを強化した上位モデルも投入される。(2021/1/11)

富士経済が世界市場を調査:
全固体電池、2035年には2兆1014億円規模へ
富士経済は、全固体電池の市場調査を行った。市場規模は2020年見込みの34億円に対し、2035年は2兆1014億円と予測した。次世代車(xEV)やエネルギー貯蔵システム(ESS)向けの需要が拡大する。(2020/12/25)

早くも「OneMix 4」の情報が飛び出したTiger Lake搭載の超小型PC「OneGx1 Pro」発表会
超小型のゲーミングPCで話題を集めた「OneGx1」に、ついにTiger Lake搭載の上位モデル「OneGX1 Pro」が加わった。1月31日の発売に先駆けて開かれた、製品発表会の模様をお届けする。(2020/12/16)

エプソンダイレクト、重量910gで15.5時間駆動を実現したスリム14型ノートPC
エプソンダイレクトは、長時間駆動を実現した薄型軽量設計の14型ノートPC「Endeavor NA710E」を発売する。(2020/12/15)

PR:新しいPCで仕事も遊びもパワーアップ! ボーナスで快適なライフスタイルを手に入れよう!
ライフスタイルに大きな変化があった2020年だが、これほどPCに注目が集まることも近年なかっただろう。オンライン生活やデジタル化の要となるPCをパワーアップすることで、快適な毎日を過ごすことが可能になる。その助けとなる、お勧めモデルを選んだ。(2020/12/8)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(49):
セラミックキャパシター(5) ―― 高誘電率系キャパシターの温度特性
高誘電率系のキャパシターの温度特性について説明します。この種のキャパシターの温度特性は数式で変化の様子を表すことができません。したがって図表や文章での説明が主体になります。(2020/11/27)

Japan Drone2020:
50キロの荷物を積んでもドローンを1時間飛ばせるエンジン
エアロディベロップジャパンは、1キロあたり1キロワットの出力を備えたハイブリッドエンジン「ハルバッハエンジン」を開発した。ハルバッハエンジンを1基搭載したドローンは50キロの荷物を積載しても1時間以上飛行できる。(2020/11/5)

中堅技術者に贈る電子部品“徹底”活用講座(48):
セラミックキャパシター(4) ―― 温度特性
セラミックキャパシターの温度特性について説明をしていきます。なお、今回、取り上げる温度特性はIEC規格クラス1やその日本版であるJIS規格のクラス1です。(2020/10/29)

国内では貴重なCore i7搭載のハイエンドChromebook「ASUS Chromebook Flip C436FA」を転がしてみた
ASUS JAPANとして初めて国内にChromebookを投入してから6年を経て、コンシューマー向けにハイエンドモデルを投入する。ASUSのChromebook初となる要素が満載の「ASUS Chromebook Flip C436FA」をチェックした。(2020/10/26)

金属や無機、有機など材料を選ばず:
ヒントは「柿渋」、汎用性の高い接着材料を開発
物質・材料研究機構(NIMS)と日油は、「柿渋」をヒントにして汎用性の高い接着材料を開発した。インフラ補修や半導体産業、自動車産業など幅広い用途で接着機能を利用できる。(2020/10/22)

蓄電・発電機器:
安価・大容量な金属電池の実現に貢献、容量20%向上のマグネシウム合金を開発
物質・材料研究機構(NIMS)が従来の材料よりも電気化学的活性に優れるマグネシウム合金材を開発し、マグネシウム金属電池の容量を約20%向上させることに成功。低コストかつ大容量なマグネシウム金属電池のさらなる性能への貢献が期待できるという。(2020/10/9)

ソニー、コンパクトなフルサイズミラーレス「α7C」発表 光学式ボディ内手ブレ補正付きで「世界最小・最軽量」
フルサイズセンサーと光学式ボディ内手ブレ補正機構を持つデジタル一眼カメラとして「世界最小・最軽量」をうたう「α7C」をソニーが発表。ボディは実売21万円前後で10月23日に発売。(2020/9/15)

Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020:
ホンダが挑む高効率材料開発、マテリアルズインフォマティクスの活用に向けて
アンシス・ジャパン主催のオンラインイベント「Ansys INNOVATION CONFERENCE 2020」のAutomotive Dayにおいて、ホンダは「マテリアルズインフォマティクスを活用した高効率開発のための材料データベース」をテーマに講演を行い、同社の材料データベース導入、マテリアルズインフォマティクスの取り組み事例を紹介した。(2020/9/14)

マウス、18.5時間駆動が可能なCore i7搭載クリエイター向け15.6型ノート
マウスコンピューターは、クリエイター向けブランド「DAIV」からCore i7搭載の15.6型ノートPC 「DAIV 5P」シリーズを発売した。(2020/9/3)

第11世代Core搭載モデルが続々:
ASUSがTiger Lake搭載ノートPCを相次いで投入
ASUSが9月3日、発表会を開催しIntelの第11世代Core搭載モデルの投入を明らかにした。発売時期や価格は現時点で不明だ。(2020/9/3)

車載情報機器:
パナソニックがカーナビに有機ELパネル採用、市販向けでは「業界初」
パナソニックは2020年9月2日、市販向けカーナビゲーションシステム「ストラーダ」の新製品を発表した。大画面タイプでは有機ELパネルを採用しており、「国内の市販向けAV一体型カーナビとしては初採用」(パナソニック)だとしている。(2020/9/3)

G-Tune、第10世代Core i7+RTX 2060を搭載した144Hz駆動ディスプレイ内蔵15.6型ゲーミングノート
マウスコンピューターは、第10世代Coreプロセッサを採用した15.6型ゲーミングノートPC「G-Tune E5-144」を発売する。(2020/7/8)

さすがにレアすぎ!? 50年前の名車オブ名車「トヨタ 2000GT」の純正部品が復刻再生産
何台残ってるんでしょうか……。でも取り組み自体が熱いです。(2020/7/8)

PR:テレワークにローテ勤務──変化に対応するためのPCはエプソンダイレクトにお任せ!
緊急事態宣言の全国的解除を受け、厚生労働省から「新しい生活様式」「働き方の新しいスタイル」が提唱された。これを受けて、企業はどのような対応をしていけばいいのだろうか。いざというときにも頼りになる、エプソンダイレクトのサービスをチェックしよう。(2020/6/15)

PR:“レッズ愛”を全力で主張! マウスコンピューター「浦和レッズオフィシャルパソコン」の魅力に迫る
マウスコンピューターは、J1リーグの浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)のオフィシャルPCサプライヤーである。そのパートナーシップを深めるべく企画、開発されたのが「浦和レッズオフィシャルパソコン」だ。この記事では、その14型モデルの魅力をチェックしていく。(2020/6/12)

電子の姿、AIで予測 数時間かかっていた計算を数秒で 東大と産総研
これまで何時間もかかっていた電子の状態の計算を、AIを使って数秒で計算する──東京大学と産業技術総合研究所はこんな研究成果を発表した。(2020/6/4)

数秒〜数分間でスペクトルを計算:
AIで励起状態の電子構造を高速かつ高精度に予測
東京大学生産技術研究所と産業技術総合研究所らの研究グループは、人工知能(AI)技術を利用して、電子が励起していない「基底状態」の情報から、「励起状態」の電子構造を、高速かつ高精度に予測する新たな手法を開発した。(2020/6/4)

3次元積層技術でウエハーを接合:
シリコン基板上に単結晶巨大磁気抵抗素子を作製
物質・材料研究機構(NIMS)と産業技術総合研究所(産総研)の共同研究チームは、ウエハー接合技術を用い、磁気抵抗特性に優れた単結晶ホイスラー合金巨大磁気抵抗素子を、シリコン基板上へ作製することに成功した。(2020/6/2)

メカ設計用語辞典:
ダイカスト
メカ設計者のための用語辞典。今回は「ダイカスト」について解説する。(2020/5/29)

14型で約870gのビジネスPC:
ASUS本気の新世代軽量モバイルPC「ASUS ExpertBook B9450」の実力を検証!
ASUSTeKからビジネスユーザー向けの「ASUS ExpertBook B9450」が登場した。14型と大きめの画面と最軽量時870gという超軽量ボディーを両立している点が特徴だ。その実力を早速検証しよう。(2020/5/18)

ASUS、1kg切りで30時間駆動の軽量ノートPC「ExpertBook B9450」と税込み18万円台の2画面ノートPC「ZenBook Duo」を発表
ASUS JAPANは、重量1kgを切る14型のビジネスノートPC「ASUS ExpertBook B9450AF」シリーズと、2画面ノートPC「ZenBook Duo」を発表、順次販売を開始する。(2020/5/7)

クラスターの擬回転を利用:
東北大学、室温超イオン伝導の発現機構を発見
東北大学は、多数の水素が結合した高水素配位錯イオン(クラスター)に生じる擬回転を利用した「室温超イオン伝導の新たな発現機構」を発見した。水素化物を固体電解質に用いた全固体二次電池の開発に弾みをつける。(2020/4/28)

「AQUOS zero2」レビュー 軽さからゲーミング性能、カメラまでを検証
シャープの「AQUOS zero2」は、高いスペックを持ちながら、141gという軽さを実現したモデルだ。ドコモ、au、ソフトバンクの3社に加えて、3月13日からはDSDVに対応したSIMロックフリー版も発売された。持ち心地やスペック、カメラ、パフォーマンスなどをチェックした。(2020/3/30)

材料技術:
日本製鉄の意匠性チタンが富士フイルムのミラーレスデジカメ「X-Pro3」に採用
日本製鉄は、富士フイルムのミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-Pro3」のボディー外装に、同社の意匠性チタン「TranTixxii(トランティクシー)」が初めて採用されたことを発表した。(2020/3/16)

最高速420km/h超のブガッティ・シロンがまた別の怪物に 「シロン ピュアスポーツ」が恐ろしくも美しい……
ぷぉぉ、軽く3億5000万円超え。W16エンジンで1500馬力ですが1台いかが?【写真39枚】(2020/3/11)

MacBook Airより軽く、デザインに配慮
「HP Elite Dragonfly」の注目機能 “のぞき見防止”とデバイス捜索とは?
デザイン性に配慮したHPの2-in-1デバイス「HP Elite Dragonfly」の新モデルは、外出先で安心して使うための機能を盛り込んでいる。技術見本市「CES 2020」の展示内容を基に説明する。(2020/2/29)

「AQUOS zero2」のSIMフリーモデル、10万円強で3月13日に発売 DSDV対応
シャープは2月28日、「AQUOS zero2」のSIMロックフリーモデル「SH-M13」を発表した。想定価格は10万円強(税別)で、3月13日から順次発売する。約6.4型の有機ELディスプレイを搭載しながら約141gの軽量ボディーを実現している。DSDVもサポートする。(2020/2/28)

TSUKUMO、1kgを切る軽量設計のCore i5搭載14型ノート
Project Whiteは、第10世代Core i5プロセッサを搭載した薄型軽量の14型ノートPC「N1430J-500/T」を発売する。(2020/2/21)

第2回【名古屋】HR EXPO:
働き方改革関連法施行に伴う勤怠管理システム、多数展示 AI残業予想、動くスマート家具も
この4月から働き方改革関連法が中小企業にも適用される。差し迫った課題に対応するためのシステムが多数展示されている。(2020/2/14)

「141g」の軽さを実現できた秘密とは? “細マッチョ”なスマホ「AQUOS zero2」開発ストーリー
シャープのスマートフォン「AQUOS zero2」は、6.4型ディスプレイや3000mAh超のバッテリーを搭載しながら、141gという軽さを実現した。有機ELディスプレイも改良し、“勝てるスマホ”としてタッチレスポンスも向上させた。さらなる軽量化と見やすいディスプレイ、ハイパフォーマンスを実現できた理由を開発陣に聞いた。(2020/2/14)

星空をオートフォーカスで、オリンパスがミラーレス一眼「E-M1 Mark III」発表
オリンパスがプロフェッショナル向けのミラーレス一眼カメラ「OM-D E-M1 Mark III」を2月28日に発売する。天体のオートフォーカス撮影を可能にする新機能も搭載。(2020/2/12)

医療機器ニュース:
大気に触れるだけで硫化水素や一酸化窒素を放出する固体材料を開発
物質・材料研究機構は、大気に触れると、硫化水素や一酸化窒素などのガスを求める濃度レベルで徐々に放出する固体材料を開発した。濃度制御や保存が困難だった、生理活性ガスの医療への応用拡大が期待される。(2020/2/12)

PR:大画面なのにスリムで軽量! 新時代のスタンダードPC「mouse X5」シリーズ詳細レビュー
マウスコンピューターから、15.6型と大画面を採用しつつ、スリムで軽量、さらに約15.4時間もの長時間駆動が行えるノートPC「mouse X5」シリーズが登場した。新時代のスタンダードPCといえる本気の魅力に迫る。(2020/1/28)

PR:横河レンタ・リースのテレワーク導入仕掛け人が日本HPのデバイスを利用する理由
働き方改革が声高に叫ばれる昨今、企業課題に応える幅広いソリューションで多数の実績を持つ横河レンタ・リースのマーケティング担当者に話を聞いた。(2020/1/28)

ソフトバンク、「AQUOS zero2」を1月31日発売
ソフトバンクは、1月31日にシャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」を発売する。6.4型の有機ELディスプレイを搭載し、前モデルと比べて4倍の高速表示に対応。画面内に指紋認証センサーも備え、高強度なマグネシウム合金フレームを採用したことで軽量ボディーを実現した。(2020/1/24)

ドコモの「AQUOS zero2 SH-01M」、1月30日発売 価格は8万7912円(税込み)
NTTドコモが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS zero2 SH-01M」を、2020年1月30日に発売する。新開発の6.4型有機ELでは、毎秒240回(240Hz)の高速表示が可能。価格(税込み)は8万7912円。(2020/1/21)

今日のリサーチ:
購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している栄養素について分析ています。(2020/1/17)

圧倒的不審者の工房:
海水をろ過しまくって包丁を作る → にがりの主成分がセメントになって、フライパンより固い包丁が完成
ああ海水から包丁作れそう……っていつ思いつくんだ。(2020/1/25)

福田昭のデバイス通信(222) 2019年度版実装技術ロードマップ(32):
電源回路の進化を支えるインダクタ
今回は、第4章「電子部品」からインダクタについて説明する。インダクタの構造の他、電源用インダクタの用途と特性を紹介する。(2020/1/10)

ストラップを引くと保護者へ位置情報を送信する「キッズフォン2」、ソフトバンクが発売
ソフトバンクは、見守り機能を搭載した子ども向け携帯電話「キッズフォン2」(セイコーソリューションズ製)を1月17日に発売する。価格は1万8000円(税込)。(2020/1/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。