ニュース
» 2015年07月28日 17時16分 UPDATE

90グラムの手のひらサイズモデルも:風呂やプールで使える フィリップス、IPX6準拠の防水対応Bluetoothスピーカー

フィリップスのポータブルBluetoothスピーカー2機種が登場。IPX6の防水性能を備える「BT2200」と手のひらサイズでコンパクトな「BT50」を8月上旬に発売する。

[ITmedia]

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは7月28日、フィリップスのポータブルBluetoothスピーカー2モデルを発表した。ラインアップはIPX6の防水性能を備える「BT2200」と、手のひらサイズでコンパクトな「BT50」の2モデル。価格はオープンで、実売想定価格はBT2200が6980円前後、BT50が3980円前後(いずれも税別)。両モデルとも8月上旬に発売する。

風呂やプールで使えるIPX6の防水に対応する「BT2200」

 BT2200はIPX6準拠の防水性能をサポートし、アウトドアのほか、浮輪などの上に置いてお風呂やプールに浮かべて使うこともできる。水没は不可。マイクを搭載し、スマートフォンとのペアリングでハンズフリー通話も可能。Bluetoothのバージョンは4.0で、有効範囲は10メートル。

photo 「BT2200」のレッド

 40ミリのフルレンジドライバーを搭載する。再生周波数特性は40〜2万Hz、インピーダンスは4オーム、定格出力は2.8ワット。

 容量500mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、約5時間の連続再生が可能だ。本体サイズは107.3(幅)×58(奥行き)×69.1(高さ)ミリ、重量は200グラム。カラーはレッド、アクア、ブラックの3色を用意した。

photo アクアとブラック

100グラムで軽量・コンパクトな「BT50」

photo 「BT50」のアクア

 BT50は100グラムと軽量で、本体サイズも61(幅)×61(奥行き)×76(高さ)ミリとコンパクトな手のひらサイズで持ち運びやすい。Bluetoothのバージョンは2.1で、有効範囲は10メートル。

 40ミリのフルレンジドライバーを搭載する。再生周波数特性は100〜1万6000Hz、インピーダンスは4オーム、定格出力は2ワット。

 容量365mAhのリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、約6時間の連続再生が可能だ。カラーはアクア、グレー、ライム、ホワイト、ブラックの5色を用意する。


photo グレー、ライム、ホワイト、ブラックをラインアップする

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.